ナミビア共和国グルメ・料理ガイド

ナミビア共和国グルメガイド

ナミビア共和国のグルメ・伝統料理

かつてドイツの植民地であった歴史から、ナミビアでの食事はドイツ料理のメニューが多い。店によってはタルタルステーキ(ミンチした牛の生挽肉に塩や香辛料で味付けをして生卵を載せたユッケのようなドイツの伝統料理)も食べられる。そのほか、ドイツ風のパンやソーセージ、ジャガイモ料理などもあるのが特徴。グルメであればぜひ味わってほしいのが、ナミブ砂漠の玄関口となるスワコップムントの牡蠣。サイズは小さめだが、身がしまっていて美味しい。(2015年編集部調べ)


ナミビア共和国の食事のマナー

食事の際に特筆すべきマナーや習慣は特になく、カフェやファストフード店など気軽に入れる店も多い。ただしアフリカだからといって、値段は決して安くはなく、店によっては日本よりも高くつくので注意。衛生面において、かなりしっかりした国だが、タルタルステーキや牡蠣を生で食べるときには食あたりには気をつけたほうがいいかもしれない。キャンプではバーベキューなどワイルドな食事となる。ビルトン(干し肉)もよく食べられているが、お土産として日本に持ち込むことはできない。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ナミビア共和国グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるナミビア共和国の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ナミビア共和国のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!