トレッキング旅、行ってきました!ヒマラヤの山々を目指す!ネパール・トレッキング

トレッキングにおすすめの旅先

体験レポート

一緒に行った仲間とのゴーキョでの記念撮影。私(秋澤さん)は一番左

カトマンズの次に訪れた小さな町ルクラ(標高約2,850m)。次の街はパクディン(約2,610m)

途中で吊り橋を何度か渡っていく。ちょっとスリルを感じる瞬間

ルート中、一番大きなナムチェの町(3,440m)。山に沿うようにして家々が並んでいる

いろいろな買い物もできる町。海外からのトレッカーもたくさんステイしている

自分のペースを保ちながら登ろう。途中でヤクとすれ違うことも

タルチョーと呼ばれるチベット仏教の祈祷旗。登山中に何度も見かけた

ナムチェを過ぎたくらいからヒマラヤの山が見えてくる。雪をかぶっていて美しい

ドーレ(約4,040m)の山小屋。寝室には暖房がないことも多いので、暖かく過ごせる装備が大切

ついにゴーキョ(約4,790m)に到着。エメラルドグリーンが美しい氷河湖に感動

以前、ボランティアでネパールに2年間住んでいました。 ヒマラヤ山脈を見たいという憧れの気持ちがずっとあって、友人たちと休みを合わせて、 ついに行くことにしたんですよ。コースとしては12日間で、カトマンズからゴーキョを目指しました。
私たちが目指したゴーキョは氷河湖で有名な場所です。 鉱物が溶け込んでいるエメラルドグリーンの湖とヒマラヤの山々の風景が本当に素晴らしくて、 一生の思い出になりました。湖は日の光を浴びてずっとキラキラと輝いていて、バックにはエベレストも見えて……。 感激しました。日本では見られない光景でしたね。とても神秘的な雰囲気を感じました。

真ん中に見えるのがエベレスト(約8,848m)!朝日を浴びて美しく輝いていた

トレッキングでの注意点は、寒さ対策と高山病対策に尽きると思います。 山小屋での宿泊は本当に寒いので、防寒具は揃えた方がよいですね。 また私たちは12名で、1名以外はすべて女性というパーティで行ったのですが、 ほとんどの人がナムチェを超えたあたりから頭痛を訴えていました。軽い頭痛なら1日寝れば順応して治っているのですが、 人によって高度順応の速度は様々です。高山病はあなどれない病気なので、余裕があるスケジュールのツアーを選ぶのがいいと思いますよ。 そして励まし合いながら登山できるので、一緒に行くパーティは気心が知れた友達がおすすめです。

ゴーキョの頂上、ゴーキョ・ピーク(約5,360m)。ついにここまで来たんだと感動!

正直に言うと、空気も薄いし、登り坂はきつかったです。 何度もやめたいと思ったりしましたが、そう思う頃に宿泊地について、今日もなんとかがんばれた! という達成感が毎日ありました。そして、これだけの苦労をしないと見られない景色がネパールにはあります。 自然に対する畏怖の念を感じて、自分って小さいなぁって思う。 これ以上高いところに行くのは神の領域なのかな、なんて思ったりしました。無心で登った先にある風景が、自分へのごほうび。そんな旅でした。
体験者プロフィール:秋澤 美希さん
学生の頃から旅行が大好きで、アジアを中心に旅を重ねている。中国の蘇州、ネパール再訪、ハネムーンでインドネシアのパプア島などを訪れた。

トレッキング旅におすすめのモデルプラン 9日間

古くから多くの遠征隊が歩いたエベレスト街道をたどる定番コース。最も短期間で世界最高峰のエベレスト(8,848m)を望むトレッキング。
最高宿泊地点は3,400m。トレッキング開始日は約3時間の徒歩、翌日もゆっくりと坂を上がっていくので、時間をかけて標高に体を慣らすことができる。 トレッキングの後はカトマンズでのフリータイムもあるので、初めてのネパールをゆっくり楽しめる。

取材協力/アルパインツアーサービス株式会社

各地発。経由地の広州または香港へ。
乗り継いで空路カトマンズへ。着後ホテルへ。

カトマンズ泊

朝、空路ルクラへ。着後シェルパ(ネパール人現地スタッフ)、ポーターたちと合流しトレッキング開始。
パクディン(標高約2,610m)へ。

[徒歩約3時間]パクディン泊

谷沿いの道をジョサレへとたどり、エベレスト国立公園に入園。高度差600mの坂をゆっくり上り、
シェルパの里ナムチェ(約3,440m)へ。

[徒歩約6時間]ナムチェ泊

急な坂道をジャンボチェへゆっくり登り、エベレスト、
ローツェ、タウツェ、アマダブラム、タムセルクなどの
大パノラマを楽しみながらクムジュン、シャンボチェ(約3,750m)を経てナムチェへ。

[徒歩約6時間]ナムチェ泊

往路をルクラへと戻る。

[徒歩約7時間]ルクラ泊

国内線にてカトマンズへ。着後ホテルへ。

カトマンズ泊

カトマンズにてフリータイム。

カトマンズ泊

夜の出発までカトマンズにてフリータイム。
深夜カトマンズ発、経由地の広州または香港へ。

機中泊

早朝、広州または香港着。乗り継いで帰国。午後、各地着

ベストシーズン
秋(9〜11月)は長く続いた雨期が終わり、ネパールのベストシーズン。 空は青く澄み渡り、頂に雪を乗せた白い山々が青く澄んだ空に映える。トレッキングには最適。
年間の気候
5月下旬から10月中旬の雨期と、10月後半から5月中旬の乾期に大別される。 晴天率が高くなるため、山がよく見えるのは乾期。 大陸性気候のため、朝晩と日中の寒暖の差が大きく、標高差のある地域では防寒具が必要。
アクセス
バンコク経由のタイ航空利用がもっとも便利で、ネパールの首都カトマンズまで毎日運行(10日間のツアーの場合)。 そのほか、香港、韓国、中国経由のアクセスあり。

初心者でも安心!トレッキングについてのQ&A

必要最低限の持ち物は何でしょうか?
雨具、トレッキングシューズ、セーターやフリース、水筒(テルモスなど)、カメラなどです。冬場の時期は防寒着も必要です。
トイレやお風呂はどのような感じですか?
通りがかりの茶店(バッティ)などのトイレはあまりきれいではありませんが、宿泊ロッジのトイレは清潔です。 トレッキング中はお風呂には入れませんが、顔を洗う程度は可能です。下山後のホテルできれいになってください。
おすすめの歩き方や、歩くスピードについて教えてください
自分が疲れないペースで歩けるツアーをおすすめします。上記でご紹介したモデルプランには、 トレッキング中に村人とのふれあいや、バッティと呼ばれるティーハウスへの立ち寄りなどのイベントもありますし、 ゆっくり歩いても宿泊のロッジまでたどり着けます。標高が3,000mを越えるところからは、ゆっくり歩くことを特に心がけたいものです。
食事はどのような感じですか?
ネパールでは、朝はおかゆ、昼はパンやサラダなど、 夕食はお米と豆やチキンのカレーなどのおかずが楽しめます。 同行のコックさんが作るホットミールがおいしいですよ。梅干しやふりかけなどがあるとよいかもしれません。 ネパールは紅茶の産地でもあるため、紅茶が特においしいです。生水は絶対に飲まないようにしましょう。

取材協力/アルパインツアーサービス株式会社

どのくらいの体力があれば大丈夫ですか?
上記モデルプランの場合、富士山に登れる程度の体力は必要です。初心者で不安な方は、日帰りのハイキングコースなどからはじめてみるとよいでしょう。
女性の一人参加でも大丈夫ですか?
現地案内人のみを頼む形のトレッキングはお勧めできません。複数の現地スタッフがサポートするツアーを日本で手配するのがお勧めです。
高山病にならないコツはありますか?
標高3,000m以上を歩くトレッキングの場合は、高山病に対する注意が必要です。 それ以下の場合も用心は必要で、ゆっくり歩くことと呼吸法が大事です。出発前に腹式呼吸を練習しておきましょう。 また脱水症状を防ぐために水分を多くとり、こまめにトイレに行くことも心がけてください。万一具合が悪くなった場合には、すぐに周りのスタッフに相談してください。標高の低いところに早めに降りることが、最良の方法です。

女性のためのご褒美旅行トップページへ