エアラインランキング2010

エミレーツ、エア・タヒチ・ヌイが大躍進。人気のエアラインはここ!発表!エアラインランキング2010

快適なサービスをしてくれるエアラインはどこ? 恒例の「エイビーロード」独自調査のエアラインランキング2010の発表です。相変わらず支持率の高いシンガポール航空に新たな挑戦者が!? 次回の旅行でぜひ参考にしてくださいね。


総合満足度ランキング

今年順位 昨年順位 エアライン名 満足度ポイント 各エアラインのココに注目!
1位 1位(stay シンガポール航空 4.46 「機内エンターテインメント」を除く、4部門およびこの「総合満足度」の5冠を制覇。08年5月から成田-シンガポール線に導入した総2階建て最新鋭機A380も好評。
2位 14位(up エミレーツ航空 4.21 昨年14位から大幅アップ。「機内エンターテインメント」部門では1位を獲得。和食メニューを一新し、10年中に日本人客室乗務員を300人にするなどサービス拡充が目覚しい。
3位 15位(up エア タヒチ ヌイ 4.20 英国の航空サービスリサーチ会社『スカイトラックス』で7年連続「太平洋地区ベストエアライン賞」を獲得した実力の持ち主。特に乗務員のフレンドリーな接客が支持されている。
4位 4位(stay ANA 4.16 今回も高順位を維持。映画や音楽の種類、乗務員の接客態度、機内食などすべてに強さを発揮してのベストテン入り。「日系だから安心」との声も多い。
4位 10位(up ニュージーランド航空 4.16 昨年10位からANAと同ポイントの4位に。特に機内食や乗務員の接客に高い評価。有名シェフが提案する機内食、エコノミーでも充実のワインなど自慢のサービス多数。
6位 2位(down ヴァージン アトランティック航空 4.11 総合力は高いが、シンガポール航空と1位を競っていた頃に比べ順位が下降気味。エコノミーでも4種類の食事を出すなど、同社らしい革新的なサービスに今後も期待。
7位 11位(up スイス インターナショナル エアラインズ 4.05 機内食や客室乗務員のサービスを中心に評価が上昇。有名シェフのメニューを揃え、エコノミーでもシートバックTVを設置するなど全クラス、まんべんなくサービスが充実。
8位 9位(up フィンエアー(フィンランド航空) 4.00 昨年より1つ順位を上げた。「機材・設備」部門は特に評価が高かった。関空、中部発-ヘルシンキ便にエアバスA330型機を導入し、ビジネス、エコノミーともサービスを改善。
9位 7位(down カタール航空 3.99 同じ中東のエミレーツ航空に負けじとサービスに尽力し上位にランクイン。エンタメのチャンネル数や機内食の量や質の評価も良い。今後にも期待したいエアライン。
10位 23位(up ルフトハンザ・ドイツ航空 3.96 13ランク上げて10位に。「機材・設備」部門も17ランク、「空港での接客」でも15ランク上昇。2010年6月には最新鋭機A380を成田線に導入。これで来年もランクアップか!?

  • 満足度:満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • 「総合満足度」は部門別満足度ポイントの合計ではなく、今回調査した単独設問で算出した数値を使用。
  • ※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ

ランキング総評

シンガポール航空が圧倒的な強さを見せ総合満足度を合わせた全6部門中、5部門でナンバーワンを独占。総合満足度2位に躍り出たエミレーツは、全部門でベストテン入りし新サービスも続々と打ち出し次回が楽しみ。エア・タヒチ・ヌイやニュージーランド航空は観光路線でエコノミーでも好感の持てる接客をするのが高評価につながった。4位のANAは日系エアラインの面目を保った。ところで上位の顔ぶれは毎年ほぼ同じ。これはランク外のエアラインが利用者の要望に応えられていないということ。より多くのエアラインで質のいいサービスが体験できるよう奮起を期待したい。

取材/構成 航空・旅行ジャーナリスト 緒方信一郎 記者であり自ら世界を飛び回るトラベラー。航空やホテルを使い満足度の高い旅を実現するノウハウを取材。旅行業界紙記者、旅行雑誌編集者などを経て独立。著書『もっと賢く・お得に・快適に 空の旅を楽しむ100の方法』など。



ツアー&航空券検索


海外ツアー検索

出発地を選ぶ


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)




他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年