機内食に対する満足度 - エアラインランキング2011

ついに王座交代!空港サービス部門では日本勢が大躍進!発表!エアラインランキング2011

話題の最新型旅客機ボーイング787がついに日本へ就航! アジア各地を結ぶLCCキャリアの登場でアジアは格安旅行の時代へ!? 激動するエアライン業界、2011年に最も満足度の高かったキャリアはどこ?次回の旅行でぜひ参考にして下さいね。


機内食に対する満足度

順位 前回順位 エアライン名 満足度ポイント
1位3位(エミレーツ航空4.15
2位1位(シンガポール航空4.11
3位4位(スイス インターナショナルエアラインズ3.91
4位7位(カタール航空3.90
5位10位(ANA3.84
6位6位(ヴァージン アトランティック航空3.82
6位9位(エールフランス航空3.82
8位13位(ルフトハンザ航空3.81
9位12位(ターキッシュ エアラインズ3.78
10位14位(オーストリア航空3.72

  • 満足度:満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • 「総合満足度」は部門別満足度ポイントの合計ではなく、今回調査した単独設問で算出した数値を使用。
  • 記事は2011年8月2日時点の情報を元に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
  • ※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ
多彩になったプレミアム・エコノミー

ビジネスクラスとエコノミークラスの中間に当たるプレミアムエコノミー・クラス。以前はどの航空会社も同じサービスレベルとコンセプトだったが、最近はバラエティに富んできた。たとえばデルタ航空の「エコノミー・コンフォート」は、エコノミークラスより足元を約10cm広くし、リクライニング角度は1.5倍。優先搭乗などの付加サービスもある。エコノミークラスの運賃に片道80USドル〜160USドルの追加(マイレージサービス「スカイマイル」の上級会員は無料または割引料金を設定)とかなりリーズナブルな設定。一方、ターキッシュ エアラインズの「コンフォートクラス」は、座席が一昔前(フラットシート以前)のビジネスクラスと同等の座席を設置し、機内食も前菜、メイン、デザートとコース形式でサーブされ、これもビジネスクラス並み。プレミアム・エコノミーは航空会社によって様々。利用する時のニーズに応じて、選択できる時代になった。

pict ターキッシュ エアラインズの「コンフォートクラス」。もはやエコノミークラスとは呼べないシートを設置し、豪華な機内食を提供。


ユーザーの声
  • 【エミレーツ航空】・機内食といえば美味しくないところも多い。こちらは美味(30代・女性)
    ・種類が多く食べやすい(60代・女性)
    ・味が好みに合った(30代・男性)
  • 【シンガポール航空】・様々な種類のドリンクを提供してもらった(20代・男性)
    ・日本人にも合う味付け(40代・男性)
    ・和食にしても洋食にしても選びがいがある(40代・男性)
  • 【スイス インターナショナル エアラインズ】・和食と洋食と選べた(60代・女性)
    ・口に合ったし、量もちょうどよかった(40代・女性)
    ・ワインがとてもおいしかった。食事も日本人の口に合う(60代・男性)



ツアー&航空券検索


海外ツアー検索

出発地を選ぶ


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)




他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年