リラックスの旅_究極のバカンスへ!

究極のバカンスへ!

究極のバカンスへ!
日常を忘れてとことんバカンスを楽しむなら、スペシャル感があるところへ行きたい!陸路からは行くことの出来ない秘境や、動物たちとのふれあい、目の前に広がる見たことのない光景の数々に思わず笑顔に。そんな、最高のリゾート地に出かけませんか?

言葉に出来ない感動 ヨーロッパの旅 −ギリシャ/スペイン−

ギリシャのイオニア海に浮かぶ島、ザキントス島にあるナヴァイオビーチは、周りを断崖絶壁に挟まれた、船でしか辿り着けない秘境。「ナヴァイオ」はギリシャ語で「難破船」。その名の通り、このビーチにはかつて密輸船だったパナギオティス号がギリシャの海軍に追われ、座礁したままの姿で眠っています。その姿はまるで映画のワンシーン。オススメは崖の上にせり出す展望台からの眺めです。眼下に広がるターコイズ・ブルーの海と真っ白な砂浜は、そのスケールの大きさに驚かされます。
スペインの東、地中海に浮かぶバレアレス諸島は晴れた日が年間で300日を超えるリゾート地。マヨルカ、メノルカ、イビサ、フォルメンテーラ、カブレラなどの島々で構成されており、時間の許す限りアイランドホッピングしたくなる・・・。島ごとに違う表情を持ち、しっとりした大人の時間が過ごせるビーチも、童心に戻ってはしゃいでしまうビーチもあります。
宝石のように輝く海に会えるヨーロッパの旅。少し長めの休みをとって出かけてみては。

最高級のビーチリゾート 中南米の旅 −キューバ/メキシコ−

「カリブの真珠」と讃えられるキューバ。コロニアル調の街並みと手つかずの大自然が同居するカリブ海最大の島です。バラデロは眩しいくらい白い砂浜のビーチが約22kmに渡って続く、キューバ最大のビーチリゾート。メキシコ湾に面していますが、海の色はまさにカリビアンブルー。鮮やかな青は疲れた心を癒し、ポジティブな気分にしてくれます。夜はビーチでサルサやショーを楽しんで。
大西洋と太平洋の両側を見渡す海岸に恵まれている太陽の国・メキシコは、ビーチの数が450にも上り、楽しみ方はそれ以上に広がります。中でもバカンス地として人気が高いのがカボ・サン・ルーカス。世界で一番、海洋生物が棲みやすい場所で、運が良ければウミガメの産卵に遭遇したり、野生のアシカやマンタとスキューバダイビングを楽しむことも。1月から3月にかけては、全長20mもあるクジラのダイナミックな動きを体験できるホエールウォッチングも人気。
ひと味もふた味も違う経験ができる中南米の旅。生命あふれるリゾートを肌で感じて。

手つかずの自然 アフリカの旅 −セイシェル/モーリシャス−

アフリカ大陸の東沖のインド洋に浮かぶセイシェル諸島。マヘ島、ラディーグ島、プララン島など115の島々から構成されています。グリーン豊かな森と、きめ細かな白い砂浜、透き通るようなライトブルーの海が織りなすロマンティックな美しさは、世界中の人々に愛されており、ウィリアム王子とキャサリン妃もハネムーンで訪れました。
同じくインド洋に浮かぶモーリシャス島は、周りをレースのような珊瑚に囲まれ「インド洋の美しい貴婦人」と呼ばれています。その美しさは「トム・ソーヤーの冒険」の作者、マーク・ トウェインが「神はモーリシャスを最初に創り、モーリシャスを真似て天国を創った」という言葉を残しているほど。みどころは海の中にある巨大な幻の滝。南西部の上空から下を見た時だけ姿を現す滝は、波によって珊瑚が破壊され、凹みに珊瑚が流されて集まることによって作りだしている錯覚なのだとか。
自然のエネルギーを全身で感じるアフリカの旅。世界中のセレブが訪れるリゾート地を、心ゆくまで堪能して。

ページ上部へ↑

旅は極上のHealing TOPへ

渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ  /  海外旅行での感染症予防について