世界遺産「ジュジ国立鳥類保護区(ジュジ国立鳥類保護区)」の詳細情報

セネガルの世界遺産・名所ガイド

Djoudj National Bird Sanctuary

ジュジ国立鳥類保護区

名称:ジュジ国立鳥類保護区(セネガル
英語名称:Djoudj National Bird Sanctuary
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1981年

モモイロペリカンなど約300種の鳥類の保護区

セネガル川の河口付近に広がる「ジュジ国立鳥類保護区」は、地中海とサハラ砂漠から300万羽もの渡り鳥が越冬のために飛来する場所だ。水鳥などの生息地として湿地の生態系を保護する国際条約「ラムサール条約」にも登録されている。河口のデルタ地帯では、5000羽ほどが生息するモモイロペリカンをはじめフラミンゴ、ガン、カモ、サギなど約300種の鳥類が確認されている。飛来する多くの鳥たちが巣をつくり、休息や繁殖の場所としている。また絶滅の危機に瀕しているアフリカマナティほか、哺乳類、爬虫類なども生息している。環境の悪化で、2000年、危機遺産に登録されたが、その後改善が見られ2006年に解除された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


セネガルの世界遺産「ジュジ国立鳥類保護区」についてご紹介します。ジュジ国立鳥類保護区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。