世界遺産「カミ遺跡(カミ遺跡)」の詳細情報

ジンバブエの世界遺産・名所ガイド

Khami Ruins National Monument

カミ遺跡

名称:カミ遺跡(ジンバブエ
英語名称:Khami Ruins National Monument
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1986年

花崗岩の切石を積み重ねて造られた都市遺跡

カミ遺跡は、ジンバブエ南西部、標高約1000mの高原に広がる都市遺跡だ。15世紀中ごろトルワ国の首都となり、17世紀ごろまで存続していた。付近にカミ川が流れるこの地では、およそ10万年前から多くの民族が住居を構え生活していたといわれる。15世紀中ごろにロズウィ族が移り住み、新たに都市を形成したとされる。花崗岩でつくった建造物が並ぶカミ遺跡からは中国製の青磁と白磁、ドイツやポルトガル製の陶磁器、スペイン製の皿などが出土している。これらは、カミが一帯から産出する金をもとに幅広い交易を行い、栄えていたことを伝えている。また建築や石造技術に大ジンバブエ遺跡と同様の特徴が見られるが、技術的にはより発展したものとなっている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ジンバブエの世界遺産「カミ遺跡」についてご紹介します。カミ遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。