世界遺産「スクルの文化的景観(スクルの景観)」の詳細情報

ナイジェリアの世界遺産・名所ガイド

Sukur Cultural Landscape

スクルの文化的景観

名称:スクルの文化的景観(ナイジェリア
英語名称:Sukur Cultural Landscape
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1999年

製鉄業と農業で栄えた集落

ナイジェリア北東部に位置するアダマワ高原のスクルには、17世紀から20世紀にかけ製鉄業と農業により栄えた集落がある。約7.6平方キロメートルのこの集落では、17世紀ごろから製鉄が盛んになったといわれる。また農業も地形を生かした独自のもので、丘の斜面には石壁で区画された棚田が広がっている。スクルではヒデと呼ばれる首長の先導により独自の文化が形成され、集落を見下ろす丘の上には花崗岩でできたヒデの宮殿跡がある。集落には製鉄所や穀物倉庫、祭祀のための施設の跡が残っている。その景観は、伝統的な土地利用の形態、共同体の生活ぶりをいきいきと連想させる。村人の多くはすでに丘を下りて暮らしているが、製鉄所は1960年まで稼働していた。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ナイジェリアの世界遺産「スクルの文化的景観」についてご紹介します。スクルの文化的景観の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。