page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

アジア各国の物価比較特集2019

アジア各国の物価比較特集

各国での価格を日本と徹底比較

「物価が安いと言われているアジア諸国だけど、具体的には何がどのくらい違うの?」。その疑問の参考までにお答えするために、今回、移動、嗜好品、飲食品、日用品などの各国での価格を調べ、日本と比較してみた。 一言で「アジア」と言っても、中国や韓国といった東アジアと、タイやマレーシアなどの東南アジアでは雰囲気はだいぶ異なり、その国で生産されるものも違う。物価も、日本と同じくらいの国もあれば、半額以下のところも。ツアー代金が多少値が張っても、現地の物価によってはトータルの海外旅行期間にかかる費用は比較的おさえることができる。その分、普段より良いホテルに宿泊するという発想もアリ。まずは、この表を参考にして、次に国別の物価比較に進んでみよう。

「代表的な品目」(日本の物価2019)

移動

タクシー(初乗り)※1
410円
バス(初乗り)
210円
電車(初乗り)
140円

嗜好品

タバコ(1箱)※2
500円
ビール(1缶)
221円
 
 

飲食品

ハンバーガー(単品)
390円
コーラ(1本)
160円
ミネラルウォーター
(ペットボトル1本)
110円

日用品

トイレットペーパー
(1ロール)
69円
590円
 
 

<その他補足>
※1 日本の初乗り=東京23区、武蔵野市、三鷹市において公示されている「1.02km」料金。
※2 タバコ:銘柄はセブンスター(日本)

(参考)
価格は2019年2月時点。東京での価格。

日本とアジア各国の物価を、代表的な4品目で比較!

ここでは、移動、嗜好品、食料品、雑貨の項目から代表して4品目について比較してみた。移動ではどの国もタクシー(※3)がお得で、街歩きに使い出がある。お酒(ビール1缶)はマレーシアが日本とあまり変わらず、それ以外の台湾、ベトナム、中国は日本の半額以下と安くなっている。食料品はコーラを地元スーパーで購入すると、韓国と香港以外の国は日本の1/3〜半額程度の金額で購入することができる。日用雑貨は旅行時に急な雨に必要となる傘を調べると、香港以外は日本よりも安く購入できる。雑貨はモノによるが値段に品質が反映される国が多く注意が必要。

一般的な物価(現地と日本の比較2019)

<見たい品目だけ残して比較できます>

品目名をクリック!
アジア各国の物価比較グラフ

<その他補足>
※3 タクシー:初乗り距離おおよそ1km走行時の金額。韓国の初乗りは「基本料金294円+走行距離ごとに換算」のため、走行1kmで換算。

(参考)
各国の価格は、2019年2月時点の為替で計算。
マレーシア 1MYR=27.06円/タイ 1THB=3.53円/韓国 1KRW=0.098円/香港 1HKD=14.08円/台湾 1TWD=3.58円/ベトナム 1VND=0.0048円/中国 1CNY=16.3円

アジア各国の物価を詳しく見る