世界遺産「大ジンバブエ遺跡(大ジンバブエ遺跡)」の詳細情報

ジンバブエの世界遺産・名所ガイド

Great Zimbabwe National Monument

大ジンバブエ遺跡

名称:大ジンバブエ遺跡(ジンバブエ
英語名称:Great Zimbabwe National Monument
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1986年

金の輸出で栄えた大ジンバブエ国の都市遺跡

大ジンバブエ遺跡は、13世紀ごろショナ族が築いた石造建築による都市遺跡だ。ジンバブエはショナ族の言葉で「石の家」を意味し、これが国の名となった。15世紀に入るとロズウィ族が支配。領土内で産出される金をもとにした交易で繁栄を極めた。遺跡からは中国製と思われる陶磁器やアラビア貨幣などが出土している。しかし繁栄により人口が急増。燃料となる木々の伐採による砂漠化、食料不足などを招き、徐々に衰退した。両種族により繁栄した大ジンバブエの遺跡は3つの主要な建築物からなる。ひとつは花崗岩の丘の上にある、石壁が王宮などを取り囲む「アクロポリス」。そして「神殿」と石造りの集落「谷の遺跡」。いずれも高度な建築技術を伝えている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ジンバブエの世界遺産「大ジンバブエ遺跡」についてご紹介します。大ジンバブエ遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。