世界の夏祭り

世界の夏祭り

世界で夏にだけ行われる、この時期にだけしか楽しめないお祭り。
そんなレアなお祭りへいきませんか?

渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい >>  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ

世界の夏祭り

ブレゲンツ音楽祭オーストリア/ブレゲンツ

湖畔に巨大な舞台装置が設営される

  • 時差-8時間
  • 渡航時間12時間
  • 通貨EUR

湖上のハイテク舞台でオペラを鑑賞!

スイス、オーストリア、ドイツの3カ国にまたがるボーデン湖。そのオーストリア側の湖畔の町ブレゲンツで毎年夏の約一ヶ月間にわたって開かれるのが、「ブレゲンツ音楽祭」だ。公演は複数の会場で行われるが、目玉はなんといっても湖上に設営された湖上舞台。ハイテクを使った大がかりな演出で上演されるオペラは、新作のたびに話題を集めている。
上演されるオペラは、とくにクラシックファンでなくても名前は知っているような有名な作品が主で、2017年はビゼーのオペラ『カルメン』が上演予定だ。開演は21時35分で、終了は24時ごろ。チケットはインターネット販売しており、客席数も多く比較的取りやすい。ブレゲンツのホテルがいっぱいでも、オペラに合わせて周辺の町からバスや船も出ているので、この夏はぜひ行ってみては?

開催日程:2017年7月19日〜8月20日で、毎週4〜5回程度上演される。

トラベルライター:前原利行

オーストリア旅行・オーストリア観光徹底ガイドを見る

2017年の夏は、湖上の劇場で有名オペラを観劇。オーストリアの「ブレゲンツ湖上音楽祭」へ!

夏のヨーロッパは天気も良く、観光旅行には最高のシーズン。もちろん旅行代金も上がり、人の数も多いですが、それも旅行には最適の季節だからでしょう。今回紹介するのは、そんな夏の盛りに開かれる「ブレゲンツ湖上音楽祭」です。

前原利行

トマティーナスペイン/バレンシア

5万人以上の人々がトマト祭りに集まる

  • 時差-8時間
  • 渡航時間14.5時間
  • 通貨EUR

世界の奇祭!? トマトをひたすらぶつけ合うお祭り

世界には意味がよくわからない不思議なお祭りがたくさんあるが、これはその中でも有名なものでは? 日本では「トマト祭り」とも紹介される「ラ・トマティーナ」は、スペインの都市バレンシアの郊外にあるバニョールという町で、8月の最終週の水曜日に行われる収穫祭だ。しかし集まった人々が何をするかといえば、トマトを食べるのではなく、トマトを投げ合ってお互いにぶつけるというもの。言われは諸説あり、また中止になった年もあるが、現在はルールを決めて行われる国際的なイベントにまで発展した。
集まった町の人口の数倍の人々。役場の合図をきっかけにトマトが満載されたトラックから参加者に配られ、人々がお互いにそれを投げ合う。もちろん上から下までトマトまみれだ(笑)。バレンシアから日帰りする人がほとんどだが、期間中はホテルが取りにくくなるので注意が必要だ。

開催日程:2017年8月30日

トラベルライター:神谷

バレンシア旅行・バレンシア観光徹底ガイドを見る

人口の5倍の人々がトマトを投げあう、トマティーナ祭り!

世界各地には、とても不思議なお祭りがありますよね。テレビで紹介され、一躍有名になったラ・トマティーナ(通称トマト祭り)も、その一つかもしれません。ただひたすら、みんなでトマトを投げ合う、祭りです。1940年代、村祭りの際に、人形の中に入って踊っていた男と若者が喧嘩になり、互いがトマトや野菜を投げ始めたことがきっかけだとか。

井戸美和子

エサラ・ペラヘラ祭スリランカ/キャンディ

仏歯寺にはブッダの歯が祭られていると言われている

  • 時差-3.5時間
  • 渡航時間8.5時間
  • 通貨LKR

「仏歯」を乗せ、電飾をつけたゾウが練り歩く

インド洋に浮かぶ島国スリランカは8つの世界遺産があるなど、コンパクトに見どころが詰まっている国だ。そのうちのひとつ、古都キャンディにはブッダの歯が祀られている「仏歯寺」がある。仏歯はスリランカの王権を正統化するものだった。そしてこの寺を中心に、毎年夏になるとスリランカ最大の祭りである「エサラ・ペラヘラ祭」が行なわれている。
このお祭りが行われるのは、シンハラ暦のエサラ月の新月からその月の満月までの2週間。期間中は毎夜、この仏歯を乗せたゾウが町中を練り歩く。その前後には、電飾に飾られたゾウ、踊り手、竹馬に乗った曲芸師などが続く華やかなパレードだ。祭りの後半に向けてその規模はどんどん大きくなり、最大でゾウ100頭、3000人の踊り子が参加するという。沿道には人が溢れ、身動きもとれなくなるので、有料席を確保するかツアーで行こう。

開催日程:2017年は7月29日〜8月7日

トラベルライター:前原利行

キャンディ旅行・キャンディ観光徹底ガイドを見る

ダンサー、曲芸師、電飾をつけたゾウ…。熱気あふれるパレード「エサラ・ペラヘラ祭」へ!

インド洋に浮かぶ島国、スリランカ。治安が安定した近年は、女性向けのアーユルヴェーダツアーや、スリランカを代表する建築家ジェフリー・バワによるデザイン性の高いリゾートホテルに泊まるツアーが人気です。

前原利行

バイロイト音楽祭ドイツ/バイロイト

オペラのために建てられたバイロイト祝祭劇場

  • 時差-8時間
  • 渡航時間11.5時間
  • 通貨EUR

オペラファンなら一生に一度は行きたい

ヨーロッパに数ある音楽祭の中でも、もっともチケットの入手が困難と言われるのが、この「バイロイト音楽祭」だ。毎年夏になるとこのドイツ南部の小都市バイロイトにある祝祭劇場では、ワーグナーの歌劇のみの上演が行われる。演目はその年によって変わるが、目玉となるのは『ニーベルングの指輪』だ。この劇場のオープニング作品として披露された作品でもあり、4夜にわたって行われる完全上演はこの音楽祭ならでは。そして奇抜な演出と最高の演奏は、常に話題の的にもなっている。
この音楽祭は、一般申し込みだと最初に当選するのは5〜10年後という“世界一チケットの入手が困難な音楽祭”としても知られる。気長に待つしかないのだが、確実に行くならチケット込みのツアーに申し込むのがいいだろう。

開催日程:2017年7月25日〜8月28日開催予定

トラベルライター:前原利行

フランクフルト旅行・フランクフルト観光徹底ガイドを見る

選ばれた人のみ入場できる!? チケット入手が困難と言われる「バイロイト音楽祭」へ行くには?

クラシック音楽好きならその名を知らない者はいないのが、ドイツの「バイロイト音楽祭」でしょう。これはワーグナーの作品のみを演目とする音楽祭で、そのチケットの入手困難さでも知られている、非常に“敷居の高い”音楽祭です。

前原利行

page top