世界遺産「W国立公園(W国立公園)」の詳細情報

ニジェールの世界遺産・名所ガイド

W National Park of Niger

W国立公園

名称:W国立公園(ニジェール
英語名称:W National Park of Niger
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1996年

「W」字形に広がるアフリカでもっとも暑い自然保護区

サバンナ草原地帯と森林地帯の境界に位置する「W国立公園」は、ニジェール、ブルキナファソ、ベナンの3国にまたがる広大な自然保護区だ。この地域を流れるニジェール川が、Wの形に湾曲していることからW国立公園と名付けられた。そのうちニジェール国内の2200平方キロメートルが世界遺産に登録されている。乾燥したサバンナ、灌木地帯、湿潤な熱帯雨林と多彩な環境のなかで、バオバブなど454種の植物が生育。哺乳類はセーブルアンテロープはじめ70種、鳥類も350種以上が確認されている。シロアリが築いた高さ6mにも達するアリ塚も見られる。また湿地帯は、水鳥などの生息地として湿地の生態系を保護する国際条約「ラムサール条約」にも登録されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ニジェールの世界遺産「W国立公園」についてご紹介します。W国立公園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。