エアラインランキング2016 機材・設備部門

エアラインランキング2016
機材・設備部門

航空機の機材、設備に対する満足度

機体の新しさや、綺麗さ。座席のすわり心地や広さ、快適さに関する満足度です。

1位 前回1位(→) シンガポール航空 満足度 4.08

ユーザーの声

・座席が広く感じられた。機内もきれいで好感を持った。(30代・男性)
・機内は寒いことが多いので防寒着を持ち込んだが、必要がないほど快適な温度を常にキープしていた。 座席も広く、寝返りがうてる。(40代・女性)

ツアーを見る

この会社のPR情報
また乗りたい「最新鋭の翼とやさしいおもてなし」 定評のある質の高い機内サービスや、12月のエアバスA350 羽田 - シンガポール間運航開始でさらに注目を集めるシンガポール航空が選ばれる理由とは?

2位 前回2位(→) ANA 満足度 3.99

ユーザーの声

・スタッガードシートなので、フルフラットかつ1席ずつ独立なのは大変良い。(50代・男性)
・特に嫌な臭いが全く無い事にいつも感心している。ブルーを基調にしたインテリアも好みで、寝具なども快適だから。(50代・女性)

ツアーを見る

3位 前回3位(→) エミレーツ航空 満足度 3.98

ユーザーの声

・機内は美しいし座席間隔も広く快適であった。(60代以上・男性)
・消灯後天井に星空が浮かんできれいだった。(50代・女性)

ツアーを見る

4位 前回5位( ニュージーランド航空 満足度 3.89

ツアーを見る

5位 前回8位( エティハド航空 満足度 3.79

ツアーを見る

6位 前回4位( 日本航空 満足度 3.78

ツアーを見る

7位 前回14位( KLMオランダ航空 満足度 3.77

ツアーを見る

7位 前回16位( オーストリア航空 満足度 3.77

ツアーを見る

9位 前回11位( タイ国際航空 満足度 3.75

ツアーを見る

9位 前回− カンタス航空 満足度 3.75

ツアーを見る

エアライン最新動向


エミレーツ航空777-300ERのビジネスクラスにはミニバー付きが登場
加速するビジネスクラスの快適性追求
ビジネスクラスを豪華にすると定員が減るほか、ファーストクラスとの差別化も必要で、航空各社は知恵をしぼっている。ライフラットなら180度リクライニングでも定員が稼げるが滑り台風のベッドになってしまう。乗客の半数を進行方向と逆に座る方法で寝心地と定員を確保する航空会社もある。近年は斜め配置や互い違いの配置で快適性や定員確保に努めている。その結果カップルで乗っても隣り合う座席がないという現象も出てきている。

他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

フライトスケジュール(飛行機の時刻表)

page top