航空機の機材・設備に対する満足度 - エアラインランキング2015

航空機の機材・設備に対する満足度

プラスチック製の機体はこんなにスゴイ!

pict ANAでもボーイング787の胴体延長型の787-9が羽田〜ミュンヘン便に就航した

2011年にANAによって路線就航を果たしたボーイング787は、すっかり世界の空に定着し、すでに世界で282機の787が飛んでいる(2015年5月現在)。胴体延長型の787-9も2014年にニュージーランド航空によってはじめて路線就航し、ANAでも国内線と国際線に運航をはじめている。 この787というボーイングの最新機材は、低燃費で短距離から長距離までをこなす中型機であるが、利用者にとってどのようなメリットがあるのかを改めて検証してみたい。787の大きな特徴は、それまでの旅客機がアルミニュウム合金、すなわち金属でできているのに対し、787は簡単にいえばプラスチックでできているという部分である。金属より軽くて強い素材なので、開口部を大きくすることができ、窓が大きい。また、強い素材なので機内の気圧を高くすることが可能で、787の機内は地上とほぼ同じ気圧に保たれている。金属ではないので錆の心配がなく、湿度も高く保てるのである。 787の運航路線が増えたことで、「最近は飛行機に乗っても耳ツンが起こらないようになった」、「飛行機に乗っても肌や唇が乾燥しにくくなった」などと感じている人も多いのではないだろうか。


ユーザーの声
  • シンガポール航空 ・座席のピッチや横幅が快適。アメニティも充実しているので長時間乗っていても疲れにくい。 (40代・女性)
    ・窮屈でない座席の幅で、機内温度も寒すぎることなく快適だった。 (40代・女性)
  • ANA ・ボーイング787が良い。空調も良く、気圧の変化をほとんど感じない。機内放送も聞きやすい。 (60代以上・男性)
    ・トイレに温水洗浄便座がついているのがよい。 (50代・男性)
  • エミレーツ航空 ・シートサイズやリクライニングの角度が大きく、リラックスできるし、睡眠も比較的取れる。 (40代・男性)
    ・機内に乗り込んだときの淡い紫やピンクの照明とムスク(?)の香りが高級感があり中東っぽくておしゃれ。アメニティがひとつのポーチに入っていて、持ち帰りやすかったしアイマスクなども入っていて便利だった。 (20代・女性)

順位 前回順位 エアライン名 満足度ポイント
1位2位(シンガポール航空4.01
2位1位(ANA3.99
3位3位(エミレーツ航空3.98
4位4位(日本航空3.96
5位6位(ニュージーランド航空3.92
5位12位(カタール航空3.92
7位8位(エバー航空3.84
8位10位(エティハド航空3.80
9位15位(エールフランス航空3.76
10位7位(ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)3.72

  • ※満足度ポイントは、満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、 不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • ※記事は2015年6月10日時点の情報を基に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
  • ※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ


ツアー&航空券検索


海外ツアー検索

出発地を選ぶ


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)



他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材・設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門
バックナンバーも見る
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)