エアラインランキング2017 機内サービス部門

エアラインランキング2017 エアラインランキング2017 機内サービス部門

機内サービスに対する満足度

順位 エアライン名 昨年順位 満足度
1位 日本航空 3位 4.16
2位 ニュージーランド航空 4位 4.02
3位 ANA 1位 4.00
4位 シンガポール航空 2位 3.94
5位 エミレーツ航空 5位 3.88
6位 カタール航空 18位 3.84
7位 フィンランド航空 6位 3.83
8位 KLMオランダ航空 6位 3.81
9位 ガルーダ・インドネシア航空 15位 3.80
10位 スカンジナビア航空 * 3.77
10位 ルフトハンザドイツ航空 19位 3.77
※満足度ポイントは、満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。
※「総合満足度」は部門別満足度ポイントの合計ではなく、今回調査した単独設問で算出した数値を使用。
※記事は2017年6月30日時点の情報を基に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい ≫ 外務省 海外安全ホームページ / 厚生労働省 検疫所ホームページ

1位 日本航空満足度:4.16 昨年3位

  • 乗務員がテキパキ動き、細かい所にも気を遣っていた。(60代以上・男性)
  • 子連れだった為、泣いた時もありましたが、他のお客様のことも考え、安全にあやせる場所を探してくれました。(20代・女性)
航空会社の詳細情報を見る

3位 ANA満足度:4.00 昨年1位

  • 適切なかつ丁寧な対応でした。(50代・男性)
  • 1歳の息子を連れていたので、乗務員さんがとても気にかけてくれていた。(30代・女性)
航空会社の詳細情報を見る

7位 フィンエアー(フィンランド航空)満足度:3.83 昨年6位

航空会社の詳細情報を見る

エアライン最新動向


日本航空のボーイング777ではエコノミーが横9列に対し、プレエコは8列で少しゆったりしている

ちょっとだけ贅沢にプレミアムエコノミー

近年多くなったのがプレミアムエコノミーである。エコノミークラスと、豪華になったビジネスクラスの中間を埋める存在で、観光客の利用も多くなった。「ビジネスクラスほど贅沢はできないが、快適な旅をしたい」という需要が高いのだ。現地での疲れを軽減するため、往路のみプレミアムエコノミーを利用したり、空席があれば当日に空港でアップグレードしたりといった利用法もあり、マイル特典利用でも可能だ(当日のアップグレードはラウンジ利用などができないことが多いが割安に、座席のサービスがランクアップする)。ぜひ一度体験してみよう。


他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

フライトスケジュール(飛行機の時刻表)