世界遺産「スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドラーイ及び周辺地域の人類化石遺跡(スタークフォンテン)」の詳細情報

南アフリカ共和国の世界遺産・名所ガイド

Fossil Hominid Sites of Sterkfontein,Kromdraai,and Environs Swartkrans

スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドラーイ及び周辺地域の人類化石遺跡

名称:スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドラーイ及び周辺地域の人類化石遺跡(南アフリカ共和国
英語名称:Fossil Hominid Sites of Sterkfontein,Kromdraai,and Environs Swartkrans
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1999・2005年

アウストラロピテクス・アフリカヌスの頭蓋骨出土地

ヨハネスブルクから北西へ35km。スタークフォンテン渓谷周辺は、初期人類の痕跡を多く残す南アフリカの世界遺産だ。中でも、スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドラーイから発見されたアウストラロピテクス・アフリカヌスの頭蓋骨、あごの骨の化石は歴史的に重要な意味を持つ。人類起源説をアフリカで決着させたのだ。化石はどれも約400万〜100万年前に生きた人類の祖先ということになるのだが、あまりに壮大なストーリー過ぎて実感がわきづらい。遺跡は現在も発掘中で、一部の発見現場では見学も可能。南アフリカの首都プレトリアにあり、化石が保管されているトランスバール博物館とセットで訪れ、目で、肌で確かめてみよう。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


南アフリカ共和国の世界遺産「スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドラーイ及び周辺地域の人類化石遺跡」についてご紹介します。スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドラーイ及び周辺地域の人類化石遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。