客室乗務員の接客サービスに対する満足度 - エアラインランキング2011

ついに王座交代!空港サービス部門では日本勢が大躍進!発表!エアラインランキング2011

話題の最新型旅客機ボーイング787がついに日本へ就航! アジア各地を結ぶLCCキャリアの登場でアジアは格安旅行の時代へ!? 激動するエアライン業界、2011年に最も満足度の高かったキャリアはどこ?次回の旅行でぜひ参考にして下さいね。


客室乗務員の接客サービスに対する満足度

順位 前回順位 エアライン名 満足度ポイント
1位1位(シンガポール航空4.10
2位6位(エミレーツ航空4.08
3位5位(ANA4.04
4位8位(スイス インターナショナルエアラインズ3.98
5位10位(フィンランド航空3.95
6位7位(JALウェイズ3.93
7位19位(アシアナ航空3.89
8位4位(日本航空3.88
9位12位(タイ国際航空3.83
10位15位(キャセイパシフィック航空3.82
10位11位(マレーシア航空3.82
10位20位(オーストリア航空3.82

  • 満足度:満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • 「総合満足度」は部門別満足度ポイントの合計ではなく、今回調査した単独設問で算出した数値を使用。
  • 記事は2011年8月2日時点の情報を元に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
  • ※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ
日本路線の復活&増便が続々と!

震災の影響で運休や路線縮小が相次いでいたが、旅行者の回復もあり復活と増便が相次いでいる。羽田〜ロサンゼルス線を運休していたデルタ航空は6月4日から再開。ブリティッシュ・エアウェイズは羽田〜ロンドン線を5月31日に再開。また、関空発ではチャイアエアラインが関空〜ニューヨーク直行便を4月28日から新規就航している。また、これは新就航や再開ではないが、シンガポール航空が世界最大の総2階建て旅客機エアバスA380を7月1日から成田〜ロサンゼルス線に就航。アジア〜北米間にはじめてA380型機を就航させて、サービス重視のフライト選びに大きく貢献してくれている。
震災からの復興は、航空業界でも着々と進んでいる。

pict 深夜・早朝便の多い羽田便だが、デルタ航空では「ビジネスエリートには1席ずつの個室タイプでフルフラットになるシートを設置。


ユーザーの声
  • 【シンガポール航空】・食事時に眠っていたが、到着前に食事する時間の余裕を持って声をかけていただいた(40代・男性)
    ・ドリンクのお替わりを頻繁に確認してくれた(20代・男性)
    ・英語がそこそこきれい(40代・男性)
    ・依頼に対して即対応(40代・男性)
  • 【エミレーツ航空】・日本人乗務員が乗務しているので何かの時に安心(60代・女性)
    ・フレンドリーで気が効いていた(30代・男性)
    ・必要最小限で心のこもったサービスだった(50代・男性)
  • 【ANA】・消灯中でもこまめに席を回っていた(30代・女性)
    ・丁寧な対応(40代・男性)
    ・分からないことにすぐ答えてくれて乗客の不安を取り除いてくれた(30代・女性)



ツアー&航空券検索


海外ツアー検索

出発地を選ぶ


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)




他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年