世界遺産「ニョコロ・コバ国立公園(ニョゴロコバ)」の詳細情報

セネガルの世界遺産・名所ガイド

Niokolo-Koba National Park

ニョコロ・コバ国立公園

名称:ニョコロ・コバ国立公園(セネガル
英語名称:Niokolo-Koba National Park
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1981年

人の立ち入りが禁止された公園

セネガル南西部にある「ニョコロ・コバ国立公園」は、ニョコロ・コバ川とクルントゥ川にはさまれた広大な自然公園だ。総面積9130平方キロメートルという西アフリカ最大の規模を誇る。乾燥地帯スーダン・サバンナから湿地帯ギニア森林への移行地帯にあって、2つの植生区分を持っている。そのため生息する動植物も多彩だ。動物は、絶滅の危機にあるウシ科のジャイアントイランドをはじめとする哺乳類80種、鳥類330種、爬虫類36種、両生類20種、魚類60種などが確認されている。また植物は1500種にもおよんでいる。1970年代に狩猟と農業が禁止されたが、アフリカゾウやキリンなどの密猟が後を絶たず、その数が激減。そのため2007年、危機遺産リストに登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


セネガルの世界遺産「ニョコロ・コバ国立公園」についてご紹介します。ニョコロ・コバ国立公園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。