ドイツ北部・メルヘン街道とハンザ都市巡り

ドイツ北部・メルヘン街道とハンザ都市巡り

  • ドイツの食
  • 西部ドイツ
  • 東部ドイツ
  • 南部ドイツ
  • 北部ドイツ
  • 古城ホテル

北部ドイツ グリム兄弟の生地ハーナウ、育った地シュタイナウを起点に、童話の舞台となった地を訪れよう。足を延ばして北部ハンザ同盟都市には知る人ぞ知る、まだ定番の観光スポット化していないこだわりのスポットも沢山あるのでチェック!

グリム兄弟とグリム童話MAP
  1. グリム兄弟が幼年時代を過ごした町 1ハーナウとシュタイナウ

    イメージ
    ハーナウに立つ
    グリム兄弟像

    グリム兄弟はハーナウに生まれたが大戦で生家は焼け落ちマルクト広場に兄弟の銅像だけがある。幼い兄弟が移り住んだシュタイナウには一家が住んだ家が保存され博物館になっている。グリム童話の操り人形劇場も楽しい。

    ハーナウとシュタイナウへはフランクフルトから
  2. グリム兄弟が最も長く過ごしたゆかり深い町 2カッセル

    イメージ
    世界遺産の丘陵公園

    グリム兄弟が童話集を出した町で、中心部の、かつて兄弟が住んでいた家のすぐ近くにグリム兄弟博物館がある。館内には世界記憶遺産となった初版本や多くの資料が展示されている。町の西には世界自然遺産であるヴィルヘルムスヘーエ丘陵が広がり、宮殿(美術館)もある。

    カッセルへ行くツアーはこちら
  1. 童話にも伝説にも登場するホレおばさんの古里 3バート・ゾーデン・アレンドルフ

    イメージ
    ずらり並んだ木骨家屋の美しさ

    ヴェラ川の左岸は温泉保養地で"ホレおばさんの泉"と呼ばれる源泉がある。右岸は木組の家が並ぶ美しい町で、市門の外にシューベルトの『菩提樹』のモデルになった菩提樹が今も大木となって立っている。

    バート・ゾーデン・アレンドルフへはカッセルから
  2. 世界に知られる 『ハーメルンのネズミ捕り男』 4ハーメルン

    イメージ
    夏場の毎週日曜日に野外劇がある

    鼠退治の報酬を払わなかった仕返しに男は町の子供達を連れ去った。13世紀に起こったとされる伝説は今も息づき、町の中は鼠グッズで溢れる。不気味な伝説とは裏腹に、通りには石造りと木骨の館が並ぶ大変美しい町。

    ハーメルンへ行くツアーはこちら
  3. 終着地で『ブレーメンの音楽隊』が待つ 5ブレーメン

    イメージ
    市庁舎とローラント像は世界遺産

    煉瓦の家並が美しいベッチャー通りや小さな古い家がひしめき合うシュノーア地区など、趣のある道がいっぱい。マルクト広場の巨大なローラント像とルネサンス様式の市庁舎は世界文化遺産。市庁舎西脇に『ブレーメンの音楽隊』の銅像が立っている。

    ブレーメンへ行くツアーはこちら
  1. 今も“ハンザ都市ハンブルク”のHHを掲げる 6ハンブルク

    イメージ
    ハンザの富は豪華な市庁舎で判る

    ドイツ第2の都市で博物館・美術館が非常に充実。ジャーナリズムとファッションの街なので垢抜けた人々が通りを闊歩する。中心部に大きな湖が2つもあり、運河も多くて爽やかな雰囲気がみなぎっている。エルベ河畔に開けた港の雰囲気も抜群にいい。

    ハンブルクへ行くツアーはこちら
  2. ハンザの盟主として栄えていた面影が残る 7リューベック

    イメージ
    かつての市門だったホルステン門

    市庁舎をはじめ裕福なハンザ商人の館など、どっしりと重厚な煉瓦の建物が目を引く。ハンザで潤った富は町の福祉施設につぎ込まれた。かつてのハンザ商館や美しい中庭を持つ福祉施設は観光名所になり、庭の見学や通りぬけは自由にできる。

    リューベックへ行くツアーはこちら
  3. 20世紀ヨーロッパの歴史がこの町で判る 8ベルリン

    イメージ
    再開発された斬新なポツダム広場

    最もドイツらしくないのがベルリンと言われるように、斬新で流動的な大都会。古き良き時代の面影はないが芸術文化のパワーが街にみなぎる。隣町ポツダムへは日帰り観光が可能。

    ベルリンへ行くツアーはこちら

ドイツ北部を巡る、おすすめ周遊モデルプラン

1日目 成田発

フランクフルト着
  • 【午前】成田発 フランクフルトへ
  • 【午後・夜】フランクフルト着
    混載車にてホテルまで送迎。
    ホテル着後、ひと休み。
2日目 フランクフルト

ハーナウ

シュタイナウ

カッセル
  • メルヘン街道の旅開始
  • フランクフルト中央駅へ
    フランクフルト〜カッセルへ:電車で約1時間半
    *レイルパスを利用して、ハーナウやその他グリムゆかりの街を観光
  • ハーナウはグリム兄弟誕生の地です。
    ・フランクフルト〜ハーナウ:電車で約15分
    ・ハーナウ〜シュタイナウ:電車で約35分
    ・ハーナウ〜カッセル:電車で約15分

イチオシスポット!ロストック

イメージ
郊外のリゾート地ヴァルネミュンデ

中心部は戦災で昔の町並みが失せたがバルト海に面したヴァルネミュンデには古い漁村の家並が残り海辺のリゾート地になっている。SLモーリー号に乗るにも便利でハイリゲンダムなど海の高級リゾート地へ行く拠点になっている。

3日目 カッセル
  • 【終日】自由行動
  • カッセルの町並みを、堪能
    *ヘルクルスからの絶景を楽しもう
    *レイルパスを利用してグリム童話ゆかりの近隣都市を訪れてみよう
4日目 カッセル

ハノーファー

ハーメルン

ブレーメンへ
  • カッセル〜ブレーメンへ:ハノーファー乗換で約2時間20分
    *レイルパス利用なのでハーメルンやその他グリムゆかりの街を
    訪れよう
  • ハーメルンは「ハーメルンの笛吹き男」で有名な街
    ・<電車>カッセル〜ハーメルン:ハノーファー乗換で約2時間
    ・<電車>ハーメルン〜ブレーメン:ハノーファー乗換で約2時間

イチオシスポット!シュトラールズント

イメージ
ハンザ会議も開かれた由緒ある町

かつてのハンザ商館は保存されてホテルやレストランになっている。ドイツ最北東のリューゲン島へは橋を渡って行ける近さ。リューゲン島の白亜の別荘が建ち並ぶ海辺リゾートへの拠点都市、そしてハンザの文化を学ぶ町でもある。

5日目 ブレーメン
  • 【終日】自由行動
  • ブレーメンの町並みを散策
    レイルパスを利用してグリム童話ゆかりの近隣都市も観光
6日目 ブレーメン

ハンブルグへ
  • 【終日】自由行動
  • ブレーメン〜ハンブルクへ:約1時間
7日目 ハンブルグ

アムステルダム
(オランダへ!)
  • 【午後】ハンブルクから飛行機でアムステルダムへ
8日目 アムステルダム
  • アムステルダム市内を観光
9日目 アムステルダム発

成田着
  • アムステルダムから成田へ

ドイツTOPへ


渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ