春にオススメ!海外旅行16選

渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ

春の街歩き爽やかなそよ風に吹かれて異国の街を散歩したい!

シンガポール 〜テーマパークも充実。多民族国家ならではの街歩きや食べ歩きを楽しむ。〜

赤道直下にあり、一年を通じて気温がほとんど変わらないシンガポール。観光はいつでもOKだが、日本の春先は乾季の始まりにあたり、気温もまだ高くないため比較的過ごしやすい。現地での楽しみ方はいろいろだ。

子ども連れなら、セントーサ島でユニバーサル・スタジオ・シンガポールや、マンタが泳ぐ大水槽があるマリン・ライフ・パークで1日遊ぼう。大人同士なら解禁となったカジノで遊ぶのもよし、仲のいい友人との街歩きも楽しい。多民族国家のシンガポールでは、チャイナタウンや、インド人街、アラブストリートといったそれぞれのエスニック街があるのだ。食事は「ホーカーズ」と呼ばれる屋台の集合体で、大衆的なアジア料理を食べ歩きするのが面白い。リッチなホテルでハイティーを楽しめるのも、シンガポールならではだ。

シンガポール

街歩きもビーチも多国籍街も一気に遊んじゃおう

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

台湾〜大ヒット映画のモデルとなったと言われる、昭和初期の街並にタイムスリップ〜

台北から車で約1時間。昭和初期のレトロな街並が人気の九ふんは、いまや台北観光では外せない観光地だ。九ふんは、海を望む山の斜面に佇む小さな街。急な階段、入りくんだ石畳の路地、木造家屋に赤い提灯と、ノスタルジックな情緒がたっぷりの街歩きがとても楽しい場所だ。とくに街に明かりが灯る、日暮れ時が美しい。

台湾

ノスタルジックな街並みに思わずうっとり

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

ヌメア(ニューカレドニア) 〜太平洋のプチフランスと呼ばれるコロニアルタウン。離島もおすすめ〜

南太平洋にある、フランス領ニューカレドニアの首都ヌメア。マルシェでの買い物やフレンチスイーツを堪能するなど、フレンチテイスト溢れるコロニアルタウンを楽しもう。本島の外に足をのばせば、世界遺産のラグーンに囲まれた“海の宝石”イル・デ・パン島など、美しい海が間近に!ハネムーナーにもおすすめ。

台湾

フランス文化と混ざり合った異国情緒あふれる街

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

花のある風景心をうるおす色とりどりの花たち。今年は海外でもお花見しちゃおう!

アムステルダム(オランダ) 〜チューリップやスイセンなど、美しい春の花を楽しむ絶好の季節!〜

春の花といえばチューリップ。そのチューリップが咲く風景が、毎年春の風物詩となるのがオランダだ。アムステルダム市内の花壇も飾っているが、ぜひ行って欲しいのが「世界で最も美しい春の庭園」と言われるキューケンホフ公園。ここは“球根の花のみ扱う”珍しい2ヵ月限定の花公園。色とりどりの花々を堪能しに行こう!

オランダ

色とりどりのチューリップが咲き乱れる景色は、圧巻だ

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

済州島 〜韓国の桜の花見はどんな感じ? 視界いっぱいに広がる菜の花も魅力〜

一面に咲く黄色い菜の花を見に、毎年2月末になると多くの観光客がやって来る、韓国最南端の済州島。4月中旬をピークに、「黄色いじゅうたん」という風景が見られる。また、日本の春の風物詩の花見だが、実はお隣韓国でも盛ん。とくに済州島は桜の開花が4月上旬と日本の東北地方と同じ頃なので、あわせて行ってみよう。

韓国

春になると、菜の花や桜、など多種多様の花をめでることができる

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

テーマパークぽかぽか陽気の春、外に出て思いっきりはしゃぎたい!

オーランド(アメリカ) 〜何日あっても遊び足りない! とにかくスケールが大きいテーマパーク都市〜

アメリカ南東部に位置するオーランドは、アメリカ中からファミリーがやって来るテーマパーク都市。4つのテーマパークがあるディズニーワールドを筆頭に、ユニバーサルスタジオ、シーワールド、ケネディ宇宙センターなど、人気のパークで遊びつくそう。夏は暑い亜熱帯にあるので、動きやすい春はおすすめのシーズンだ。

オーランド

世界中のゲストを受け入れるホテルもエコノミーなモーテルから高級ホテルまで充実している

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

北京(中国) 〜故宮博物院、中国文化の至宝がここに。歴史ある広大な皇帝の居城〜

北京の観光で絶対外せないのが、故宮博物院(紫禁城)だ。明・清時代に皇帝が住んでいた世界最大の宮殿で、敷地がとにかく広く、建物だけでなく展示などの見どころが充実している。2015年には開館90周年を記念して、新たに城内の5カ所が初公開されたので、すでに行った事がある人ももう一度行ってみよう。

台湾

皇帝が住んでいた世界最大の宮殿に圧倒される

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

青空ビーチ輝く海は晴れた空とセット。ベストシーズンビーチを満喫しよう!

ゴールドコースト(オーストラリア) 〜やっぱりビーチは晴れてなきゃ! 太陽に恵まれた白砂のビーチへ〜

「年間晴天率300日以上」という、オーストラリアを代表するビーチリゾートがゴールドコーストだ。日本とは季節が逆のオーストラリアだが、緯度が低いゴールドコーストは4月までは海にも入れる。42kmも続く海岸線の多くは美しいビーチになっており、その中心がサーファーズ・パラダイスだ。

ここは高層ホテルやショッピングセンター、レストランなどが集まるリゾートタウン。ダイビングやジェットスキーといったマリンスポーツができるほか、ムービーワールドやシーワールドなどのテーマパークも充実し、ビーチ以外も十分に楽しめる。また、コアラとのふれあいや世界遺産の亜熱帯林ウォーク、土ボタル観察といった、現地発ツアーも豊富だ。ツアーは一カ所滞在型から、シドニーやケアンズなどの都市を周遊するものまである。日数や目的にあわせて選ぼう。

台湾

世界有数のリゾートタウンは、マリンスポーツも街も存分に楽しめる

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

セブ島 〜アジアンビーチの穴場。ツアー期間も手ごろなものが多い〜

「アジアンビーチでひと足早い夏を過ごしたい」と考えている人におすすめなのが、美しい海が楽しめる熱帯ビーチのセブ島だ。春はまだ台風前のベストシーズン。フライト時間がわずか5時間と、プーケットやバリ島よりも近い。ダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツのほか、セブシティではショッピングも楽しめる。

台湾

人気のセブ島は日本から約5時間で行けるリゾート

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

グアム 〜短い休みでも気軽に行ける、海外旅行の筆頭格〜

一年中、海水浴ができるグアムだが、雨季は5月下旬からなので、この春は観光のベストシーズンだ。近年はオールマイティのリゾートに成りつつあるグアムなので、ビーチ以外にも楽しみがいっぱい。ウォーターパーク系のテーマパークをはじめ、家族連れならプールのアクティビティを併設したホテルに泊まるのもいい。

グアム

家族向けサービスも多く、ファミリー旅行にもぴったり

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

大自然を体感行ってみなきゃわからない!ダイナミックな自然の驚異を五感で感じよう

ホノルル(オアフ島) 〜オプショナルツアーも充実している王道観光地〜

年間を通じて楽しめるハワイだが、4月からは気温も徐々に上がり、雨も少ない乾季のベストシーズンになる。ハワイは乾燥したさわやかな気候なので、湿度の高いアジアンビーチが苦手という人も快適に楽しめるリゾート。日本からの飛行機が着くホノルル空港がある、オアフ島の代名詞とも言えるワイキキビーチから望めるのが、ダイヤモンドヘッドの勇姿だ。ハワイといえばこの風景が浮かぶ人も少なくないだろう。

ハワイ島やカウアイ島の大自然がよく注目されるが、オアフ島にも美しい自然が残る。火山の噴火口が湾になったという「ハナウマ湾」の美しいサンゴ礁、潮の満ち引きにより、わずかな時間だけ海上に現れるビーチ「サンドバー」、「タンタラスの丘」からのホノルルの夜景を堪能したい。オプショナルツアーも充実しているので、どれも行きやすい。

トルコ

王道ハワイなら、大自然観光も、ショッピングも盛りだくさん

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

コタキナバル(マレーシア) 〜青い海と緑の熱帯雨林。オランウータンにも出合えるかも!?〜

大自然を楽しむなら、やっぱり空が晴れる乾季がいい。コタキナバルは1〜5月が乾季なので、春はまさにベストシーズン。ビーチでのんびりするのもいいが、おすすめは熱帯雨林だ。オランウータンのリハビリセンター訪問や、テングザルを見に行くジャングルクルーズ、世界最大の花ラフレシア探索にチャレンジしよう。

イギリス

ジャングルの中で本物の動物と触れ合おう

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

サイパン 〜透明度は感動的! 白い砂浜とブルーの海でのんびりすごす。

グアム同様、わずか3時間半のフライトで気軽に行ける海外ビーチがサイパンだ。ただし雰囲気は、もっとのんびりしている。ツアー期間は3〜5日間で、透明度が高い海でダイビングやシュノーケルングなどが楽しめる。人気は「グロット」という海底洞窟へのダイビングや、透明度抜群のマニャガハ島へのボートトリップ。

台湾

ボートトリップで近隣の島も巡ろう

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

旬の世界遺産おさえておきたい世界遺産。春に行くならココがオススメ!

マカオ(中国) 〜植民地の面影を残す世界遺産都市でリゾート気分〜

香港から高速船でたった1時間。中国の一部でありながら、本土や香港とは異なる異国情緒を感じることができる都市が、マカオだ。近年までポルトガルの植民地だった歴史から、今も多くのコロニアル建築が残っている。ここは22の建造物と8つの広場が、「マカオ歴史地区」として世界遺産に登録されている、世界遺産都市なのだ。正面の壁だけ残して焼失した「聖ポール天主堂跡」は、マカオのシンボルといってもいいだろう。

また、マカオは、ラスベガスを抜く世界最大のカジノシティ。ショーも楽しめる高級リゾートホテルも多く、近年は香港ではなく、マカオ滞在をメインにする観光客も増加中だ。春はキリストの復活を祝うイースターホリデーや清明節、仏誕節などがあり、それに合わせたイベントも楽しみだ。

トルコ

ポルトガルの文化が残る、世界遺産がある都市

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

シェムリアップ(カンボジア) 〜春分の日はアンコールワットの真上に朝日が昇る〜

4月までは降水量も少なく、晴れの日が続くアンコールワット。この時期に行くなら、おすすめは春分の日前後だ。参道から中央塔を見ると、ちょうどその上に太陽が昇るのが、春分と秋分の日なのだ。また4月中旬にはカンボジア正月があり、合わせて行けば、伝統衣装の人々や踊りを奉納する様子が見られるかもしれない。

イギリス

ベストシーズンのシェムリアプで異文化体験!

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら

ハロン湾(ベトナム) 〜海上に浮かぶ水墨画の風景。人気の世界遺産を見にベトナムへ〜

大小3000に及ぶ石灰岩の奇岩が海に浮かび、「海の桂林」とも呼ばれるベトナム北部のハロン湾。この世界でも珍しい風景は、世界遺産にも登録されている。気温が上がってくる春先はまた乾季の終わりでもあり、観光にいいシーズンといえよう。ハノイからの日帰りもできるが、ハロン湾での船中泊もすてがたい。

台湾

珍しい風景が残る世界遺産の湾を巡ろう

今すぐツアーをCHECK!!
おすすめ情報付きツアーはこちら