page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

タンザニアの世界遺産・名所ガイド

Ngorongoro Conservation Area

ンゴロンゴロ自然保護区

名称:ンゴロンゴロ自然保護区(タンザニア
英語名称:Ngorongoro Conservation Area
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:複合遺産
登録年:1979,2010範囲拡大年

マサイ族と動物が共存する自然保護区

標高約1800mに広がる250 km2の大草原。タンザニア北部のンゴロンゴロ自然保護区は、周囲を高さ約2300mの外輪山に囲まれている。2億年以上前の火山活動で形成されたクレーターの中にある保護区には、希少種のクロサイや約7000頭のヌーなど多種多様な動物が生息。気候は温暖で霧や降雨は毎度のこと。沼地やアカシアの森、サバンナなどの豊かな自然環境が「アフリカ自然保護区の至宝」といわれる世界遺産を誕生させた。1951年、隣接するセレンゲティ平原と併せて国立公園に指定されたが、放牧権を奪われたマサイ族が反発。現在の自然保護区となって以降、彼らは密猟者の監視を行いながら放牧生活を営み、動物との共存共栄を図っている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ自然保護区」についてご紹介します。ンゴロンゴロ自然保護区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。