世界遺産「アフラージュ-オマーンの灌漑システム(アフラジ灌漑施設)」の詳細情報

オマーンの世界遺産・名所ガイド

Aflaj Irrigation Systems of Oman

アフラージュ-オマーンの灌漑システム

名称:アフラージュ-オマーンの灌漑システム(オマーン
英語名称:Aflaj Irrigation Systems of Oman
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2006年

紀元500年まで遡る、現役の灌漑施設

「アフラージュ」とは、井戸の底を横穴でつなぐ灌漑システムを指す古典アラビア語「ファラジ」の複数形である。アラビア半島東端のオマーンは国土の8割が砂漠で、今も約 3,000ヵ所のファラジが稼働している。起源については、紀元前との説も紀元後とする説もある。わずかな高低差を利用して水を供給する高度な土木技術を利用したシステムで、同時に厳格な規則のもとで水を分かち合う仕組みもつくられていた。水が人々に公平に行き渡るよう、各水路に水を流す時間は、日時計でコントロールされていたとされる。世界遺産に登録されているのは、最も古い5カ所のファラジだ。観測施設や日時計、水の競売所、住居跡なども、登録されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


オマーンの世界遺産「アフラージュ-オマーンの灌漑システム」についてご紹介します。アフラージュ-オマーンの灌漑システムの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。