エアラインランキング2017 空港接客・サービス部門

エアラインランキング2017 空港接客・サービス部門

空港接客・サービスに対する満足度

順位 エアライン名 昨年順位 満足度
1位 日本航空 4位 4.15
2位 ANA 1位 3.96
3位 シンガポール航空 2位 3.95
4位 ニュージーランド航空 3位 3.94
5位 フィンエアー(フィンランド航空) 10位 3.87
6位 ルフトハンザドイツ航空 18位 3.83
7位 LOTポーランド航空 * 3.80
8位 大韓航空 13位 3.77
8位 KLMオランダ航空 8位 3.77
10位 キャセイパシフィック航空 14位 3.76
※満足度ポイントは、満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
※「総合満足度」は部門別満足度ポイントの合計ではなく、今回調査した単独設問で算出した数値を使用。
※記事は2017年6月30日時点の情報を基に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい ≫ 外務省 海外安全ホームページ / 厚生労働省 検疫所ホームページ

1位 日本航空満足度:4.15 昨年4位

  • チェックインカウンターの対応が早くて丁寧。(40代・男性)
  • 海外空港の現地スタッフも丁寧な接客だったので。(40代・女性)
航空会社の詳細情報を見る

2位 ANA満足度:3.96 昨年1位

  • チェックイン混雑時の誘導などの対応がしっかりしていると思う。(30代・男性)
  • 乗り継ぎの案内が的確だった。(50代・女性)
航空会社の詳細情報を見る

3位 シンガポール航空満足度:3.95 昨年2位

  • 親切な対応をしてくれた。(60代以上・男性)
  • CAさんも機長さんも笑顔で手を振ってくれてすごく嬉しかった。(30代・女性)
航空会社の詳細情報を見る

5位 フィンエアー(フィンランド航空)満足度:3.87 昨年10位

航空会社の詳細情報を見る

エアライン最新動向


年々需要が高まるLCCターミナル

整備が進むLCCターミナル

LCCの運航が本格化するに伴って、主要空港にLCC用のターミナルが増えている。すでに成田、関西、那覇に専用ターミナルがあり、ピーチ・アビエーションが拠点とする関西空港では、LCCターミナルが2017年から国内線用と国際線用2棟を有するようになった。さらに中部空港でもLCCターミナルを建設予定で、今年度中に着工し、2019年に開業する計画である。既存ターミナルからLCCターミナルへのアクセスも改善されていて、2016年10月から、成田国際空港のターミナル2からターミナル3(LCC)へ向かう連絡バスの経路が改善され、所要時間が短縮された。


他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

フライトスケジュール(飛行機の時刻表)