機内エンターテインメントに対する満足度 - エアラインランキング2012

再び王座交代!総合満足度ではついにLCCがランクイン!発表!エアラインランキング2012

新型機エアバスA350が2012年から登場!?人気の理由は個性的なサービス?価格だけじゃない、人気急上昇中のLCCはどこ?ぜひ最新のエアラインランキングを、次回の海外旅行選びの参考にしてください。


機内エンターテインメントに対する満足度

順位 前回順位 エアライン名 満足度ポイント
1位1位(エミレーツ航空4.22
2位2位(シンガポール航空4.15
3位4位(カタール航空4.01
4位3位(ヴァージン アトランティック航空3.99
5位9位(日本航空3.87
6位newニュージーランド航空3.82
7位10位(フィンランド航空3.78
8位5位(ANA3.75
9位19位(エバー航空3.69
10位11位(エールフランス航空3.66
10位18位(ルフトハンザ・ドイツ航空3.66

  • 満足度:満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • 「総合満足度」は部門別満足度ポイントの合計ではなく、今回調査した単独設問で算出した数値を使用。
  • 記事は2012年7月10日時点の情報を元に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
  • ※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ
急速に普及するネット接続サービス

機内でのインターネット接続サービスが普及している。アメリカ国内線ではネットを使えるのが普通になり、日本路線でもいよいよ本格化しそうだ。ルフトハンザ ドイツ航空に続き、JALが今夏から欧米線のボーイング777型機で順次開始と発表。シンガポール航空のエアバスA380 や777-300などでも随時スタート。エミレーツ航空でも2012年中のサービス開始を予定している。各社ポータルサイトから先の一般のウェブサイトやメールの送受信、SNSの利用などは1フライトにつき1000円前後と有料となる。機内ネットのサービスは2000年代の半ばに一時普及したが、その後消滅。当時よりさらにネットが一般的になった今また、急激に普及している。

pict Wi-Fiを使ったデルタ航空アメリカ国内線のネット接続サービス。フェイスブックにさくさく書き込み&アップができるなど快適。2013年初旬から国際線でのサービスも開始。


ユーザーの声
  • 【エミレーツ航空】・ice(機内エンターテインメント)の使いやすさ、映画チャンネルの豊富さ新しさにいつも満足する(30代男性)
    ・(エコノミーでも)シートテレビが大きくて見やすい(30代女性)
    ・日本語の映画が多かった(60代男性)
    ・観たい映画が多すぎて、時間が足りないくらいだった。逆に言えば、寝る暇がなかった(50代女性)
  • 【シンガポール航空】・おもしろい映画がたくさんあった(20代女性)
    ・大人も子供も楽しめるゲームがあって良かった(20代女性)
    ・オンデマンドで選べる内容が豊富。日本語もあり(50代女性)
  • 【カタール航空】・日本公開前や未公開の映画を多数観ることができた。機器も使いやすくて嬉しかった(20代女性)
    ・パーソナルプログラムだったので、映画なども自分のペースで楽しむことができた(40代女性)



ツアー&航空券検索


海外ツアー検索

出発地を選ぶ


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)




他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年