page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

台湾との物価を比較

アジア各国の物価比較特集

渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい   外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ

台湾の物価情報

物価は日本の6〜7割程度が目安

日本人に人気の高い台湾。物価は全体的に、日本の6〜7割程度に感じるはず。日本より高いものはあまりないが、日本と同じくらいの値段のものはかなりある。例えばコンビニで売られている食品やコーヒーなどは、日本とほぼ同じ値段。また、人気レストランや観光地のカフェなどの食事は、日本と同じかやや安い程度だ。ただし、大衆食堂やローカルレストランでの街角グルメなら日本の半額程度で、美味しい店も多い。安く感じられるのは交通費で、タクシー代は半額以下、台北の地下鉄など公共交通機関も発達しているので、全体的に低く抑えることができる。宿泊費はホテルのランクや立地にもよるが、日本の同条件のものよりやや安い程度。ただし、台北以外の地方都市なら、かなり安くなる。

台湾との相場比較グラフ
タクシー
(2km)
バス 電車 タバコ
(1箱)
ビール
(350mL)
ハンバーガー
セット
コーラ
(500mL)
ミネラル
ウォーター
トイレット
ペーパー
日本 730円 210円 140円 460円 223円 690円 160円 110円 67円 399円
台湾 308円 56円 56円 301円 113円 448円 109円 56円 38円 376円

※為替レート 台湾:1台湾ドル=3.761円(2018年1月時点)
※日本(東京)での価格は、2018年1月時点の調査結果
※現地価格は、2018年1月時点の現地ガイド調査

台湾でお得に過ごすポイント

入場料がかかる観光地より、食べ歩きやショッピング、夜市といった街歩きが観光の中心となる台湾。交通費が安いので移動代は抑えられるし、また食事も全体的に安いので、夜市の露店といった庶民的な店から老舗の有名店まで使い分けて入ってみるといい。同じメニューでも高級店は値段が倍ほど違うが、そもそもが安いので、日本と同料金で食べられると思えば、お得感がある。チップの習慣はなく、通常は気にしないでいい。ショッピングでは、輸入ブランドは日本と同程度の価格で割安感はないので、台湾ブランドがお得。お土産はパイナップルケーキ、ウーロン茶など食品関係が割安でおすすめだ。

アジア各国の物価を詳しく見る