海外旅行での感染症予防について

海外旅行での感染症予防について

楽しい海外旅行ですが、渡航先によっては思わぬ感染症が流行している場合があります。
感染症についての正しい知識、その予防法や対処法を身につけ、できるだけ感染リスクを回避するよう心がけましょう。

旅行先で気を付けたいこと

感染症による病気の多くは、事前に知識を持って予防することで、感染リスクを減らすことができます。旅先でどんな種類の病気が流行しているのかを調べて対策を練り、旅行中は注意を怠らないようにしましょう。汚染地域では生ものや生水は口にしない、蚊に刺されないように日が落ちてからは肌を露出しないなどは鉄則です。

旅行先で気を付けるポイント
  • 手洗いをこまめにしよう

    食事の前には必ず石けんと水で手を洗いましょう。きれいな水が使えない場合は手洗い後にアルコール成分を含む衛生用品の利用が効果的です。

  • 生水を飲まないようにしよう

    未開封の市販の飲料水が最も安全です。水道水は、しっかりと沸騰させてから飲みましょう。水を沸騰させることができない場合には、飲料水消毒用薬剤を使用してください。歯磨きやシャワーも口に水が入ることがあるので注意。

  • 氷を避けるようにしよう

    衛生管理が徹底されていない飲食店で提供される氷は、病原体に汚染されていることがあるので注意しましょう。自分で氷を作る場合は、未開封の市販の飲料水を使用しましょう。

  • 完全に火の通った食べ物を食べよう

    生鮮魚介類や生肉などは食べずに、十分に加熱された物を食べましょう。 加熱料理された料理であっても何時間も室温で保管されていると、病原体が増えてしまいます。屋台や不衛生な飲食店では、作り置きされている料理が出される事があるので注意しましょう。

  • サラダや生の野菜は避けよう

    野菜類は生水を用いて処理されている場合など、病原体に汚染されていることがあります。野菜やフルーツなどは、自分で皮をむいたものを食べましょう。

海外で病気になった時のために

  • 海外の医療施設に関する情報収集

    緊急時に備えて、渡航目的地別にあらかじめ、海外の医療施設に関する参考情報を確認しておきましょう。
    在外公館医務官情報(外務省)

    各国の日本大使館・総領事館領事部では、日本人がよく利用する病院や日本語の通じる医者など現地医療機関の紹介も行っています。
    在外公館リスト(外務省)

  • 緊急時の連絡を記録しておきましょう

    旅先で、万が一、病気にかかったり事故に遭ったりした場合の、緊急連絡先リストを準備しておきましょう。観光中でも取り出せるように、パスポートと一緒に貴重品袋に入れる、携帯にデータを入れるなどして保管するとよいでしょう。

    <準備しておきたい緊急連絡先例>
    ・日本の緊急連絡先
    ・ツアー催行会社(日本、現地)
    ・現地日本領事館
    ・保険会社の海外緊急連絡先

帰国後の対応

  • 早めの対応が大切

    (1) 空港で健康相談をしよう!

    空港や港には検疫所が設けられています。帰国の際に、発熱や嘔吐、下痢などの症状がある方は、検疫所で係員に相談しましょう。

    (2) 気になったらすぐに病院へ

    感染症により、病気の潜伏期間が異なります。通常は短いもので数日、長いものでは1〜3週間でといわれていますが、マラリアなど寄生虫などが感染源の場合は1年以上たってから発症することもあります。帰国後具合が悪いと感じたら、「時間がたっているので関係ないだろう」と自己判断せず、早めに医療機関で受診しましょう。渡航歴や現地での滞在期間、衛生状況、どんなものを食べたのかなど、正確な情報を告げることも大切です。また、ワクチンを接種した方は、そのむねも必ず告げてください。

    (3) 帰国後でも保険が使えることも

    帰国後に発症した感染症の場合も、海外旅行保険の適用が受けられる場合があります。病気の場合、通常は帰国後72時間以内と設定されていることが多いようですが、マラリアやデング熱など特定の感染症の場合は帰国日から30日以内に治療を開始すれば、保険の対象となることも。入院費のほか、公的機関から命じられた消毒費用なども補償されることもあるので、詳しくは約款などでご確認ください。