航空機の機材・設備に対する満足度 - エアラインランキング2011

ついに王座交代!空港サービス部門では日本勢が大躍進!発表!エアラインランキング2011

話題の最新型旅客機ボーイング787がついに日本へ就航! アジア各地を結ぶLCCキャリアの登場でアジアは格安旅行の時代へ!? 激動するエアライン業界、2011年に最も満足度の高かったキャリアはどこ?次回の旅行でぜひ参考にして下さいね。


航空機の機材・設備に対する満足度

順位 前回順位 エアライン名 満足度ポイント
1位2位(エミレーツ航空4.32
2位1位(シンガポール航空4.13
3位5位(カタール航空3.99
4位9位(ANA3.86
5位11位(日本航空3.85
6位7位(フィンランド航空3.83
7位12位(スイス インターナショナルエアラインズ3.81
8位22位(アシアナ航空3.80
9位4位(ヴァージン アトランティック航空3.78
10位23位(ターキッシュ エアラインズ3.73

  • 満足度:満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • 「総合満足度」は部門別満足度ポイントの合計ではなく、今回調査した単独設問で算出した数値を使用。
  • 記事は2011年8月2日時点の情報を元に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
  • ※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ
快適でエコなまったく新しい飛行機がいよいよ就航

2011年9月にも日本のANAがボーイング社の最新型旅客機787を世界で最初に就航させる。機体の大半に炭素繊維(カーボン)素材を使ったはじめての旅客機で、これだけのスペースがある飛行機にしては従来の同規模機(767型機)に比べ燃費効率が約20%改善され、かつ今までにない遠距離フライトが可能になった。また、CO2の排出量を約20%、NOx(窒素化合物=排ガス)の排出量を約15%削減するなどエコにも貢献。機内の気圧と湿度を従来より高く保ち、窓は約1.3倍の大きさになるなど、機内の快適性も大きく向上。開発段階からANAが参加し、ユーザーの視点で設計され、純正な民間航空機として誕生した画期的な旅客機でもある。

pict エンジンに特別な工夫を施し騒音が抑制されているのも787の特徴のひとつ。


ユーザーの声
  • 【エミレーツ航空】・各座席にテレビがついているが、席が割と広い(60代・女性)
    ・モニターが見やすかった(30代・男性)
  • 【シンガポール航空】・華美でなく、使いやすい(40代・男性)
  • 【カタール航空】・きれいな機体だった(30代・男性)
    ・液晶画面がひとつひとつの席についているので、いろんな映画が見られて嬉しかった(30代・女性)
    ・座席の幅に余裕があり、長時間フライトを快適に過ごすことができた(20代・女性)



ツアー&航空券検索


海外ツアー検索

出発地を選ぶ


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)




他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年