世界遺産「ザビードの歴史地区(ザビド)」の詳細情報

イエメンの世界遺産・名所ガイド

Historic Town of Zabid

ザビードの歴史地区

名称:ザビードの歴史地区(イエメン
英語名称:Historic Town of Zabid
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1993年

イスラム世界屈指の学問都市

イエメン西部にあるザビードは、9世紀初頭、アッバース朝の総督ムハンマド・イブン・ズィヤードが建設した学問都市だ。のちに首都となり、アル・アシャエル・モスクのマドラサ(イスラムの高等教育施設)もできた。このマドラサは、アラビア半島で初の大学、アル・アシャエル大学の前身でもある。13〜15世紀の最盛期には200以上のマドラサやモスクが建ち並び、学生たちが学問を修めたという。またレンガの外壁表面の漆喰(しっくい)に浮き彫りを施した「ザビード様式」の建物が、美しい街並をつくっていた。しかし、再開発やコンクリート建造物の増加などにより伝統家屋は失われつつある。このため世界遺産登録後、2000年に危機遺産にも登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イエメンの世界遺産「ザビードの歴史地区」についてご紹介します。ザビードの歴史地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。