page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

台湾の人気ホテルランキング

人気ホテルランキング

1位
1位:

コスモスホテル台北

Cosmos Hotel Taipei

デラックストリプルでは、3人旅でも一人一台のベッドを確保

デラックストリプルでは、3人旅でも一人一台のベッドを確保

コンテンポラリーな「ハンバーガー・ラボ」でグルメバーガーを

コンテンポラリーな「ハンバーガー・ラボ」でグルメバーガーを

MRT台北駅を降りてすぐ。台北のみならず、地方へ行くにも便利

MRT台北駅を降りてすぐ。台北のみならず、地方へ行くにも便利

絶好な立地、豊富な客室タイプ&居住性の高さで大人気!

MRT台北駅M3出口から徒歩1分。台湾高鉄、台湾鉄道、長距離バス、市内バスなど、台北市内はもとより地方へ行く拠点としても便利な立地。1979年開業以来、多くのリピーターに愛され、2011年には大型リニューアルを経て設備を一新、さらに快適に。コンシェルジュの国際組織“レ・クレドール・インターナショナル”認定のサービスセンターによる細やかなケアが評判高く、日本語スタッフもスタンバイしているのが心強い。12タイプある客室はすべてにバスタブとシャワートイレを装備。ダブルベッドが2台入ったファミリークワッドや、シングルベッドが3台入ったデラックストリプルなど、旅の同行者によってチョイスできる。レストランで注目したいのは、「ハンバーガー・ラボ」。魏景振シェフによるグルメバーガーをスタイリッシュな空間でいただける。朝食会場の「リリーレストラン」では西洋料理と多国籍料理、「シェイド・翠庭」では浙江料理や点心をサーブ。驚異の売り上げを誇るベーカリーも。フィットネスやサウナなどの施設に加え、インルーム・スパのリクエストもOK。

  • 住所
    台北市忠孝西路1段43號
  • 電話
    +886-2-2361-7856
  • 客室
    17階建て225室。シングルベッド3台のデラックストリプルや2種類のファミリータイプ、3種類のスイートなど、部屋タイプは12種類
  • 施設
    レストラン3、カフェラウンジ1、サウナ、フィットネスセンター、ビジネスセンター、日本語スタッフなど
  • 室内
    アメニティ
    無料Wi-Fi、テレビ(NHK受信可能)、DVDプレイヤー、ミニバー、コーヒー&紅茶セット、バスタブ、シャワートイレ、スリッパなど
2位
2位:

リージェント台北

Regent Taipei

大きな窓からビューが広がるプレミアツインは広さ56平方メートル

大きな窓からビューが広がるプレミアツインは広さ56平方メートル

2015年にリニューアルを経たメインレストラン「ブラッセリー」

2015年にリニューアルを経たメインレストラン「ブラッセリー」

シンプルなデザインに生花が彩りを添えるレセプション

シンプルなデザインに生花が彩りを添えるレセプション

格調高い雰囲気漂う、中山北路に立つエレガントなシティホテル

カルチャー、エンターテイメント、ショッピング、ビジネス、台北の魅力が詰まった中山北路に面した、台湾を代表するホテルのひとつ。538を数えるゲストルームは45平方メートル以上、大きな窓からはシティまたはパークビューが広がる。全室に形状記憶マットレスを用意し、枕は素材や硬さが異なる8種から選べるなど、心地よい眠りを追求。バスタブとシャワーブースはセパレート型、トイレにはウォシュレットを装備した快適仕様だ。レストランは7カ所。オールデイダイニングの各国料理ビュッフェ「ブラッセリー」をはじめ、和食やステーキハウス、四川・広東料理に加え、上海料理を供するプライベートレストランも。遊びやビジネスの合間のリラックスタイムには、スパ&ヘルスクラブへ。バリ島や中国、ハワイ、タイなどで古来より伝わる技法を取り入れたトリートメントが体験できる。フィットネスジムやルーフトップには見晴らしのいいプールも。また、ショッピングアーケード「リージェントギャラリア」には、世界的なラグジュアリーブランドの旗艦店が大集合。

  • 住所
    104 台湾台北市中山区中山北路二段 39 巷 3 号
  • 電話
    +886-2-2523-8000
  • 客室
    5〜20階に538室。うち、60室がスイートルーム。18階と19階にエグゼクティブフロ「アタイパンレジデンス&クラブ」あり
  • 施設
    レストラン7、バー1、プール、フィットネスセンター、スパ、ショッピングアーケードなど
  • 室内
    アメニティ
    無料Wi-Fi、テレビ、ミニバー、バスタブ、独立型シャワーブース、ウォシュレット
3位
3位:

ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ

Hotel Royal Nikko Taipei

ズボンプレッサーやシュードライヤーも装備したプレミアルーム

ズボンプレッサーやシュードライヤーも装備したプレミアルーム

緑の並木を窓の向こうに望む、メインビュッフェの「ル・カフェ」

緑の並木を窓の向こうに望む、メインビュッフェの「ル・カフェ」

格調高い雰囲気のエントランス。周辺には高級ブランド店が多数

格調高い雰囲気のエントランス。周辺には高級ブランド店が多数

中山北路の並木道にたたずむ、安心感とおもてなしの日系ホテル

MRT中山駅から徒歩3分。観光とビジネスの中心地、美しい中山北路の並木道沿いに位置。日系ホテルならではのおもてなしと、多数の日本人スタッフによる日本語サービスが受けられ、はじめての台湾でも安心。2017年に改装を経て、よりモダンに生まれ変わった。新しいコンセプトに“家”を打ち出し、自然な採光による明るい館内はくつろぎの空間に。客室は4〜12階に202。やわらかな色調の落ち着いた室内に、シャワートイレや空気清浄機、パジャマなど、快適に過ごせるアイテムを用意。スーペリアでも26平方メートルの広さを確保。ロイヤルスイートとプレミアスイートにはジャグジーやサウナも装備されている。レストランはオールデイダイニングのビュッフェ「ル・カフェ」、寿司バーが人気の本格的な日本料理「中山」、飲茶や高級広東料理の「明宮」3カ所。スパ専用ルームや高級テーラー、ショッピングプラザなど、施設は限られているものの、エグゼクティブなラインナップ。ビジネス利用も多く、会議室やプレミアラウンジ/ビジネスセンターなどが充実している。

  • 住所
    台北市中山北路2段37-1號
  • 電話
    +886-2-2542-3266
  • 客室
    4〜12階に202室。4タイプのスイートを含め7種類
  • 施設
    レストラン3、プレミアラウンジ/ビジネスセンター、レクリエーション施設、スパ専用ルーム、ベーカリー、ギフトショップ、ショッピングプラザ、日本人スタッフなど
  • 室内
    アメニティ
    無料Wi-Fi、シャワートイレ、バスタブ、LED液晶テレビ、ミニバー、湯沸かしポット、空気清浄機、セイフティボックス、パジャマ、スリッパ、ヘアドライヤーなど
4位
4位:

シーザーパークホテル台北

Caesar Park Taipei

台北駅が目の前に広がる、50平方メートルのステーションスイート

台北駅が目の前に広がる、50平方メートルのステーションスイート

朝・昼・夕食に加え、アフタヌーンティーもビュッフェスタイル

朝・昼・夕食に加え、アフタヌーンティーもビュッフェスタイル

MRT台北駅の地下通路からエレベーターでダイレクトにロビーへ

MRT台北駅の地下通路からエレベーターでダイレクトにロビーへ

台北駅舎の正面にそびえ、嬉しい施設を整えたステーションホテル

台北駅の真正面、隣には新興三越駅前店の、抜群のロケーション。地下でMRT台北駅6番出口と直結し、駅のエレベーターでホテルフロントや客室フロアへと直行できる(エレベーターはルームキーと連動式なので、セキュリティ対策もOK)。日本語を操るスタッフが多いのもポイントが高い。476室のゲストルームとスイートは6タイプ。標準クラスのスーペリアでも33平方メートルの広さを確保。ユニークなのは、ステーションスイート。台北駅の駅舎が目の前に構え、賑やかな往来を一日中眺めることができる。デラックス以上はシャワートイレが付き、スイートはバスタブとシャワーブースが別になっている。レストランは、ビュッフェの「チェッカーズ」と中国料理の「王朝レストラン」の2カ所。地下1階にはファストフードやラーメン店、コスメや雑貨ショップの入った「シーザーモール」も。フィットネスや露天ジャグジーのある屋上ガーデンに加え、スパはオーガニック認証のプロダクツを使い、シティホテルとは思えないレベルの高さ。ビジネス設備も充実している。

  • 住所
    100台北市忠孝西路一段38號
  • 電話
    +886-2-2311-5151
  • 客室
    21階建て478室。客室タイプは6種類
  • 施設
    レストラン2、eラウンジ(ビジネスセンター)、スパ、フィットネスセンター、サウナ、屋上ガーデン、露天ジャグジー、ラウンジ、宴会場、日本語スタッフなど
  • 室内
    アメニティ
    無料Wi-Fi、液晶テレビ、湯沸かしポット、冷蔵庫、ミニバー、浴衣、ヘアドライヤー、セイフティボックスなど
5位
5位:

シェラトングランド台北ホテル

Sheraton Grand Taipei Hotel

スーペリアでも32平方メートル。バスタブやシャワートイレも用意

スーペリアでも32平方メートル。バスタブやシャワートイレも用意

オールデイダイニング「キッチン12」は各国料理が並ぶビュッフェ

オールデイダイニング「キッチン12」は各国料理が並ぶビュッフェ

季節限定の屋外プール。レクリエーション施設がずらりと勢揃い

季節限定の屋外プール。レクリエーション施設がずらりと勢揃い

評判のレストラン群にレジャー&ビジネス施設、さすがの充実度

MRT善道寺駅から徒歩1分、台北駅へは車で約5分。コンビニやスーパー、市場などが徒歩圏内にある便利な立地。“楽しく健康的な滞在”をコンセプトに、アクティビティ施設を幅広く揃えた「シェラトン台北クラブ」を用意。サウナ、スカッシュコート、フィットネスセンター、マッサージパーラー、屋内&外プール、スパ、エアロビクスのクラスなど、滞在中幾度となく利用するはず。最上階の17階まで吹き抜けの建物に客室は688。開業は1981年ながら、2005年、2010年にも大規模な改装を経て、常にブラッシュアップされている。モダンな雰囲気にクラシックチャイナの優雅さを加え、機能性とデザイン性を両立。バスタブやシャワートイレ、肌触りのいい上質なバスローブやスリッパなど、心地いい滞在を叶えてくれる。レストランは、高級タイ料理やフレンチ、日本料理と寿司バー、薪窯で焼いた創作ピザ、四川&揚州料理、広東料理など、全部で9カ所も。どれも台北でも指折りのクオリティだ。商用向けに「総合ビジネスセンター」も。あらゆるニーズに対応している。

  • 住所
    台北市忠考東路1段12號
  • 電話
    +886-2-2321-5511
  • 客室
    17階建て688室(うち、スイート68室)。エグゼクティブフロアは17階にあるクラブラウンジの利用が可能
  • 施設
    レストラン9、サウナ、スカッシュコート、フィットネス、マッサージパーラー、屋内プール、屋外プール(季節限定)、スパ、日本語スタッフなど
  • 室内
    アメニティ
    無料Wi-Fi、プラズマテレビ、ミニバー、コーヒー&紅茶セット、電子レンジ、セイフティボックス、カプセルコーヒーマシーン、バスローブ、スリッパ、バスタブ、シャワートイレなど
6位
6位:

グランド ハイアット 台北

Grand Hyatt Taipei

ラウンジで専用のおもてなしが受けられるグランドプレミアルーム

ラウンジで専用のおもてなしが受けられるグランドプレミアルーム

アトリウムロビーを見下ろす「チャ ラウンジ」。アフタヌーンティーを

アトリウムロビーを見下ろす「チャ ラウンジ」。アフタヌーンティーを

大理石を使ったクールなデザインのロビー。ビジネス利用も多い

大理石を使ったクールなデザインのロビー。ビジネス利用も多い

最旬スポット「台北101」に隣接した、洗練のシティリゾート

最旬レジャーの発信地「信義ショッピングエリア」内、台北のランドマークである「台北101」に隣接。空中連絡通路を使えば、雨の日でも濡れることなく台北101へ行くことができる。また、世界貿易センター展示ホールと直結、台北国際コンベンションセンターなどにも接し、ビジネス面でも便利な立地。吹き抜けのアトリウムが都会的な建物に、850室ものゲストルームとスイートが。スタンダードでも33平方メートルを確保し、独立したウォークインシャワーや大理石のバスルームが優雅な気分に。ビューは台北101またはシティビュー。クラブルームとスイートはラウンジで朝食や夜のカクテルのサービスが受けられる。レストランとバーは9カ所あり、受賞歴を誇る実力派。ショーキッチンから活気が伝わる「ル・カフェ」は国際色豊かなビュッフェ、ほかにも高級日本料理やグリル料理、広東料理、イタリアンなど、選択肢が豊富だ。屋外温水プールや24時間利用できるフィットネスセンター、水をキーワードにしたスパなど、ウェルネス施設も抜かりなし。

  • 住所
    台北市信義区松寿路二号
  • 電話
    +886-2-2720-1200 
  • 客室
    27階建て850のゲストルームとスイート。クラブルームとスイートは22階のラウンジを利用できる
  • 施設
    レストラン&バー9、スパ、屋外温水プール、24時間利用可能なフィットネスセンター、多目的会議スペース13など
  • 室内
    アメニティ
    無料Wi-Fi、フラットテレビ、ミニバー、バスタブ、ウォークインシャワー、ジューンジェイコブス社製バスアメニティ、バスローブ、スリッパ、コーヒー&紅茶セット、コットンセット、セイフティボックスなど
7位
7位:

ミラマーガーデン台北

Miramar Garden Taipei

3メートル以上の高い天井は開放感たっぷり。台北101ビューの部屋も

3メートル以上の高い天井は開放感たっぷり。台北101ビューの部屋も

ウッドを多用し、緑を配したビュッフェレストラン「レインフォレスト」

ウッドを多用し、緑を配したビュッフェレストラン「レインフォレスト」

憩いの場、屋外プール。プールサイドのバーやカフェは夜の雰囲気も〇

憩いの場、屋外プール。プールサイドのバーやカフェは夜の雰囲気も〇

天井が高く、広々とした贅沢な客室が自慢のヨーロッパ調のホテル

「台北101」にほど近い、MRT忠孝新生駅から徒歩8分。手入れの行き届いた緑の庭園が美しい、ヨーロッパテイストのホテル。203室のゲストルームのうち、165室を占めるのが標準クラスのデラックス。アイボリー、ブラウン、ゴールドを基調とした気品漂う客室は、天井高が3.1メートル、広さは40〜42平方メートルと開放的な間取り。大きな窓からは「台北101」を望む部屋も。大理石のバスルームはバスタブと独立型のシャワーブースに分かれ、シャワートイレも装備。2015年に改装したエグゼクティブ・デラックス・ルームにいたっては天井高が3.7メートル! レストランは森を思わせるビュッフェレストラン「レインフォレスト」と、プールサイドにあるクリエイティブな軽食やグルメハンバーガーの「ライトカフェ」の2カ所。バーやベーカリーもある。街遊びやビジネスからホテルへ戻ったら、フィットネスセンターやサウナ、ジャグジーにスチームバス、屋外プールが集合した「ヴィーゴヘルスクラブ」でリラックスを。ビジネスユーザー向けに、マルチファンクション会議室もある。

  • 住所
    104-91 台湾台北市市民大道三段83号
  • 電話
    +886-2-8772-8800
  • 客室
    10階建て203室。標準クラスのデラックスルームを中心に5タイプ。広さ39.6平方メートル以上
  • 施設
    レストラン2、バー、ベーカリー、ヴィーゴヘルスクラブ(フィットネスセンター、屋外プール、サウナなど)、ビジネスセンター、マルチファンクション会議室など
  • 室内
    アメニティ
    無料Wi-Fi、40インチ液晶テレビ、コーヒー&紅茶セット、湯沸かしポット、セイフティボックス、ミニバー、無料靴磨きサービス、ウォシュレット、バスタブ、独立型シャワーブースなど
8位
8位:

シティスイーツ台北南西館

City Suites Nanxi

ダブルベッドが2台入った、約40平方メートルのファミリールーム

ダブルベッドが2台入った、約40平方メートルのファミリールーム

バラエティ豊かなビュッフェの朝食は、ロビーエリアに用意される

バラエティ豊かなビュッフェの朝食は、ロビーエリアに用意される

本や雑誌をコーヒーや紅茶片手に読み耽られるリーディングルーム

本や雑誌をコーヒーや紅茶片手に読み耽られるリーディングルーム

有名デザイナーが手掛けた、台湾西部のスタイリッシュなホテル

台北の歴史が育まれた西部に位置し、徒歩圏内に食材問屋街の迪化街(ディーホワジエ)や、縁日のような賑わいの寧夏夜市(ニンシャイエスー)がある。著名な建築家が手掛けたデザインは、木・水・石の3つのマテリアルをメインテーマとし、濃淡のベージュを組み合わせたカラーリングがスタイリッシュ。10階建て80の客室もすっきりとしたデザインで、海外から取り寄せたホームデコレーションがおしゃれだ。部屋タイプは、窓なしのスタンダードダブルルーム(7.5坪)からデラックスファミリールーム、優雅なスイートまで8種類。全室バスタブ付きで、予算に応じて部屋タイプをチョイスできる。ロビーエリア(無料Wi-Fi24時間利用可能)や、新聞や雑誌を並べた英国式リーディングルームではコーヒーや紅茶のセルフサービスコーナーを設置。自宅のようにくつろげる。朝食はロビーラウンジに中華・洋式・和食のビュッフェを用意。デザイン性を追求するのみならず、コインランドリーや荷物預かり所など便利な施設もあるのが嬉しい。

  • 住所
    台北市大同區南京西路169號
  • 電話
    +886-2-25507722
  • 客室
    10階建て80室。8タイプ
  • 施設
    レストラン、ライブラリー、コインランドリー、フィットネスセンター、ランドリーサービス、会議ホール、荷物預かり所、コンシェルジュなど
  • 室内
    アメニティ
    無料Wi-Fi、LCDテレビ、DVDステレオ、バスタブ、セイフティボックス、冷蔵庫など
9位
9位:

ザ・グランド・ホテル(円山大飯店)

The Grand Hotel

本館のデラックスルームは46平方メートル。高層階はシティビュー

本館のデラックスルームは46平方メートル。高層階はシティビュー

圓苑レストランは郷土料理の江浙料理と北方風の点心がいただける

圓苑レストランは郷土料理の江浙料理と北方風の点心がいただける

中正記念堂と同じ建築家による、宮殿のようなクラシカルホテル

中正記念堂と同じ建築家による、宮殿のようなクラシカルホテル

まるで深紅の宮殿のような壮麗な佇まいは、台湾の名建築のひとつ

日本統治時代に台湾神宮だった跡地に1952年開業。中正記念堂を手掛けた楊卓成氏による、朱色の柱に金色の瓦屋根、宮殿のような威風堂々とした外観には圧倒されるはず。西洋の建築方式に伝統的な中国の意匠をたっぷり盛り込み、館内に龍のモチーフが22万を数えるとか。開業当初から国賓クラスのゲストを迎え、憧れのホテルとして君臨し続けている。客室は本館をメインに、金龍庁と麒麟庁の3棟に500室。本館の客室は2〜9階にあり、低層ではマウンテンビュー、上層はシティビュー。金龍庁の客室は1階のみだが、1956年に建造されたクラシカルな風情。奥まった場所にある麒麟庁は「台北101」も視野に収めるビューが自慢など、それぞれに魅力が異なる。4カ所ある飲食施設のうち、メインはディナー時に100種以上の料理が並ぶ「松鶴廳」、江浙料理や熟成肉のステーキがいただけるレストランも。10階にはプレステージ専用のクラブラウンジがある。施設には2つのスパやオリンピックプール、ジムやテニスコートなど。MRT「圓山」駅から無料シャトルバスあり。

  • 住所
    台北市中山区中山北路四段一号
  • 電話
    +886-2-2886-8888
  • 客室
    14階建ての本館、金龍庁、麒麟庁の3棟からなる500室。10階にクラブラウンジあり
  • 施設
    レストラン4、スパ2、屋外のオリンピックプール、サウナ、ジム、ビジネスセンター、ショッピングセンター、テニスコートなど
  • 室内
    アメニティ
    無料Wi-Fi、液晶テレビ、ミニバー、コーヒー&紅茶セット、バスローブ、スリッパ、ヘアドライヤー、セイフティボックス、シャワートイレ(本館)など
10位
10位:

ザ・シャーウッド台北

The Sherwood Taipei

デラックスツインは広さ39.72平方メートル。バスルームは大理石

デラックスツインは広さ39.72平方メートル。バスルームは大理石

朝・昼・ディナー、休日にはアフタヌーンティーも行う「B-one」

朝・昼・ディナー、休日にはアフタヌーンティーも行う「B-one」

ドアマンが待機する、格調高い雰囲気漂う大理石のファサード

ドアマンが待機する、格調高い雰囲気漂う大理石のファサード

世界のVIP御用達、松山空港から5分のハイエンド・ホテル

松山空港から車でわずか5分に立つ、ヨーロピアンテイストのラグジュアリーホテル。ブッシュ元大統領など各国のトップが来訪したホテルだけあって、気品と重厚感に満ちている。ちなみに、台湾ドラマ『君につづく道』の舞台でもある。ドアマンに誘われて館内に進めば、シャンデリアきらめく大理石をふんだんに使ったロビーへ。フロントには日本語が堪能なスタッフが笑顔で迎えてくれる。客室は20階建て343。ベージュを基調に、やわらかなシーリングライトの光が心落ち着く。部屋タイプは8つに分かれ、標準クラスのデラックスシングルルームでも39.72平方メートルの広さを確保。全室にバスタブと独立型シャワーブースがあり、靴磨きサービスも無料。レストランはメインのビュッフェレストラン「B-one」のほか、イタリアンや中華、日本料理などが揃う。特に広東料理の「怡園」は各国のセレブを魅了する本格派だ。20階にあるヘルスセンターには外光が差す屋内プールや最新マシーンを揃えたジム、サウナルームなどリラックス施設が集合している。

  • 住所
    台北市民生東路3段111號
  • 電話
    +886-2-2718-1188
  • 客室
    20階建て343室
  • 施設
    レストラン4、バー、フィットネスセンター、スパ、屋内プール、サウナ、コンシェルジュ、ビジネスセンター、日本人スタッフなど
  • 室内
    アメニティ
    無料Wi-Fi、液晶テレビ、ミニバー、コーヒー&紅茶セット、バスローブ、バスタブ、独立型シャワーブース、靴磨き無料サービスなど

※記事掲載時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018年06月)
※2017年03月01日〜2018年02月28日までの期間中、エイビーロードのツアー検索でホテル指定された回数が多いホテルをランキングしました。

渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい >> 外務省 海外安全ホームページ / 厚生労働省 検疫所ホームページ