シンガポール 人気ホテルランキング

6位:マンダリン・オーチャード・シンガポール

混雑を避けるため、ホテルへの入り口はオーチャードロードの脇に移った

混雑を避けるため、ホテルへの入り口はオーチャードロードの脇に移った

アジアンテイストの客室。 メインタワーの客室は11年改装予定

アジアンテイストの客室。 メインタワーの客室は11年改装予定

ホテル内のコーヒーショップ“チャターボックス”のチキンライスは超有名な一品!

ホテル内のコーヒーショップ“チャターボックス”のチキンライスは超有名な一品!


利便さを最優先する人におすすめ! オーチャードロードのど真ん中のホテル

国内随一の繁華街、オーチャードロードのど真ん中という絶好の立地を誇る老舗ホテルは、大々的な改修を経て2009年にリニューアルオープンしたのを機に、ホテル名もメリタス・マンダリンから改名した。その立地やホテルに大型ショッピングアーケード“マンダリン・ギャラリー”が付随していることから、以前は混雑が絶えなかったが、改修によってホテルレセプションは5階に移され、宿泊客のプライバシーが保てるようになった。ホテルのシンボルである赤いチャイナドレスを着た女性スタッフたちは変わらずにフレンドリーだ。客室や施設に大きな特徴はないが、ホテル内に診療所もあり、マンダリン・ギャラリーは洒落たブティックや飲食店が多いと評判で、ホテルライフよりも周辺でのアクティビティを重視する場合にはおすすめだ。

<周辺情報>オーチャードロード界隈は歩いて行動できる。地下鉄駅もすぐなので、移動にも便利。

  • 住所
    333 Orchard Road
  • 電話
    65-6737-4411
  • 客室
    全1051室(オーチャードウィング、メインタワーの2棟)
  • 施設
    屋外プール、フィットネスセンター、レストラン、ビジネスセンター、ショッピングアーケード、診療所など
  • 室内
    アメニティ
    テレビ、無料ワイヤレスインターネット、コーヒー・ティーメーカー、ミニバー、セーフティボックスなど

7位:シャングリラ ホテル シンガポール

都心にありながらたっぷりとした緑に囲まれた豊かな敷地

都心にありながらたっぷりとした緑に囲まれた豊かな敷地

モダン過ぎずクラシックで落ち着いたゲストルーム

モダン過ぎずクラシックで落ち着いたゲストルーム

広々としたトロピカルムード溢れるプールは人気

広々としたトロピカルムード溢れるプールは人気


市街中心地にありながら緑溢れるサンクチュアリ、風格ある名ホテル

市内随一の繁華街オーチャードロードから高級住宅地に繋がる緑豊かなエリアに15エーカーもの広々とした敷地を誇るこのホテルは 、40年前にシャングリラホテル第1号としてオープンした格調高いエレガンスに溢れている。世界のベストホテルの数々の賞を受け、老舗の風格をたたえながら古さを感じさせないタイムレス雰囲気はさすが。吹き抜けのロビーラウンジの堂々たる円柱、目を奪われるシャンデリアのきらびやかさと、たっぷり室内に降りそそぐ自然光と屋外に広がる熱帯の緑を感じられる開放感が、エッセンス・オブ・シャングリラの香りと共にホテルに足を踏み入れる瞬間を特別な体験にしてくれる。ビジネス向けのタワーウィング、レジャー・ファミリー向けのガーデンウィングに加えて世界中からのVIPを迎えるヴァレーウィングは、専用のロビーラウンジ、プライベートバトラー付きで、エグゼクティブな滞在を求める人には是非おすすめしたい。ローズベランダでのハイティーはビュッフェも充実しており雰囲気もよい。

<周辺情報>オーチャードロードまで数分、ボタニックガーデンへも歩いて行かれるので、涼しい早朝の散歩に出かける宿泊客も多い。

  • 住所
    22 Orange Grove Road
  • 電話
    65-6737-3644
  • 客室
    全750室(タワーウィング458室、ヴァレーウィング131室、ガーデンウィングは2012年5月に再オープン予定)
  • 施設
    屋外プール、ガーデン、ミニゴルフ、レストラン、テニスコート、フィットネスセンターなど
  • 室内
    アメニティ
    フリーインターネット、テレビ、コーヒー・ティーメーカー、バスローブ、ミニバーなど(ヴァレーウィングではDVDプレイヤー、バスルーム・テレビ、枕のセレクション、ファックス・プリンター機、ウェッジウッドのティーセットなどのアメニティが付く)

8位:パン パシフィック シンガポール

近年の開発がめざましいマリーナベイ地区、ビジネスエリアの眺望を一眼することができるロケーション

近年の開発がめざましいマリーナベイ地区、ビジネスエリアの眺望を一眼することができるロケーション

現在の客室。これから改装を経て、12年の7月に生まれ変わって再オープン!

現在の客室。これから改装を経て、12年の7月に生まれ変わって再オープン!

オーセンティックな広東料理を楽しめるハイティエンロウ。昼の飲茶はエレガントで美味

オーセンティックな広東料理を楽しめるハイティエンロウ。昼の飲茶はエレガントで美味


パン・パシフィック・ブランドイメージを一新! 2012年7月大々的にリノベーション

高級ブランドホテルが立ち並ぶマリーナ地域の一角にあるホテルは36階まで吹きぬけるアトリウム空間がシンボルとなっている。見本市や会議が多く開かれるサンテックシティに隣接していることもあり、宿泊客の65%がビジネス客だが、日本人に観光客にも根強い人気がある。現在パン・パシフィックグループはブランドイメージの革新を図っており、2012年にオープン25周年を迎えるのを契機に、パブリックエリアと客室大々的なリノベーションを行う予定になっている(4月〜6月まで休館予定)。ホテルのアイデンティティである“パシフィック・タッチ”をモチーフとした色や素材を取り込んだ空間のデザイン、パシフィックエリア周辺の文化をサービスやメニューにも生かしていく。閉館中も本格的な日本庭園を持ち、接待にも多く使われるオーセンティックな日本料理店“欅”、最上階37階の中華料理店“ハイティエンロウ”、人気のスパ、“セントグレゴリースパ”は営業する。

<周辺情報>ホテルからスカイブリッジで隣接するマリーナスクエア、ミレニアウオーク、サンテック・インターナショナル・エキジビション・アンド・コンベンションセンターにアクセスできる。

  • 住所
    7 Raffles Blvd, Marina Square
  • 電話
    65-6336-8111
  • 客室
    全778室
  • 施設
    屋外プール、フィットネスセンター、スパ、レストラン、デリ(パンパシフィック自家製ソーセージは有名)、宴会場など
  • 室内
    アメニティ
    ワイヤレスインターネットアクセス、バスローブ、スリッパ、コーヒー・ティーメーカーなど

9位:グランド・ハイアット・シンガポール

スコッツロードに面したメインエントランス、周囲はいつもにぎやか

スコッツロードに面したメインエントランス、周囲はいつもにぎやか

ゲストルームはシンプルかつ機能的にデザインされている

ゲストルームはシンプルかつ機能的にデザインされている

Mezza9の奥のマティーニバーで、日が暮れる直前の美しい時間に、一杯

Mezza9の奥のマティーニバーで、日が暮れる直前の美しい時間に、一杯


抜群の利便性と、段階的な改装を終えた洗練されたインテリアデザインが人気

オーチャードロードと交差する大型商業施設が立ち並ぶスコッツ・ロードに面した抜群のロケーションで、世界中から集まるゲストでいつも賑わう。開業40年を超える老舗ホテルとして知られるが、10年をかけた段階的なリノベーションを経て、内部空間はモダンで洗練されている。デザイン改装をすべて手がけてきたのは、著名なインテリアデザイナー・杉本貴志氏。 9つの異なるキュイジーヌを自由に選べるMezza9のオープンキッチンは、新しいホテルダイニングのトレンドとして根強い人気を誇り、今やそのコンセプトはアジアから中東へと広がっている。館内は石や木、水など自然素材をふんだんに使用し、クリーンでありながらアジアンテイストが随所に盛り込まれている。“平安”を意味するスパ“DAMAI”は、トロピカルガーデンに囲まれた5階、テラスウィングに位置する癒し空間。

<周辺情報>ホテルを一歩出ればショッピングモールが林立する繁華街。オーチャード地下鉄駅にもすぐアクセスできる。

  • 住所
    10 Scotts Road
  • 電話
    65-6738-1234
  • 客室
    全662室(シティビューのグランドウィング、ガーデンビューのテラスウィング)
  • 施設
    屋外プール、フィットネスセンター、サウナ、ジャクジー、ビジネスセンター、ファンクションルーム、レストラン、バーなど
  • 室内
    アメニティ
    37インチ液晶テレビ 、高速インターネット、コーヒーメーカ、バスローブ、ヴィデオ・オン・デマンド、新聞など

10位:グッドウッド・パーク・ホテル

映画の撮影にも使われるランドマーク的なタワーは110年前のもの

映画の撮影にも使われるランドマーク的なタワーは110年前のもの

窓が開閉できる客室はシンプルなニュートラルなトーンでまとめられている

窓が開閉できる客室はシンプルなニュートラルなトーンでまとめられている

秘密の花園のようなコージーな雰囲気が魅力。メイフェアウィングのトロピカルプール

秘密の花園のようなコージーな雰囲気が魅力。メイフェアウィングのトロピカルプール


市街中心地の丘の上のランドマーク的存在のコロニアルホテル

オーチャードロードと交差する中心街のスコッツロードのなだらかな丘に建つ美しいコロニアル様式の歴史的建造物は、まさにこのエリアのランドマーク存在。繁華街にありながら、喧騒から離れた低層で落ち着いたトーンの空間が心地よい。歴史あるホテルらしく、フロントには勤続49年というスタッフもおり、世界から訪れる長年の常連客が多いのもうなずける。 ホテル内にはテラスから繋がる本館のメインプールのほかに、奥まったメイフェアウィングの中庭にもうひとつプールがあるが、ゆったり南国らしいホテルライフを楽しみたい場合には、一階のプールサイドウィングに宿泊をすすめたい。部屋のバルコニーからそのまま中庭に出ることができ、親密なムードのトロピカルガーデンプールでリラックスしたひとときを。中華料理、カフェテリアなどのレストランも有名で、果物の王様・ドリアンを使ったペストリーも名物。

<周辺情報>ショッピングモールが立ち並ぶスコッツ・オーチャードロードに立地するので、非常に便利。

  • 住所
    22 Scotts Road
  • 電話
    65-6737-7411
  • 客室
    全233室(デラックスルーム110室、デラックスプールサイドルーム8室、デラックスタワールーム15室、ジュニアスイート14室、プールサイドスイート13室など)
  • 施設
    屋外プール(メイン、メイフェア)、24時間ルームサービス、フィットネスセンター、ヘアサロン、テイラーショップ、スパ、レストラン、バー、デリなど
  • 室内
    アメニティ
    ケーブル衛星テレビ、コーヒーメーカー、バスローブ、スリッパ、ミニバー、インターネットなど



※記事掲載時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015年11月) ※2014年9月1日〜2015年8月31日までの期間中、エイビーロードのツアー検索でホテル指定された回数が多いホテルをランキングしました。

渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ  /  海外旅行での感染症予防について