世界遺産「ヴィクトリアの滝(モシ・オ・トゥニャ)(ビクトリアの滝)」の詳細情報

ザンビアの世界遺産・名所ガイド

Mosi-oa-Tunya / Victoria Falls

ヴィクトリアの滝(モシ・オ・トゥニャ)

名称:ヴィクトリアの滝(モシ・オ・トゥニャ)(ザンビア
英語名称:Mosi-oa-Tunya / Victoria Falls
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1989年

イグアス、ナイアガラと並ぶ世界三大瀑布の一つ

日々侵食を繰り返し、旅を続けるアフリカの名瀑・ヴィクトリアの滝。南米のイグアス、北米のナイアガラと並び、世界三大瀑布とされる世界遺産だ。1855年にイギリスの探検家デヴィッド・リヴィングストンに発見され、母国の女王にちなんでヴィクトリアと命名された。雨季の終わりには幅約1700m、高さ110〜150mの巨大な水のカーテンを形成。毎分5億リットルの水煙は約20km彼方からも確認できるという。侵食され続けた滝つぼは現在で8番目。当初より約80km上流に位置している。周囲には年間32万mmの飛沫が降り注ぎ、ジンバブエの国獣で牛科のセーブルアンテロープやカバの群れ、900種以上の植物など、多様な生態系を見ることができる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ザンビアの世界遺産「ヴィクトリアの滝(モシ・オ・トゥニャ)」についてご紹介します。ヴィクトリアの滝(モシ・オ・トゥニャ)の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。