空港内の航空会社職員の接客サービスに対する満足度 - エアラインランキング2012

再び王座交代!総合満足度ではついにLCCがランクイン!発表!エアラインランキング2012

新型機エアバスA350が2012年から登場!?人気の理由は個性的なサービス?価格だけじゃない、人気急上昇中のLCCはどこ?ぜひ最新のエアラインランキングを、次回の海外旅行選びの参考にしてください。


空港内の航空会社職員の接客サービスに対する満足度

順位 前回順位 エアライン名 満足度ポイント
1位3位(シンガポール航空4.03
2位2位(日本航空3.98
3位newエアプサン3.93
4位14位(タイ国際航空3.91
4位1位(ANA3.91
6位9位(ヴァージン アトランティック航空3.90
7位newニュージーランド航空3.87
7位7位(フィンランド航空3.87
9位6位(エミレーツ航空3.86
10位12位(エバー航空3.80

  • 満足度:満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • 「総合満足度」は部門別満足度ポイントの合計ではなく、今回調査した単独設問で算出した数値を使用。
  • 記事は2012年7月10日時点の情報を元に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
  • ※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ
LCCターミナルも開業。進む空港のサービス向上

乗客サービス向上のためのリニューアルが世界各地の空港で進んでいる。関空には今秋、成田には2014年に低コスト航空会社(LCC)専用ターミナルがオープン予定。パリのシャルル・ド・ゴールやヘルシンキなどEU内の空港ではシェンゲン協定(国境検査なしで往来できる協定)域内からの乗り継ぎ客専用ターミナルを用意するなどのサービス向上が目白押し。また、ド・ゴール空港をハブ(拠点)空港にするエールフランスは新ターミナルを建設し同空港東側に発着便を集約。デルタ航空は2012年5月、アトランタ空港に新しい国際線ターミナルをオープンするなど全米6空港で改修・拡大を進行中だ。世界的に旅行者が増える中、空港でのこうした自社便利用者向けのプロジェクトはこれからさらに増えそうだ。

pict 新しく建設されたアトランタ空港の国際線ターミナル。デルタ航空の成田〜アトランタ直行便が発着。アメリカ南部のホスピタリティが特徴


ユーザーの声
  • 【シンガポール航空】・何事もスムーズで分かりやすく、問題なく事が流れた(50代男性)
    ・対応がとても親切。乗り継ぎの際の荷物の件なども丁寧に教えてくれた(30代女性)
    ・対応が早い(40代男性)
    ・不満が全くない(30代女性)
  • 【日本航空】・自動チェックイン機の説明などサポートしてくれる(50代男性)
    ・空いている座席など丁寧に対応してくれる(60代男性)
  • 【エアプサン】・チェックインは職員の方がフルに動いて早い対応で好感がもてた(50代女性)
    ・至って普通である。大手航空会社との違いは感じない(30代女性)



ツアー&航空券検索


海外ツアー検索

出発地を選ぶ


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)




他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年