世界遺産「アイールとテネレの自然保護区(アイール)」の詳細情報

ニジェールの世界遺産・名所ガイド

Air and Tenere Natural Reserves

アイールとテネレの自然保護区

名称:アイールとテネレの自然保護区(ニジェール
英語名称:Air and Tenere Natural Reserves
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1991年

テネレ砂漠とアイール山地の地位部からなる自然保護区

ニジェール中部のアイール山地とテネレ砂漠にまたがる7万7000平方キロメートルの自然保護区には、さまざまな動植物が生息している。厳しい乾燥地帯であることに加え、1年を通じ気候の変動も大きい。それが生物の多様性をもたらしている。植物類は350種以上。動物は40種を超える哺乳類、165種の鳥類、18種のは虫類が確認されている。アヌビスヒヒやバタスモンキーなど地域特有の亜種、アダックス、ダマガゼルなど砂漠の希少種も生息している。山中の岩盤には、紀元前5500〜前2000年に描かれたと見られる岩絵も残っている。また居住跡や土器など、新石器時代の文明跡も発見された。しかし保護区内に住む遊牧民族の内戦により1992年、危機遺産リストに登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ニジェールの世界遺産「アイールとテネレの自然保護区」についてご紹介します。アイールとテネレの自然保護区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。