誰と一緒に旅する?

年末年始特集 誰と一緒に旅する? 年末年始特集
誰と一緒に旅する?
外務省 年末年始に海外に渡航・滞在される方の安全対策のためのお知らせ

渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい >>  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ

子連れファミリーで行くならココが狙い目!

子連れファミリーで行くなら、日本から比較的渡航時間が短かかったり、現地で子供向けのサービスが充実しているところがおすすめ!
ベビーシッターサービスや、ファミリー向けのアクティビティが揃っていれば、現地で存分に楽しめます。

オアフ島(ハワイ)子連れでも安心して過ごせる施設が充実

オアフ島(ハワイ)
ビーチリゾートの王道オアフ島は、フライトやホテルの選択肢が多く、個々の旅行スタイルに合わせて自由にアレンジできる。家族向きの広めの部屋があり、キッズプログラムなど子連れ向きのサービスが充実したホテルも多いので、好みに合わせて上手に選ぼう。また、キッチンや洗濯機などの設備が揃ったコンドミニアムなら、他のゲストを気にせず家族の時間をゆったりと過ごすことができる。

グアム短い渡航時間でストレスフリーな旅を

グアム
日本各地から直行便が数多く就航し、フライト時間が約3時間半、時差も1時間と、飛行機に慣れない子供と一緒でも気が楽なのがグアム。旅行代金も他の海外ビーチリゾートと比べ割安で、家族全員で行ってもおサイフに優しい。ファミリー向けのテーマパークもあり、子供の遊び場にも不足しない。島内は治安も良く、町なかでは日本語もよく通じる。日本語OKの病院もあるので、いざという時も安心だ。

ラスベガス(アメリカ)本場のショーやテーマパークを満喫!

ラスベガス(アメリカ)
子供も大人も楽しめるエンターテインメント満載のラスベガス。シルクドソレイユなどの本格的なショーの他にも、無料でサーカスが見られるホテル、イルカやライオンに出合える水族館や動物園、チョコレートのテーマショップがあるなど、子供たちは大喜び!
レンタカーで周辺の国立公園に足を延ばすのもいいだろう。ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオがあるロサンゼルスと、併せて訪れるのもおすすめだ。

カップルで行くならココが狙い目!

カップルで行くなら、話題の新リゾートや二人っきりで独占できるビーチや、ロマンチックな街がおすすめ。
世界遺産都市を巡れば自然と二人の仲も深まるはず?

ハワイ島(ハワイ)直行便で行くロマンチックアイランド

ハワイ島(ハワイ)
これまで経由便しかなかったハワイ島だが、2016年10月末から羽田空港からの直行便が就航し、ぐっと身近になった。オアフ島より観光客も少なく、ゆったりとした時間が流れ、ハイレベルなリゾートの多いハワイ島。2人きりのロマンチックな時間を過ごすにはうってつけだ。キラウエア火山のダイナミックな景観や、マウナケア山からの満天の星空を一緒に見れば、愛が深まることはまちがいなし!?

ナポリ(イタリア)映画のワンシーンのような印象的な旅を

ナポリ(イタリア)
真っ青な海と雄大なヴェスヴィオ火山、カラフルな建物の間を石畳の小路がのびる個性的な街並み……。数多くの芸術家や旅人を魅了してきたナポリの美しい町を歩けば、映画のようなロマンチックなひとときが過ごせそう。さらにナポリは言わずと知れた美食の町。ジューシーなピザやフレッシュなシーフードは、グルメなカップルも大満足だ。ローマやミラノ、ベネチアなどから、足を延ばしてぜひ訪れたい。

ケアンズ(オーストラリア)真夏のオーストラリアで大自然にふれよう

ケアンズ(オーストラリア)
南半球にあるオーストラリアの年末年始は、夏真っ盛り。ケアンズを拠点に、世界最大級のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」を満喫しよう。アクティブな2人にはダイビングがおすすめ。日本人ガイドが同行するツアーもあるので、初心者でも安心だ。美しいサンゴ礁を眼下に、うっとりするような時間を過ごせる遊覧飛行もロマンチック。コアラやカンガルーなど、オーストラリアならではの動物たちにも癒されよう。

友達と行くならココが狙い目!

友達で行くなら、比較的リーズナブルな料金で、みんな揃ってグルメを楽しんだり観光できるところがおすすめ!
近場のアジアから、王道の観光地まで行きたいところをみつけたら、相談しよう!

台北(台湾)気の合う仲間と、安くておいしい台湾へ!

台北(台湾)
グループでワイワイ行くのが楽しい台湾。旅行代金や現地の物価が安いので友達を気軽に誘いやすく、2?3泊でも旅を満喫できるため仲間とスケジュールを合わせやすい。種類豊富な台湾グルメも、人数がいればみんなでシェアしていろいろな味を試すことができる。台北には、観光スポットやショッピング、マッサージなど、お楽しみ要素が盛りだくさんなので、朝から晩までエネルギッシュに遊び倒そう。

ドバイ(アラブ首長国連邦)少しディープなドバイをアクティブに遊ぶ

ドバイ(アラブ首長国連邦)
高級ホテルが立ち並ぶラグジュアリーなイメージのドバイも、友達と一緒ならアクティブに過ごせる。アラブの香りが強い市場「スーク」でのショッピングや、スパイスを駆使した中東グルメなど、ひとりだと少しためらうような異文化体験も、友達となら心強い。砂漠を4WDに乗って猛スピードで走り抜けるデザートサファリ(砂漠ツアー)はかなりエキサイティングなので、仲間と大いに盛り上がろう。

グランドキャニオン(アメリカ)大切な仲間と見たいダイナミックな景観

グランドキャニオン(アメリカ)
息をのむほどのグランドキャニオンの絶景は、仲間と共有すれば感動も倍増。きっと忘れられない思い出になるはずだ。公園内にはたくさんのビューポイントや見どころが点在しており、どれも見応え十分。ツアーもラスベガスからの日帰りや、3泊以上かけてじっくり巡るもの、セドナやアンテロープキャニオンなどの近くの自然スポットと一緒に回るものなどさまざま。スケジュールに合わせて選ぼう。

ひとり旅で行くならココが狙い目!

ひとりで行くなら、芸術を巡りアートと向き合ってみたり、雪深い世界にたたずむ世界遺産をそっと眺めてみたり・・・。
誰に気兼ねするでもなく、自分の思うままに旅をしてみては?

ニューヨーク(アメリカ)ハイレベルなアートとじっくり向き合う

ニューヨーク(アメリカ)
世界中から多くの人が集まり生活するニューヨークは、ひとりで暮らすように旅するスタイルがおもしろい。街中には世界的に有名な美術館や博物館が数多くあり、時代を超えた名作から最先端の現代アートまで、重要な作品に満ちている。また、ブロードウェイでは毎日さまざまなミュージカルが上演されているほか、オペラの上演やジャズのライブなども多い。レベルの高い芸術にたっぷり浸り、自分の感性を磨こう。

フランクフルト(ドイツ)静寂を楽しむ雪のロマンチック街道

フランクフルト(ドイツ)
フランクフルトを基点に訪れるロマンチック街道は、かわいらしい小さな町、豪華な城や教会を越えながら南下する、ドイツ観光のハイライトだ。緑豊かなシーズンも気持ちいいが、一面が白銀の世界に覆われる冬のロマンチック街道はとりわけ美しく、静かでぴんと張り詰めた雰囲気にはひとり旅がよく似合う。旅がクリスマスにかかるなら、ドイツ最大級の華やかさを見せるクリスマスマーケットは必見だ。

ヘルシンキ(フィンランド)ヘルシンキで北欧雑貨をお買いもの!

ヘルシンキ(フィンランド)
屋外に出る機会が減る冬のヘルシンキは、ゆっくりとショッピングを楽しむのに最適。カラフルな北欧雑貨やかわいいムーミングッズなど、じっくり探せば掘り出し物が見つかるかも。時間があれば、「石の教会」と呼ばれるテンペリアウキオ教会や、カンピ礼拝堂などの独特な北欧建築も見てみたい。また、北へ向かえば、サンタクロース村を訪れたり、オーロラ観測をしたりできるのも冬のフィンランドの魅力だ。

page top