海外旅行の楽しみ方(台湾編)

台湾 人気ホテルランキング 台湾 人気ホテルランキング

ショッピングも食べ歩きも、旅がしやすい台湾だから自由に動ける リピーターや旅慣れしている人におすすめのフリープラン

日本からわずかなフライト時間で、しかも旅行代金が格安な台湾。いつでも気軽に行け、しかも知れば知るほど行きたい場所が増えてくることから、リピーターが多いのもナットクだ。そんな台湾だから、旅慣れした旅行者ならフリープランを上手く利用して、自分の好きな場所に行ってみよう。さらに友人と一緒なら、街歩きやショッピングも楽しいし、おいしい料理もシェアできるからいろいろと注文できる。
 フリープランなら決まっているのは、飛行機とホテルだけ(送迎付きのものもある)。自由な時間に何をするかは、自分次第! 街歩きで雑貨を探したり、スパで自分を磨いたり、変身写真を記念に撮るのもよし! 観光が組み込まれたツアーもいいけれど、フリープランのツアーならではの旅行をしてみよう! 九ふんや淡水、猫空などへの台北からのプチトリップも、フリープランなら可能だ。


故宮博物院、中正記念堂、九?…。少ない時間で効率よく観光するなら 終日観光付きのプランを使いこなせば、観光もラクラク

台湾のツアーは2泊3日が基本。短い日程の中で、絶対に外せない見どころを回りたいなら、フリープランではなく、「終日観光付き」のツアーを選ぼう。とくに初めての台湾なら、基本的な観光名所へは行ってみたいはず。台北の観光付きのツアーでは、必見の故宮博物院などたいてい寄る場所は同じ。ただし個人で行くのと違って、すべて日本語ガイドによる説明付きだから、理解度がいっそう増す。また、観光中の食事もたいてい付いているので、見どころ付近で食事に迷うこともない。
 また、台北以外に足をのばすなら、観光地がてんこ盛りの「台湾周遊ツアー」も人気だ。周遊の場合は観光付きプランのツアーが主になる。自分で行くよりもツアーの方が割安になることも多いので、この機会に風光明媚な日月潭や太魯閣渓谷のある花蓮、台湾第2の都市の高雄などに行ってみよう。


比較的安全な台湾だからこそ、小さな子供も連れて行きたいあなたに! 同じ内容なら、子供代金や幼児代金のあるツアーが狙い目!

子供連れの海外旅行で心配なのが、現地の治安。かといって町から離れた南国ビーチばかりでは、大人は物足りない。そこで治安が良く、小さな子供にもやさしい台湾はいかが? 治安に関しては日本とほとんど同じような感覚で旅行ができるし、また台湾の人は人当たりもソフトで子供にやさしい。食事も西欧のようにマナーにうるさくないので、子連れでもレストランに入りやすいし、料理をシェアして食べられるのもいい。イザとなれば、コンビニだってある。日本からのフライト時間も短いので、子供もラクラクなのだ。
 行くと決まったら、今度はツアーに幼児代金や子供割引があるかをチェックしてみよう。そんなところでも、旅行代金が節約できる。近所へのお出かけ感覚で、バギーを持って台湾へ出かけてみよう。


おいしいものがいっぱい! やっぱり「食」が楽しみの台湾へ 街角の名物屋台から、有名シェフがいる高級レストランまで

とにかく「食」のバラエティが広いのが台湾。たとえば台北なら、ツアーにもよく組み込まれている行列必至の「鼎泰豊」など、小籠包の店は欠かせない。朝ごはんならお粥と豆漿の専門店に行きたいし、軽食なら牛肉麺や担仔麺といった麺の専門店、夕食ならリッチに北京料理や広東料理の高級店とよりどりみどり。友人たちと火鍋を囲むのも楽しい。仕上げは人気の台湾スイーツで、定番のマンゴーかき氷とタピオカミルクティーを味わおう。
 また、時間と予算、人数に応じて、食べる場所もいろいろ選べるのが台湾。なかでも一度は訪れてみたいのが、夜市の屋台街。B級グルメの食べ歩きは、病みつきになるはず。時間があるなら、茶藝館でゆったりと台湾茶と茶菓子をいただくのも、いい思い出になるだろう。


初心者にもリピーターにも楽しめる台湾だから、思い立ったらすぐに行ける! 誰にも気兼ねせず、気ままに自由ひとり旅。自分磨きにもプラス

時間が空いたので、海外旅行に行きたいけれど、一緒に行く人がいない。そんな時でもピッタリなのが、台湾旅行。日本からわずかなフライト時間なので、2泊3日などの短い休みでもたっぷり時間は取れる。何しろ日本並に治安がいいので、ひとり旅でも問題ないのだ。また、物価も日本に比べると安く、食べ歩きやショッピングも思い切り楽しめる。
 ひとり旅でおすすめなのが、夜市めぐり。混んでいると疲れるショッピングも自分のペースで歩けるし、夜市の屋台街や食堂は基本の量がひとり分なので食べ歩きがしやすい。治安もいいので、夜でも問題なし。そして女性なら、心置きなく楽しめるエステもおすすめで、心も身体もリフレッシュ! 知り合いがいるとちょっと恥ずかしい「変身写真」にも、チャレンジしてみては?


渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ  /  海外旅行での感染症予防について