世界の絶景 〜第5弾 〜中南米編〜〜

中南米の絶景ポイント9選

  • マチュピチュ(ペルー)

    マチュピチュ 謎に包まれたインカの空中都市 麓からその姿を見ることができない、標高2000mを超える山上にあり、「空中都市」とも呼ばれるインカ帝国の遺跡。神殿などの建築物が残るほか、世界有数のパワースポットとしても知られる。世界遺産に登録。

    マチュピチュへ行くツアー・航空券はこちら



  • ウユニ塩湖(ボリビア)

    ウユニ塩湖 果てしなく広がる白い塩原 標高約3700m、ボリビア西部にある南北約100km、東西約250kmに及ぶ世界最大級の塩原。高低差がほとんどないため雨季には水が薄く広がり、見渡す限りに空が映りこみ、「天空の鏡」と形容される絶景が生まれる。

    ウユニ塩湖へ行くツアーはこちら
    航空券はラ パスから



  • モアイ像(チリ)

    モアイ像 絶海の孤島に並ぶ謎の人面彫刻 周囲と隔絶した太平洋上にあり、独自の文明が発展したイースター島。なかでも人面の石造彫刻のモアイ像はこの島にしかないもので、造りかけを含めると1000体近くある。何のためのものかは、いまだ謎が多い。

    モアイ像を見に行くツアーはこちら
    航空券はサンチアゴから



  • イグアスの滝(ブラジル)

    イグアスの滝 密林に囲まれた世界最大の滝 ブラジルとアルゼンチンにまたがる大小200を超える滝の集合体で、最大落差は82m、幅は2700mと世界最大級のスケールを誇る。迫力があるのはアルゼンチン側だが、全景が見渡せるのはブラジル側。世界遺産に登録。

    イグアスの滝へ行くツアー・航空券はこちら



  • チチェン・イッツァ(メキシコ)

    チチェン・イッツァ マヤ文明を代表する神殿遺跡 ユカタン半島の先端近くにあるマヤ文明の遺跡。「カステイーヨ」と名付けられた、マヤの最高神ククルカンを祀るピラミッド型神殿が有名だ。他にも天文台や球戯場、セノーテの泉などの見どころがある。世界遺産に登録。

    チチェン・イッツァへ行くツアーはこちら
    航空券はカンクンから



  • レンソイス(ブラジル)

    レンソイス 輝く白い砂丘に出現する謎の湖 広大な砂丘が白く輝く秘密は、その砂の大半が太陽光をよく反射する石英から成るため。砂丘の合間には雨季の間だけ多くの湖が出現し、その美しさも格別だ。観光地化が進んでいない分、すばらしい景観が楽しめる。

    レンソイスへ行くツアーはこちら
    航空券はサン ルイスから



  • グアナファト(メキシコ)

    グアナファト メキシコ随一のコロニアル都市 メキシコでもっとも美しいといわれるコロニアル都市。かつて銀の産出で栄えた町で、その繁栄を物語る古い街並みの散策は、情緒たっぷり。市街を見下ろすピピラの丘からのパノラマは絶品で、夜景もおすすめだ。

    グアナファトへ行くツアーはこちら
    航空券はメキシコシティから



  • カンクンのビーチ(メキシコ)

    カンクンのビーチ カリブ海を満喫する国際リゾート ユカタン半島の先端、エメラルドグリーンの海に面して高級ホテル群が建ち並ぶ、まさに極上のリゾートエリア。ダイビングやスノーケリングのほか、トゥルムやチチェン・イツァなど周辺のマヤ遺跡の観光も楽しめる。

    カンクンへ行くツアー・航空券はこちら



  • エンジェルフォール(ベネズエラ)

    エンジェルフォール 世界最大の落差を誇る大瀑布 南米のギアナ高地にあるこの滝は、落差が979mと東京タワー約3つ分に相当する、想像を絶する高さ。落ちてくる間に滝の水は途中で拡散てしまうので、滝壺がないほどだ。水量が多い雨季はとくに迫力がある。

    エンジェルフォールへ行くツアーはこちら
    航空券はカラカスから




渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ

中南米の絶景MAP


他の地域の絶景スポットを見る


»世界の絶景シリーズをもっとみる