航空機の機材・設備に対する満足度 - エアラインランキング2014

航空機の機材・設備に対する満足度

エアバスA350が就航間近。“ジャンボ”の後継機も

pict JALのエアバスA350(イメージ)。2019年に就航予定で、JALとして初めてエアバス機を発注し話題を呼んでいる※写真提供/日本航空

大型の最新鋭旅客機でシンガポール航空やカタール航空など日本でもおなじみのエアラインがいち早い運航を予定しているエアバスA350XWB(エクストラ・ワイド・ボディ)。2013年6月に初飛行を成功させ、初号機を受領するローンチ・カスタマーはカタール航空で、2014年中には実際に飛びはじめる予定。エアバス社は2014年3月末時点ですでに810機を超える発注を受けており、ライバルのボーイング787型機に迫る勢いの売れ行きだ。日本航空も導入するため日本の旅行者にも身近な飛行機になりそうなA350XWBは標準的な3クラス(ファースト、ビジネス、エコノミー)仕様で270席〜350席。また、新しいタイプの座席クラス「プレミアムエコノミー」のオプションもあり、客室仕様は航空会社がアレンジできるため、各社がどういうインテリアを見せてくれるのか楽しみだ。また、2014年3月をもって日本国内線から姿を消したボーイング747-400こと“ジャンボ”は国際線ではまだまだ多数のエアラインが運航中。その後継機であるボーイング747-8もルフトハンザドイツ航空などが導入している。


ユーザーの声
  • ANA ・座席・通路ともにきれいに清掃されている。子供にANAのおもちゃをくれた。 (20代・女性)
    ・ウォシュレット(※)付のトイレは日系航空会社ならでは。 (50代・男性)
    ・離発着がスムーズで感心させられ、機内も適温で快適だった。 (50代・女性)
  • シンガポール航空 ・エコノミークラスでも疲れることなくフライトを楽しめた。 (50代・男性)
    ・最新機種の積極的な導入に顧客へのサービス意識の高さを強く感じる。 (50代・男性)
    ・温度管理がよくされ快適に過ごせた。よく整備されている。 (30代・男性)
  • エミレーツ航空 ・照明を落として、プラネタリウムになるような演出は良い。 (40代・女性)
    ・歯ブラシなどのアメニティセットが座席に置いてあって、長時間のフライトには嬉しかった。 (30代・女性)
    ・乗っている人の生活時間のリズムに合わせて機内が徐々に明るくなったり暗くなったりした。 (20代・女性)
※TOTOの登録商標。

順位 前回順位 エアライン名 満足度ポイント
1位6位(ANA4.13
2位1位(シンガポール航空4.10
3位1位(エミレーツ航空4.05
4位9位(日本航空4.02
5位5位(ルフトハンザ ドイツ航空3.94
6位ニュージーランド航空3.92
7位4位(ターキッシュ エアラインズ3.87
8位7位(エバー航空3.83
9位25位(ブリティッシュエアウェイズ3.76
10位3位(エティハド航空3.75
10位10位(スイス インターナショナル エアラインズ3.75

  • ※満足度ポイントは、満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、 不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • ※記事は2014年6月16日時点の情報を基に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
  • ※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ


ツアー&航空券検索


海外ツアー検索

出発地を選ぶ


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)



他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材・設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門
バックナンバーも見る
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)