コーヒーの起源はエチオピア

今や世界中で飲まれているコーヒー。お茶と並んで、何だか大昔からふつうに飲まれているような気がしますが、飲料としての歴史は実はお茶よりも浅いのです。伝承では、9世紀にエチオピアでヤギ飼いの少年カルディが、ヤギがある木の実を食べて興奮しているのを発見。それを修道士に報告したところ、山腹に生えている木の赤い実を食べたことが原因とわかりました。気になった修道士がその実を食べてみると、体がポカポカしてきて、自分も興奮状態に。修道院のお勤めの際、眠くならないようにと、「薬」として使用し始めたというのが起源とされています。これはヨーロッパにコーヒーが伝わった時に広まった伝承です。しかし実際には、すでに6世紀には、対岸のアラビア半島のイエメンで飲料として飲まれていたようです。

コーヒーの歴史・その1 コーヒーはアラビア半島でメジャーになった! コーヒーの歴史・その1 コーヒーはアラビア半島でメジャーになった!

アラビア半島に渡ったコーヒーが大ブームに!

さてさて、“覚醒効果”があるコーヒーの実ですが、エチオピアでは門外不出の“秘薬”として珍重され、それは高価なものでした。イエメンに伝わったコーヒーはアラブ圏でも飲まれていましたが、数世紀はまだ栽培はされていませんでした。その背景には、それまでコーヒーはイスラム法で合法な飲み物かどうか決まっておらず、“秘薬”として細々と飲まれていたということがあります。15世紀になり「これは合法の飲み物である」という見解が、イスラム法学者からなされました。その結果、コーヒーはアラブ人の間で広まり、さらにイスラム教の聖地メッカで大ブームになります。やがて現在のイエメンでコーヒーが栽培し始められ、その積出港のモカは、コーヒーのひとつの代名詞にもなります。

オスマン帝国の版図でコーヒー愛飲者が増大!

今も昔も、メッカは世界中のイスラム教徒が集まるところ。参拝や巡礼が旅行の目的だった当時としては、“世界一の観光都市”でしょう。そこで大ブームの飲み物を飲んですっかり病み付きになったら、故国へ帰っても「飲みたい」と思うのは当然ですよね。海外旅行者なら、その気持ちがわからなくもありません。そうしてイスラム圏を中心に、コーヒーを飲む文化が広まって行きました。16世紀、イスラムの聖地メッカやコーヒーの産地イエメンは、イスタンブールを都とする当時世界一の大国のオスマン帝国の版図に入りました。そしてコーヒーを飲む習慣が帝国中に広がります。ここでコーヒーの名前は、アラビア語の「カフア」からトルコ語の「カフヴェ」に変わりました。オスマン帝国の最大領域は、モロッコに至る北アフリカ全域、そしてハンガリーに至るバルカン半島全域です。その領土内に「トルココーヒー」を飲む文化が浸透して行ったのです。現在、トルコで飲める「トルココーヒー(同じものをギリシャではギリシャコーヒーと言いますが…)」は、「煮出して飲む」というコーヒーの初期の飲み方を踏襲したもの。トルコに行ったら、そんな“コーヒーの歴史”を是非味わって下さい。