エアラインランキング2017 機内食部門

エアラインランキング2017 機内食部門

機内食に対する満足度

順位 エアライン名 昨年順位 満足度
1位 エミレーツ航空 2位 3.98
2位 ニュージーランド航空 3位 3.97
3位 シンガポール航空 1位 3.92
4位 日本航空 13位 3.90
5位 カタール航空 11位 3.89
6位 ANA 6位 3.83
7位 ターキッシュ エアラインズ 4位 3.81
8位 エールフランス航空 7位 3.79
9位 KLMオランダ航空 5位 3.78
10位 フィンエアー(フィンランド航空) 18位 3.76
10位 ルフトハンザドイツ航空 23位 3.76
※満足度ポイントは、満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
※「総合満足度」は部門別満足度ポイントの合計ではなく、今回調査した単独設問で算出した数値を使用。
※記事は2017年6月30日時点の情報を基に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい ≫ 外務省 海外安全ホームページ / 厚生労働省 検疫所ホームページ

1位 エミレーツ航空満足度:3.98 昨年2位

  • 食事の質や味がとても良かった。ワインがとても素晴らしかった。(60代以上・男性)
  • 食事も美味しくアルコールの種類も豊富で楽しめた。(50代・女性)
航空会社の詳細情報を見る

2位 ニュージーランド航空満足度:3.97 昨年3位

  • 座席のモニターでアルコールを注文できる。(40代・男性)
  • 機内食が美味しかった。また、軽食で出てきたものも美味しくてすぐに食べきってしまった。(30代・女性)
航空会社の詳細情報を見る

3位 シンガポール航空満足度:3.92 昨年1位

  • 味も温まり具合も良かった。(50代・男性)
  • ご飯が美味しかったのと、お菓子が充実していた。(30代・女性)
航空会社の詳細情報を見る

エアライン最新動向


思わず写真を撮りたくなる華やかな機内食

食の専門家監修や有名店とのコラボ機内食が増加

有名シェフや食の専門家が監修する機内食、有名店とコラボの機内食はビジネスクラスだけでなく、エコノミークラスにも波及しつつある。写真は日本航空国際線エコノミークラスで提供される、資生堂パーラーとのコラボによるビーフシチューである。スマートフォンの普及などから、機内食の写真を撮ってすぐにSNSに投稿などという時代に相応しい、見た目もお洒落な機内食である。訪日外国人などから「日本の料理は美味しさだけでなく見た目が奇麗」といわれるが、味だけでなく、写真栄えする機内食は今後も増えて行きそうである。


他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

フライトスケジュール(飛行機の時刻表)