世界遺産「コンドアの岩絵遺跡群(コンドア)」の詳細情報

タンザニアの世界遺産・名所ガイド

Kondoa Rock-Art Sites

コンドアの岩絵遺跡群

名称:コンドアの岩絵遺跡群(タンザニア
英語名称:Kondoa Rock-Art Sites
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2006年

張り出した断層の下に2千年にわたって描かれた岩絵

タンザニア中部、ドドマ州コンドア地区にある岩絵遺跡群は、少なくとも2000年にわたって描かれ続けてきた岩絵芸術の遺跡だ。その範囲は2336平方キロメートルにおよび、150以上の岩窟住居などに描かれている。岩絵は赤い絵と白黒の絵に大別できる。初期に描かれた赤い絵は動物、弓矢、狩人など狩猟に関するものが多い。後期の白黒絵は家畜が中心で、1500年ほど前にやってきた農耕牧畜民により指で描かれたものとされる。残されている岩絵は芸術性が高いだけでなく、その描写から、狩猟文化から牧畜文化への移行など、人々の生活の歴史や文化を知ることができる。また岩絵のある場所は、ここで暮らす人々によって現在もさまざまな宗教儀礼などに使われている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


タンザニアの世界遺産「コンドアの岩絵遺跡群」についてご紹介します。コンドアの岩絵遺跡群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。