世界の絶景 〜第1弾 〜中国編〜〜

中国の絶景ポイント9選

  • 九寨溝・黄龍(五彩池)

    九寨溝・黄龍 〜五彩池〜 夢幻を映すコバルトブルーの湖水 四川省の懐深くに広がる仙境の地、九寨溝。コバルト色の水を湛えた湖沼や瀑布の数々は「九寨溝を見ずして中国の水を見たといわず」と謳われる絶景ぶり。一方、黄龍はターコイズブルーに輝く棚田状の湖沼群が見ものだ。

    ここに行く旅行を探す



  • 敦煌(鳴沙山)

    敦煌 〜鳴沙山〜 ロマンをかきたてる砂漠の大画廊 シルクロードの分岐点として栄えた砂漠の都市。周辺には美しい砂丘が連なる鳴沙山、神秘のオアシス月牙泉、ほか多数の名所旧跡が点在する。中でも鳴沙山の岩壁に掘られた世界遺産の石窟、莫高窟は旅のハイライト。

    ここに行く旅行を探す



  • 桂林(漓江)

    桂林 〜漓江〜 奇山秀水の絶景が続く川下りの旅 桂林最大の楽しみは、屹立する岩山群を眺めながら澄んだ川の流れに乗って旅する漓江下り。時間をかけて山水画の世界を堪能した後は、船の終着地である陽朔のノスタルジックな街並みを散策してみよう。

    ここに行く旅行を探す



  • 北京(万里の長城)

    北京 〜万里の長城〜 悠久の歴史を象徴する大いなる壁 全長約6000kmといわれていたが、実は8851.8kmもあることが最近明らかになった万里の長城。 山々の尾根を蛇行しながら続く城壁はあたかも巨大な龍の姿を見るようで、改めて中国悠久の歴史を実感してしまう。

    ここに行く旅行を探す



  • 杭州(西湖)

    杭州 〜西湖〜 絶世の美女を思わせる麗しい湖 マルコポーロが「世界で最も美しく華やかな街」と称賛した杭州の自慢は西湖。春秋時代の美女・西施にちなむ名を持つだけに、いつ見ても格別の美しさだ。「断橋残雪」「曲院風荷」等からなる西湖十景を巡ってみたい。

    ここに行く旅行を探す



  • 麗江(旧市街)

    麗江 〜旧市街〜 山岳地帯に広がるシャングリラ 豊かな自然に囲まれた山岳都市・麗江は少数民族ナシ族のかつての王都。現在も多くのナシ族の人々が暮らし、独特の町並みや文化風習を守っている。黛色の屋根瓦が海のように続く旧市街の眺めは郷愁感たっぷり。

    ここに行く旅行を探す



  • 拉薩(ポタラ宮)

    拉薩 〜ポタラ宮〜 主なき聖地を見守り続ける宮殿 チベット仏教文化の中心であり、チベット自治区の首府でもあるラサ。マルポリの丘には、ダライ・ラマという主を失ったポタラ宮が鎮座し街を見下ろしている。現在は博物館として一部公開され、玉座や霊塔などを見学可能。

    ここに行く旅行を探す



  • 西安(兵馬俑)

    西安 〜兵馬俑〜 始皇帝を永遠に守る驚異の軍隊 西安は秦始皇帝の兵馬俑で有名。当時の軍隊が突如目の前に現れたような圧倒的なスケールには誰もが息をのむはず。8千体以上に及ぶ兵俑の中に同じ顔は2つとなく、衣装や武器がそれぞれに異なっているのにも驚きだ。

    ここに行く旅行を探す



  • 上海(外灘の夜景)

    上海 〜外灘の夜景〜 魔都上海の面影を残す元・租界地 外灘地区を彩るレトロな西洋建築群は、ここがイギリスやフランスの租界だった時代の置き土産。散策すれば、繁栄を極めた往時の様子が目に浮かぶようだ。ライトアップされる夕暮れからはさらに優美な雰囲気に。

    ここに行く旅行を探す




渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ

中国の基本情報

国名 中華人民共和国
アクセス 東京から上海へは約3時間、北京へは約3時間半。それぞれ羽田発の便、直行便があり便利。
時差 日本との時差はマイナス1時間。
通貨 元。2009年5月現在、1元=約15円。
ビザ 観光目的で15日以内の滞在であれば不要。(日本国籍に限る)16日以上の場合は必要。

上記は2009年5月時点の情報です。最新情報は渡航前にご自身でご確認ください。


中国のエリア別ベストシーズン

東北 大連・ハルピン・瀋陽など。
4月まではやや寒く、5〜8月がベストシーズン。
華北 北京・青島など。
春・秋が快適な気候だが、春の一時期には黄砂が舞うことも。9月頃が最も快適。
華東 上海・蘇州・杭州など。
東京に近い気候。夏はかなり蒸し暑い。上海蟹は9〜11月が食べ頃。
華南 広州・海南島・桂林など。
10〜11月がベストシーズン。昼間なら半袖でも過ごせるくらい暖かい。
西南 九寨溝・成都・麗江・チベットなど。
都市ごと、季節ごとに魅力が異なるが、総じて秋が無難。
西北 西安・敦煌・ウルムチなど。
シルクロードの夏は酷暑、冬は厳寒。天候が安定する秋がおすすめ。

他の地域の絶景スポットを見る


»世界の絶景シリーズをもっとみる