香港ホテル 人気検索ランキング|厳選おすすめホテル

:ザ・リッツ・カールトン香港

ハーバー・アイランドルームの客室は50?uのゆったりとした広さ。キングベッドか、2つのダブルベッドのタイプが選べ、3名まで宿泊可能。

ハーバー・アイランドルームの客室は50?uのゆったりとした広さ。キングベッドか、2つのダブルベッドのタイプが選べ、3名まで宿泊可能。

なんと102階に位置する南イタリア料理の「トスカ」。昼間はパノラミックな眺望、夜はロマンチックな夜景が宝石のように広がる。

なんと102階に位置する南イタリア料理の「トスカ」。昼間はパノラミックな眺望、夜はロマンチックな夜景が宝石のように広がる。

ビルとしては世界4位、ホテルとしては「世界一」の高さを誇る。今までの高層ホテルの概念をくつがえす驚愕の高さだ。

ビルとしては世界4位、ホテルとしては「世界一」の高さを誇る。今までの高層ホテルの概念をくつがえす驚愕の高さだ。


490m、118階の世界最高の高さを誇る圧巻の絶景パノラマホテル

2011年3月、チムサーチョイ西端に誕生したICCビル最上階を占める香港最新ラグジュアリーホテル。高さなんと490m!ホテルは102?118階という圧巻のロケーションで、レセプションは103階に。2012年2月時点で「世界一高い場所にあるホテル」となっている。実際、その高さは半端ではない。312室の客室から眼下に望むのはまるでジオラマのような香港の街並みとビクトリアハーバーの眺望。対岸の香港島の名所、ビクトリアピークが同じ目線にあることに驚く。さらにランタオ島のディズニーランドの花火も見えるという。夜は見下ろす夜景が窓の外いっぱいに広がり、浮遊感を感じる。客室は男性的なシャープさとコンテンポラリーさが強調されたモダン性が特徴。極上のリネン、洗練されたアートワーク、インタラクティブな設備など最新性ある空間が新しいホテルらしい。ツメレストランは絶景のロケーションとあわせて香港のトレンドスポットになっている。特に最上階にあるバー「オゾン」はめまいがするほどの高さからの夜景とグラマラスなムードが地元香港人にも大人気。モダンさを感じる広東料理の「天龍軒」では、イベリコ豚を使ったバーベキューポークが絶品。また、本格的な南イタリア料理が堪能できる「トスカ」、チョコレートをメインにしたメニューがそろった「カフェ103」などが斬新だ。九龍の観光の中心ネイザンロード周辺まではタクシー利用で5分ほどだが、ICCビル内にもショッピング&ダイニングスポットが充実。また、空港エクスプレス鉄道のカオルーン(九龍)駅に直結するため空港からは鉄道でわずか20分。香港島のセントラル(中環)駅からはMTR(地下鉄)で3分の位置になる。

  • 住所
    International Commerce Centre, 1 Austin Road West, Kowloon, Hong Kong.
  • 電話
    852- 2263-2263
  • 客室
    デラックス・ハーバールームなどのほか、スイートを含む全312室
  • 施設
    6つのレストランとバー、スパ、プール、ビジネスセンター、ブティックなど
  • 室内
    アメニティ
    アメニティ、ティーポット、ヘアドライヤー、無料高速インターネット、テレビ、セーフティボックス、ミニバー、スリッパ、バスローブなど

:ザ・リュクス・マナー

スタジオ・ルームのツインの客室。壁に描かれた額縁、暖炉を模したインテリアなどまさにシュールなテイストが新鮮だ。女子同士のステイにお薦め!

スタジオ・ルームのツインの客室。壁に描かれた額縁、暖炉を模したインテリアなどまさにシュールなテイストが新鮮だ。女子同士のステイにお薦め!

デコラティブなイスやインテリアがキッチュなムードのレセプション。一歩出ればキンバリー・ロードの中心。

デコラティブなイスやインテリアがキッチュなムードのレセプション。一歩出ればキンバリー・ロードの中心。

鬼才シェフのスーパーエキセントリックな料理が味わえる「G.E.」。花に囲まれた個性ある個室はミニグループに対応。

鬼才シェフのスーパーエキセントリックな料理が味わえる「G.E.」。花に囲まれた個性ある個室はミニグループに対応。


ロマンチックと不思議さが溶けあった、好ロケーションのデザインホテル

ホテルのコンセプトは「シュール(奇想天外)」。それはゴシックなムードとアバンギャルドなデザイン性がミックスされたロビーに一歩、足を入れたときから実感する。ブティックや土産物店が連なる九龍のキンバリー・ロード沿いというロケーションながら、この異空間性はみごと。デザイナー、ミュージシャンなどのアジアンセレブの滞在が多いのもこのクールな雰囲気があるからこそ。客室もまた、個性的だ。『不思議の国のアリス』を思わせるようなロマンチックさと不思議さがまさにデザインホテルの真骨頂。カップルにはサファリ、ミラージュ、シックなど6つあるテーマ・スイートもそれぞれユニークな仕掛けが施されていて面白い。ツインベッドがあるのはスーペリア、スタジオ、デデラックスの客室のみ。テーマ・スイート以外はシャワーのみとなっている。無料Wi-Fiインターネットアクセス自分のiphoneにホテルのアプリをダウンロードして見せると無料のカクテルサービスなど、最先端でユニークなもてなしがあるので、滞在前には是非チェックしたい。滞在中、ホテル内の好きなところで写真を撮ってくれて、それをフレームに入れてプレゼントするサービスもあり、とにかく遊び心たっぷり。また、ダイニングのG.Eはスペインのエル・ブリ、英国のファットダックなどミシュランの3つ星を獲得したレストランでの経験を持つイタリア人のボネリシェフによる独創的なメニューが堪能できるスーパーモダンレストラン。一般的な香港のホテル、ダイニングとはひと味違う、斬新な体験がしたい向きにぜひ、お薦めしたい。

  • 住所
    39 Kimberley Road. Tsim Sha Tsui East Kowloon, HongKong.
  • 電話
    9852-3763-8888
  • 客室
    スーペリア・ルーム、プレミエ・ルーム、デラックス、テーマ・スイートを含む全159室
  • 施設
    2つのレストランとライブエンターテイメントバー、ビジネスセンターなど
  • 室内
    アメニティ
    アメニティ、ティーポット、ヘアドライヤー、高速インターネット(有料)、テレビ、セーフティボックス、ミニバー、スリッパ、バスローブなど

:W香港

遊び心ある壁のデザイン、Wオリジナルの羽毛ベッド、オリジナルのブリスのアメニティを配したワンダフルルームはキュートな印象。

遊び心ある壁のデザイン、Wオリジナルの羽毛ベッド、オリジナルのブリスのアメニティを配したワンダフルルームはキュートな印象。

73階という高層フロアにある「ウエット」と名付けられた屋外プール。九龍の高層ビルを望むパノラマビューだ。

73階という高層フロアにある「ウエット」と名付けられた屋外プール。九龍の高層ビルを望むパノラマビューだ。

カクテルを飲んだり、ゲームやネットをしたり。思いのままにくつろげる「リビングルーム」はWならではの演出がたっぷり。

カクテルを飲んだり、ゲームやネットをしたり。思いのままにくつろげる「リビングルーム」はWならではの演出がたっぷり。


日本人デザイナーも参加。遊び心たっぷりのデザインホテル

シェラトン、ウェスティンなどを傘下にするスターウッドホテルズが手がけるデザインホテルで、ソウル、モルディブに続き3番目のアジアでのWホテルとして2009年に開業。空港と直結したエアポートエクスプレスのカオルーン(九龍)駅に直結。隣接してエレメンツと呼ばれる巨大ショッピングセンターが並ぶ。世界のWホテルで共通するコンセプトが「Whatever/Whenever(お望みのものを・お望みのときに)」。i-phone片手に世界中を飛び回る次世代の若手エグゼクティブやクリエイティブなジェットセッターたちのための自由さ、オシャレな遊び心を喚起させる演出がWの個性。ワンダフル、ファビュラス(凄い!)と名付けられた客室もまさに個性あふれる空間。デザインは複数の空間デザイナーが担当し、数々のグラマラスなシーンを手がけてきた日本人デザイナー森田恭通氏もそのひとり。i-padのドッキングステーションにDVD/CDプレーヤー、映画(有料)も観られるバスタブ用液晶TV、KEF 5.1のサラウンドサウンド音響映像システムなどエンターテイメント設備も完備。スタッフもフレンドリーさを強調して、友達のようにファーストネームで呼び合うことも。堅苦しいだけのホテルサービスを払拭したホスピタリティが新鮮だ。レストランのひとつ「キッチン」は、まさにその名前のとおりレストランそのものがオープンキッチンのようで壁にはフライパンや鍋、カウンターには食材が並ぶ。中央にはゲスト同士がシェアできる大型のテーブルがあり、一種の社交スペースに。誰とでも時間を共有できるしなやかな感性を持った次世代旅行者にふさわしいホテルといえる。

  • 住所
    1 Austin Road West, Kowloon Station, Kowloon, Hong Kong.
  • 電話
    852-3717-2222
  • 客室
    ワンダフルルーム、クールコーナールーム、ファビュラスルームほか、スイートを含む全393室
  • 施設
    3つのレストランとバー、スパ、プール、ビジネスセンター、ブティックなど
  • 室内
    アメニティ
    アメニティ、ティーポット、ヘアドライヤー、無料高速インターネット、テレビ、セーフティボックス、ミニバー、バスローブ、iPodドッキングステーション、バスタブ用液晶TVなど



※記事掲載時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015年12月)
※2015年7月1日〜2015年9月30日までの期間中、エイビーロードのツアー検索でホテル指定された回数が多いホテルをランキングしました。

渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ  /  海外旅行での感染症予防について