ロンドンの人気ホテルランキング

1位:メリディアン ピカデリー(メイフェア)

デラックスルームの室内

デラックスルームの室内

アートが随所に飾られたロビー。一歩出ればピカデリーの中心

アートが随所に飾られたロビー。一歩出ればピカデリーの中心

「ザ・テラス」はアフタヌーンティーが人気

「ザ・テラス」はアフタヌーンティーが人気


エレガントかつアートな空間と抜群のロケーション

リージェントストリートに面し、地下鉄ピカデリーサーカス駅最寄り出口まで徒歩数秒もかからないという観光&ショッピングに最高のロケーション。クラシックな建物を入るとモダンなアートの演出が出迎える。多様なアート、芸術家たちとコラボレーションした「アンロックアート」と名付けたプロジェクトを世界展開するメリディアン。ロンドンではテート・モダン美術館とコラボを行いゲストは無料のエントランスチケットがもらえる。客室は鮮やかな赤とシルバー&ホワイトというメリディアンカラーを取り入れ、壁にはロンドンの町並みを切り取ったモノクロの写真が飾られシックかつモード感あふれる。建物はV字型で、建物の内側と外側に面した客室がある。外側に面した客室はやや、通りの音が気になるがロンドンきってのショッピング街を望む贅沢さを味わえる。歴史的建築物を使用のため、同じカテゴリーでも室内の広さ、間取りなどが若干異なるものもある。自然光あふれるレストランはアフタヌーンティーでも有名。地階にはロンドン中心とは思えない大型室内プールとサウナが圧巻だ。

  • 住所
    21 Piccadilly London, England W1J 0BH
  • 電話
    020-7734-8000
  • 客室
    クラシックルーム、デラックスルーム、クラブルーム、スイートの4カテゴリー。
  • 施設
    3つのレストラン&バー、スパ、ジム、ビジネスセンター、エグゼクティブラウンジ(エグゼクティブルーム以上)、屋内プール&サウナなど
  • 室内
    アメニティ
    オリジナルバスアメニティ、セーフティボックス、スリッパ、バスローブ、ポット、ティー&コーヒーメイキングセット、ミニバー、ヘアドライヤー、インターネット(24時間16ポンド)など

2位:グロブナー・ハウス,JWマリオット・ホテル

デラックスゲストルームの室内

デラックスゲストルームの室内

「ザ・パーク・ルーム」はアフタヌーンティーで有名。紅茶はアールグレイ発祥のジャクソンズ・オブ・ピカデリー社製

「ザ・パーク・ルーム」はアフタヌーンティーで有名。紅茶はアールグレイ発祥のジャクソンズ・オブ・ピカデリー社製

気軽に最高級のステーキやグリル料理が味わえる「JWステーキハウス」

気軽に最高級のステーキやグリル料理が味わえる「JWステーキハウス」


英国のエレガンスを堪能するロンドンを代表する高級ホテル

1920年代に建てられた歴史ある建物を使用した高級ホテル。世界最大手のホテルチェーン、マリオットインターナショナルがJWというマリオットのトップカテゴリーのホテルとして運営。重厚でラグジュアリーな空間、ハイドパークを目の前にするロケーションはロンドンらしさをたっぷりと実感させる。客室はブリティッシュエレガンスが漂い、シワひとつない純白のベッドリネン、磨きあげられた大理石のバスルームと高級感にあふれる。ブリティッシュキュイジーヌが味わえる「コリガンズ・メイフェア」はロンドンきっての社交の場。また、新しく誕生した「JWステーキハウス」はロンドンでも話題のグリル料理が人気のカジュアルなダイニング。お薦めは熟成させたアメリ産ビーフだが、前菜のクラブケーキはカニの身がみっしりで日本人好み。さらにデザートのチーズケーキはボリュームにびっくり。食べきれない場合は持ち帰りも可能なのでぜひ、トライを。最寄り駅はハイドパークコーナーだが、徒歩7分ほど。大きな荷物の場合は少々、つらいのでここはロンドンタクシーで乗りつけたい。エグゼクティブ、年配のゲストが多く、服装、マナーなどちょっと大人な滞在を意識したいホテルでもある。

  • 住所
    Park Lane, London, W1K 7TN United Kingdom
  • 電話
    020-7499-6363
  • 客室
    デラックスゲストルーム、エグゼクティブゲストルーム、スーペリアルーム、スーペリアスイートなど7カテゴリー。494室。
  • 施設
    6つのレストラン&バー、スパ、ジム、ビジネスセンター、エグゼクティブラウンジ(エグゼクティブルーム以上)など
  • 室内
    アメニティ
    オリジナルバスアメニティ、セーフティボックス、スリッパ、バスローブ、ポット、ティー&コーヒーメイキングセット、ミニバー、ヘアドライヤー、インターネット(24時間20ポンド)など

3位:ホリデイ イン ケンジントン フォーラム

エグゼクティブルームの客室。現在、TVはフラットスクリーンに代わった

エグゼクティブルームの客室。現在、TVはフラットスクリーンに代わった

ツイン仕様のスタンダードルームの室内。固めと柔らかめの枕のチョイスが全室でできるのも特徴

ツイン仕様のスタンダードルームの室内。固めと柔らかめの枕のチョイスが全室でできるのも特徴

900室以上のチェックイン&アウトをこなす広々としたレセプション

900室以上のチェックイン&アウトをこなす広々としたレセプション


カジュアルさとフレンドリーさが好感度の快適シティホテル

ピカデリー線グロースター駅から徒歩2分ほど。閑静な住宅街に位置。エアラインクルー、ビジネス使用も多く、快適なシティホテルといった位置づけでレセプションのスタッフの仕事は迅速で、しかもフレンドリー。十字型になった建物の客室はすべて外側に向いているので中庭や内側ビューはなく瀟洒なロンドンの街並みが見渡せる。カテゴリーはスタンダードルームかエグゼクティブルーム、それにスイートルームとなる。快適性で選ぶならエグゼクティブルームがお薦め。セーフティボックスやソファ、ズボンプレッサーが備わり、ミネラルウォーターの無料サービスなどが付く。スタンダードルームはデザイン性は共通だが室内がやや狭くなり、セーフティボックスはなし。ミニバーではなくミニ冷蔵庫のみとシンプルな環境になる。また、49ポンドの追加料金でドリンク、インターネット接続、e-チケットのプリントアウトなどができるプリンターなどのビジネス設備を備えたビジネスラウンジの利用が可能になる。ロビーにはレストラン、バーのほかにスターバックスが入っている。

  • 住所
    97 Cromwell Road, London, SW7 4DN, ENGLAND
  • 電話
    0871-942-9100
  • 客室
    スタンダードルーム、エグゼクティブルーム、スイートなど3カテゴリー。906室。
  • 施設
    3つのレストラン&バー、ジム、ビジネスセンター、エグゼクティブラウンジ(エグゼクティブルーム以上)など
  • 室内
    アメニティ
    オリジナルバスアメニティ、セーフティボックス(除くスタンダードルーム)、ポット、ティー&コーヒーメイキングセット、ミニバー、ヘアドライヤー、インターネット(24時間16ポンド)など

4位:K+K ホテル ジョージ

クラシックゲストルームの室内

クラシックゲストルームの室内

みごとなゲスト専用のガーデン。夏はここでのんびりするゲストも多い

みごとなゲスト専用のガーデン。夏はここでのんびりするゲストも多い

周辺でもひと際目につくヴィクトリア様式の白亜の建物

周辺でもひと際目につくヴィクトリア様式の白亜の建物


おしゃれカップルや女性同士にお薦めのスタイリッシュホテル

これぞロンドンという英国の町並みが広がるアールズコート駅から徒歩3分。瀟洒(しょうしゃ)なヴィクトリアン様式の白亜のホテルの建物が目をひく。ヨーロッパに4つ星+レベルのホテルを運営するK+Kホテルの運営で2009年に内部を改装して外観とはまったく異なり、一歩、中に入るとスタイリッシュな空間が新鮮。一見、ブティックホテルに思えるが客室は154室と中規模のホテルで日本人の利用も多い。客室はシンプルにクラシックゲストルームとエグゼクティブゲストルームの2タイプに分かれ、エグゼクティブはやや広い造りに。客室によってバスタブありとシャワーのみの部屋がミックスされているが、基本的に日本人の場合はツインベッド、バスタブ付きを提供するようにしているという。すばらしいのは緑あふれる芝生の中庭があること。このホテルにエグゼクティブラウンジはないが、ゲスト専用の空間でランチやアフタヌーンティーを食べることも可能。地下に駐車場、サウナ、ジムを備えるのもこのタイプのホテルとしては貴重。暖炉のあるバーやビストロスタイルのダイニングでシンプルなメニューの食事ができるが、周囲にはパブ、イタリアン、エスニックなどバラエティあるレストランがそろうので食べ歩きも楽しめるロケーションだ。

  • 住所
    1-15 Templeton Place London SW5 9NB
  • 電話
    020-7598-8700
  • 客室
    クラシックゲストルーム、エグゼクティブゲストルームの2カテゴリー。154室。
  • 施設
    1つのレストラン、バー、スパ、ジム、インターネットラウンジ、駐車場など
  • 室内
    アメニティ
    オリジナルバスアメニティ、セーフティボックス、スリッパ(エグゼクティブのみ)、バスローブ(エグゼクティブのみ)、ポット、ティー&コーヒーメイキングセット、ミニバー、ヘアドライヤー、無料インターネットなど

5位:ノボテル・ロンドン・ウエスト

ツインベッドにバスタブ付きの室内

ツインベッドにバスタブ付きの室内

大人2名に子供2名が利用できるファミリールーム。エキストラベッドではなく大型のソファベッドを使用する

大人2名に子供2名が利用できるファミリールーム。エキストラベッドではなく大型のソファベッドを使用する

レセプションエリアにあるゲスト専用の無料インターネットスペース

レセプションエリアにあるゲスト専用の無料インターネットスペース


ツイン×バスタブ付きの日本人向け客室が充実

ロンドン市内西に位置し、ハマースミス駅に隣接した630室を誇る大型シティホテル。コンベンションセンターに直結するためビジネスマンの利用が多い。また、キャセイ航空などエアラインのクルーの定宿にもなっているためグループ対応が徹底していて、大型バスでの到着およびチェックインは一階の専用ロビーで行い、個人客は二階(英国ではファーストフロア)のレセプションで行うシステムになっている。日本人ツアーでの利用も多いため、105室がツイン、バスタブ付きの客室になっているのが特徴。また、ノボテルはファミリーフレンドリーなホテルをポリシーにしているため、16歳未満の子供は大人と一緒であれば宿泊・朝食が無料になるのが大きな魅力。ソファベッドを使ったファミリールームは大人2人に子供2人の計4人が滞在できる空間になっているので家族連れにはうれしい。室内でのインターネットは有料だが、レセプション前に無料で利用できるマックが複数台用意されていてゲストなら誰でも利用可能。ハマースミス駅から来た場合、メインエントランスがややわかりにくいのでスーツケースをころがしての移動ならストリートビューで事前にチェックしておくといい。

  • 住所
    One Shortlands London W6 8DR
  • 電話
    020 8741-1555
  • 客室
    スーペリアルーム、エグゼクティブルーム、スイートなど3カテゴリー。630室
  • 施設
    4つのレストラン&バー、ジム、ビジネスセンター、無料コンピューターエリアなど
  • 室内
    アメニティ
    オリジナルバスアメニティ、セーフティボックス、ポット、ティー&コーヒーメイキングセット、ミニバー、ヘアドライヤー、インターネット(24時間15.50ポンド。エグゼクティブルームは無料)など


ABガイド:寺田直子

【ロンドンのホテルガイド】 寺田直子
トラベルジャーナリスト。年間150日は海外ホテル暮らし。訪れた国は60ヶ国ほど。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)などがある。
エイビーロードで「エアライン・空港」のABガイドを担当。

※記事掲載時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012年5月)
※2011年3月1日〜2012年2月29日までの期間中、エイビーロードのツアー検索でホテル指定された回数が多いホテルをランキングしました。


渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ