客室乗務員の接客サービスに対する満足度 - エアラインランキング2013

客室乗務員の接客サービスに対する満足度

順位 前回順位 エアライン名 満足度ポイント
1位1位(シンガポール航空4.20
2位8位(エミレーツ航空4.14
3位3位(日本航空4.12
4位2位(ANA4.05
5位13位(KLMオランダ航空3.97
5位NEWスイス インターナショナル エアラインズ3.97
7位18位(エバー航空3.96
8位6位(フィンランド航空3.95
9位18位(マレーシア航空3.93
10位15位(ターキッシュ エアラインズ3.92

  • 満足度ポイントは、満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば 不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • 記事は2013年7月2日時点の情報を基に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
  • ※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ
ユーモアと友達感覚の客室乗務員が受けるLCC

最近、国内外問わず新規就航が相次いでいる低コスト航空会社(LCC)。機内食や映画がなくても安い方が良いというユーザーの支持を確実に得ているようで今回はピーチが総合満足度の第10位にランクされた。そもそも客室乗務員の接客にお金はいらないから、LCCだからサービスが劣るとは限らないのだ。むしろ逆の面もある。LCCの“老舗”であるアメリカのサウスウエスト航空は大手にはない友達感覚やユーモアのある対応が受け、それはLCCの伝統になっている。画一的なサービスのエアラインより、自然でフレンドリーなサービスが好みの人にはおすすめだ。ただ、LCCはアジアやオセアニアなど近距離および南太平洋路線のみの運航だ(2013年7月現在)。

pict 成田〜台北〜シンガポール線を運航するスクートの客室乗務員。親会社は総合満足度1位のシンガポール航空。


ユーザーの声
  • 【シンガポール航空】・コールしてからの反応が早い。笑顔の接客が良かった。(30代男性)
    ・乗り継ぎのためにシンガポールの空港でのアシストをお願いしたが、機内にいる時から気にかけてくれて非常に良かった。(70代男性)
    ・食事、乗務員の対応もよく、制服も華やかで見ごたえがあった。(20代女性)
  • 【エミレーツ航空】・トータルで(サービスのレベルが)高い。(30代男性)
    ・キャビンアテンダントさんの食事の上げ下げの対応(が良かった)。(40代女性)
    ・愛想がよく、ちょっと無理かなと思うことにも対応してくれる。(50代男性)
  • 【日本航空】・子連れだったので、泣いたりしたらすぐに助けてくれたり、あやしてくれたり安心な対応をしてくれた。(30代女性)
    ・気配りがあって、乗客の動きを見てくれていて、必要なときに必要な援助や声がけがあって(サービスが)行き届いていた。(40代男性)
    ・日本航空は経営破たんしてからサービスが改善されたと思う。(40代男性)



ツアー&航空券検索


海外ツアー検索

出発地を選ぶ


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)




他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年