page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

エアラインランキング
2020機内サービス部門

機内サービス満足度ランキング

RANKING

  • 順位
  • エアライン名
  • 昨年順位
  • 満足度
  • エイビーロード エアライン満足度調査2020
  • 満足度ポイントは、満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • 2019年で対象外だった航空会社は、過去との比較ができないため「*」で記載。
  • 記事は2020年6月30日時点の情報を基に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
  • 渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認ください。
    外務省 海外安全ホームページ
    厚生労働省 検疫所ホームページ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外務省から全世界に対し感染症危険情報が発出されているほか、各国で入国制限等の措置等が取られています。今後、渡航を予定される場合につきましては、最新の情報を収集し、渡航の是非から慎重にご検討・ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

機内サービス満足度ランキング

RANKING

  • 順位
  • エアライン名 / 満足度
  • 昨年順位
  • エイビーロード エアライン満足度調査2020
  • 満足度ポイントは、満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • 2019年で対象外だった航空会社は、過去との比較ができないため「*」で記載。
  • 記事は2020年6月30日時点の情報を基に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
  • 渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認ください。
    外務省 海外安全ホームページ
    厚生労働省 検疫所ホームページ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外務省から全世界に対し感染症危険情報が発出されているほか、各国で入国制限等の措置等が取られています。今後、渡航を予定される場合につきましては、最新の情報を収集し、渡航の是非から慎重にご検討・ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

  • 1

  • 日本航空(JAL)

    満足度

    4.25

    / 昨年3位

50代・女性

背が小さく座席上の荷物の出し入れが大変だが、CAさんがいつもサッと手伝ってくださる。

40代・男性

飛行中に気持ち悪くなった時に、乗り物酔いの薬を用意してくれたり、何回か声を掛けてくれました。

背が小さく座席上の荷物の出し入れが大変だが、CAさんがいつもサッと手伝ってくださる。(50代・女性)

飛行中に気持ち悪くなった時に、乗り物酔いの薬を用意してくれたり、何回か声を掛けてくれました。(40代・男性)

  • 2

  • 全日本空輸(ANA)

    満足度

    4.20

    / 昨年1位

50代・女性

アルコールのおかわりの機敏さと、冷えたアルコールで心地よかったです。

60代以上・男性

無駄がない動きで気持ちが良い。プロフェッショナルさが徹底している。

アルコールのおかわりの機敏さと、冷えたアルコールで心地よかったです。(50代・女性)

無駄がない動きで気持ちが良い。プロフェッショナルさが徹底している。(60代以上・男性)

  • 3

  • カタール航空

    満足度

    4.08

    / 昨年8位

60代以上・女性

乗客が何を望んでいるか、常に気を配っているのがよくわかる。言葉は通じなくても、アイコンタクトで飛んできてくれて、すぐに望みをかなえてくれる。

50代・男性

気品があり、丁寧かつ乗客への気配りがとても良かった。

乗客が何を望んでいるか、常に気を配っているのがよくわかる。言葉は通じなくても、アイコンタクトで飛んできてくれて、すぐに望みをかなえてくれる。(60代以上・女性)

気品があり、丁寧かつ乗客への気配りがとても良かった。(50代・男性)

  • 4

  • KLMオランダ航空

    満足度

    4.05

    / 昨年6位

  • 5

  • フィンエアー

    満足度

    4.00

    / 昨年8位

  • 6

  • ターキッシュ エアラインズ

    満足度

    3.99

    / 昨年7位

  • 7

  • シンガポール航空

    満足度

    3.94

    / 昨年2位

  • 8

  • エティハド航空

    満足度

    3.93

    / 昨年*位

  • 9

  • ガルーダ・インドネシア航空

    満足度

    3.92

    / 昨年9位

  • 9

  • キャセイパシフィック航空

    満足度

    3.92

    / 昨年10位

エアライン最新動向

  • 要望を察してくれる航空会社が高評価。現在はマスクなどを着用。

  • 安心感や快適性、清潔さがポイント

    客室乗務員の機内サービスは、シートや機材、機内食といった要素と並んで乗客がもっとも重視する項目の一つと言えるだろう。特に日本人客の場合、外国人客と比べて客室乗務員に察してもらうことを潜在的に求めている傾向が強く、国内の航空会社は乗客に寄り添ったサービスを心掛けている。客室乗務員が機内を巡回する頻度はANAやJALのほうが海外勢よりも高く、動きを見ていると乗客の過ごし方から予測して接客をしていると感じる。海外の航空会社でも、客室乗務員が忙しい時でも応対してくれたと乗客が評価している航空会社は、総じて高評価を獲得しており、ヒューマンな部分が評価の分かれ目と言えるのではないか。

調査概要

調査目的
2019年の海外渡航者が利用した航空会社の評価を明らかにする。
エイビーロードでは空港内・機内での時間も大切な海外旅行の一部と考え、エアライン満足度の向上、およびユーザーへのエアライン選びのモノサシを提供したい、という思いから本調査を実施しております。
調査対象
(株)インテージのマイティモニター(全国)より抽出した「18歳以上の2019年の渡航経験者(日本人・出発月が2019年である渡航)」8,676人を対象に調査した。
  • 仕事、長期滞在を含む
調査期間
2020年 4月15日(水)〜 4月20日(月)
調査方法
インターネット調査
調査回収数
4,631人(回収率:53.4%) 調査集計数:4,000人
  • 調査集計数は対象となる40社のエアラインをそれぞれの利用者が1社100人になるよう無作為抽出した
  • 調査対象の航空会社は3ページ参照
  • 単一回答の場合、各選択肢ごとに小数点第2位を四捨五入した数値を記載しているため、選択肢の合計が表記上100%にならないことがある
回答者プロフィール

性別(全体/単一回答)

  • 男性:50.3%
  • 女性:49.7%

年齢(全体/単一回答)

  • 18〜29歳:12.4%
  • 30〜39歳:14.4%
  • 40〜49歳:18.8%
  • 50〜59歳:24.3%
  • 60歳以上:30.2%

2019年渡航目的(全体/単一回答)

  • 仕事:13.7%
  • プライベート:83.4%
  • その他:2.9%

2019年渡航形態(全体/単一回答)
*複数回渡航経験者は一番最後の渡航

  • フルパッケージツアー*1:16.5%
  • 中間パッケージツアー*2:10.2%
  • フリーパッケージツアー*3:20.5%
  • 個別手配*4:52.8%
  • *1観光やアクティビティ、食事がほとんど組み込まれているツアー
  • *2観光やアクティビティ、食事が一部組み込まれているが、一定の自由時間もあるツアー
  • *3往復航空券とホテル、送迎以外は現地では基本的に自由行動のツアー
  • *4航空券やホテルなどを個別に手配
  • n=4,000
調査対象航空会社
【日系】全日本空輸(ANA) / 日本航空(JAL) / ●ピーチ・アビエーション
【南・北米系】アメリカン航空 / エア・カナダ / デルタ航空 / ユナイテッド航空
【太平洋・オセアニア系】カンタス航空 / ●ジェットスター航空 / ニュージーランド航空 / ハワイアン航空
【アジア系】アシアナ航空 / ●エアアジアX / エバー航空 / ガルーダ・インドネシア航空 / キャセイパシフィック航空 / シンガポール航空 / ●スクート / ★●セブパシフィック航空 / 大韓航空 / ●タイガーエア台湾 / タイ国際航空 / ●チェジュ航空 / チャイナ エアライン / 中国国際航空 / 中国東方航空 / ●ティーウェイ航空 / フィリピン航空 / ベトナム航空 / マレーシア航空
【ヨーロッパ系】アリタリア-イタリア航空 / エールフランス航空 / KLMオランダ航空 / ターキッシュエアラインズ / フィンエアー / ブリティッシュ・エアウェイズ / ルフトハンザドイツ航空
【中近東・アフリカ系】★エティハド航空 / エミレーツ航空 / カタール航空
  • 「★」は前回調査では調査対象外の航空会社、「●」は格安航空会社(LCC)
  • 前回調査対象であった「バニラ・エア」「香港航空」は本年は調査対象外
続きを読む