世界遺産「パハールプルの仏教遺跡(パハールプル)」の詳細情報

バングラディシュの世界遺産・名所ガイド

Ruins of the Buddhist Vihara at Paharpur

パハールプルの仏教遺跡

名称:パハールプルの仏教遺跡(バングラディシュ
英語名称:Ruins of the Buddhist Vihara at Paharpur
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1985年

仏教を奨励するために建立された僧院ソーマプラ・マハーヴィハーラ

バングラデシュの首都ダッカの北西にある「パハールプルの仏教遺跡」は、東インド地方最大の仏教寺院遺跡だ。パハールプルは、8世紀半ばからパーラ朝に支配され、その時代に仏教寺院が多数建設された。1925年に行われた発掘調査により、パーラ朝時代に建設されたソーマプラ・マハーヴィハーラ寺院が発見された。約300m四方の広大な敷地の中央に十字形の大祠堂が置かれ、外周壁に沿って177もの僧坊が並んでいた。現在は基壇部分しか残っていないが、その壁面は彫刻が施された約3,000枚の素焼き板で飾られ、当時の生活を知る貴重な史料となっている。また、こうした建築様式がインドネシアやカンボジアの遺跡にも影響を与えたとされる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


バングラディシュの世界遺産「パハールプルの仏教遺跡」についてご紹介します。パハールプルの仏教遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。