観光スポット「マーリブの遺跡」の旅行情報

観光スポット「マーリブの遺跡」の旅行情報

マーリブの遺跡

名称:マーリブの遺跡(イエメン/サナア
ジャンル:観光スポット

サナーの東に位置する砂漠の中の町。かつてはシバ王国の首都として栄えていた。その繁栄の基礎となったのが、紀元前8世紀に造られたダムの水を利用した農業だった。この水資源のために、その後支配者が変わっても、マーリブがこの砂漠地方の中心的存在であることに変わりはなかった。しかし570年にダムが決壊して以来衰退。現在では石とレンガの廃墟となっており、オールド・マーリブと呼ばれている。付近には、シバの女王ビルキスの宮殿、アルシュ・ビルキス(月の宮殿)とマハラム・ビルキス(太陽の宮殿)の跡が残っている。

ここに行くツアーを探す

サナア旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

マーリブの遺跡への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。