海外旅行での感染症予防について

海外旅行での感染症予防について

楽しい海外旅行ですが、渡航先によっては思わぬ感染症が流行している場合があります。
感染症についての正しい知識、その予防法や対処法を身につけ、できるだけ感染リスクを回避するよう心がけましょう。

海外での感染症とは?

海外では、通常は日本ではあまりかかることのない感染症が流行している地域もあります。出発前には、渡航予定先でどんな病気があるかなどを調べ、事前に予防対策をとりましょう。ここでは代表的な感染症とその予防法について述べていきます。

海外で注意したい代表的な感染症
  • E型肝炎
    主な感染源
    食べ物/水
    【予防方法】
    ・十分火の通った食べ物を食べる。
    ・生肉は食べない。
    【予防接種】
    -
  • ノロウイルス
    主な感染源
    食べ物/水
    【予防方法】
    ・十分火の通った食べ物を食べる。
    ・二次感染に注意する。
    【予防接種】
    -
  • マラリア
    主な感染源
    【予防方法】
    ・夜間外出を控える。
    ・蚊帳・虫除けローションの使用。
    ・長袖・長ズボンの着用。
    【予防接種】
    予防薬(飲み薬)
  • 黄熱
    主な感染源
    【予防方法】
    ・虫除けローションの使用。
    ・室内での蚊取り線香の使用など。
    【予防接種】
    発生地域では必須
  • デング熱
    主な感染源
    【予防方法】
    ・虫除けローションの使用。
    ・室内での蚊取り線香の使用など。
    【予防接種】
    -
  • 鳥インフルエンザ
    主な感染源
    動物
    【予防方法】
    ・農家、市場、動物園などの鳥類との接触を避ける。
    ・手洗い、うがい。
    【予防接種】
    -

予防対策はどうすればいいの?

  • 渡航前のワクチン接種

    アフリカや南米では、渡航国によって黄熱病のワクチン接種が義務づけられている国があります。また、仕事などで海外に行く場合は、衛生環境が厳しい場所に長期滞在することもあると思いますので、その地域で発生している感染症を調べ、予防接種を受けておくといいでしょう。予防接種が有効な感染症には破傷風、A型肝炎、B型肝炎、狂犬病などがあります。ワクチン接種は都道府県の検疫所や指定クリニックで接種することができます。

  • 予防のための持ち物

    万が一、重い感染症にかかってしまったら病院に行くことになりますが、まずはかからないことが大切です。感染症は体力が落ちたときにかかりやすい傾向があるので、「下痢止めや抗生物質などの常備薬」は持参しましょう。慢性の病気がある場合は、常備薬の英文表記も用意しておくことをおすすめします。ほかには蚊やダニなどの虫が媒介する感染症を防ぐための「虫除けスプレーやクリーム」、手や食器を拭くための「除菌ティッシュ」、乾燥や砂埃で喉を痛めないための「マスク」などを日本から持っていくとよいでしょう。

  • もしもの時の為の保険

    たとえ用心しても、病気になってしまうことはあるもの。どんなに短い旅行でも必ず海外旅行傷害保険に入っておきましょう。海外では日本の健康保険証は使えませんし、国によっては医療費が高額になる場合もあります。海外旅行保険では、現地での提携病院を知らせてくれたり、キャッシュレスのサービスを受けられたりするものも。ただし保険会社や種類によって条件や補償額が異なるので、事前にしっかりチェックしておきましょう。とくにクレジットカードに付帯している保険の場合は、出発前にクレジットカード会社に保険内容の詳細をご確認下さい。

  • 政府関連情報を事前に確認

    厚生労働省検疫所や外務省では、ホームページで海外の安全に関する情報を発信しています。旅行先や旅行プランにあわせて感染症情報を確認しておきましょう。