世界の絶景 〜第4弾 〜東南アジア編〜〜

東南アジアの絶景ポイント9選

  • バガン(ミャンマー)

    バガン 王朝の栄華をしのばせる寺院群 イラワジ川中流域にあるバガンには、2000に及ぶという大小さまざまな仏塔や寺院が林立している。これは11〜13世紀に栄えたバガン王朝の都の名残で、寺院が多いアジアでもこれだけの数が密集しているのは稀だ。

    バガンへ行くツアーはこちら



  • ゴールデンロック(ミャンマー)

    ゴールデンロック 崖上にそびえる黄金に輝く大岩 ヤンゴンの北東約200km、チャイティーヨーの山頂付近にある金箔で覆われた大岩。伝説によると、岩の上の仏塔に納められたブッダの聖髪が、落ちないように絶妙のバランスをとっているという。不思議スポットだ。

    ゴールデンロックへ行くツアーはこちら



  • ピピ島エメラルドグリーンの海(タイ)

    ピピ島エメラルドグリーンの海 青い海と白砂のビーチが誘う 日本から手軽に行け、リゾートライフを楽しめるタイ南部の島々。そのなかでもピピ島は、海の美しさでは指折りの評判がある島。透明度が高いエメラルドグリーンの海は、絶好のスノーケリングポイントとして知られる。

    ピピ島へ行くツアーはこちら



  • メコン川

    メコン川 東南アジアの人々の源流 チベット高原に源流を発し、中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジアを流れ、海に注ぐ大河メコン。その中流域にあたるラオスでは、川に面した古都ルアンパバーンで、メコン川クルーズが楽しめる。

    メコン川周辺流域へ行くツアーはこちら



  • ハロン湾(ベトナム)

    ハロン湾 海上に林立する石灰岩が成す奇観 雨や風の侵食により石灰岩が造り出す不思議な地形は世界に数多いが、それが海上に見えるという正にここだけでしか見られない絶景がハロン湾だ。ゆったりと海上を行くクルーズで奇観を楽しみたい。

    ハロン湾へ行くツアーはこちら



  • バリ島の夕日(インドネシア)

    バリ島の夕日 海の神に祈りを込めて サーフィンからショッピングまで遊びどころ満載のバリ島だが、たまにはゆっくりと落ち着きたいときも。町から少し離れたタナロットは、海の神に捧げられたヒンドゥー寺院。夕日の絶景スポットだ。

    バリ島へ行くツアーはこちら



  • タ・プローム(カンボジア)

    タ・プローム 自然の威力を感じさせる廃墟 広大なエリアに見どころが点在するアンコール・ワットの遺跡群。なかでもインパクトが高いのがこのタ・ポロームだ。長い年月の間に巨木が寺院を侵食してしまった姿は、人の営みのはかなさを感じさせる。

    タ・プロームへ行くツアーはこちら



  • マングローブ(マレーシア)

    マングローブ 熱帯ならではの豊かな自然 海水と淡水が交じり合い、波が少なく、泥が溜まる場所に多く生育するマングローブの林。そこには豊かな生物層が作り出されている。ボートやカヤックで狭い入り江に入り、マングローブ林を観察してみよう。

    マレーシアへ行くツアーはこちら



  • エルニドのラグーン(フィリピン)

    エルニドのラグーン ジュゴンもやってくる美しい海 飛行機でしか行けない、陸の孤島とも言われるバラワン諸島。1島1コテージが主で、青く美しい海とサンゴ礁に囲まれた隠れ家的リゾートだ。ボートで島々の隙間を抜けると、隠れたラグーンとの出合いが待っている。

    エルニドへ行くツアーはこちら




渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ

他の地域の絶景スポットを見る


»世界の絶景シリーズをもっとみる