クメール王朝の初期の都ハリハラーラヤ

カンボジアにある世界遺産「アンコール遺跡」を今までも紹介していますが、今回は遺跡の中心部ではなく、シェムリアップの南東13kmにあるロリュオス遺跡群を紹介します。ここはクメール王朝の初期の都「ハリハラーラヤ」があった場所です。「ハリハラ」とは、ヒンドゥーの二大神であるヴィシュヌとシヴァが合体した神様のこと。クメール王朝の創始者であるジャヤヴァルマン2世が9世紀に基礎を築き、三代目となるインドラヴァルマン1世がここを王都と定めました。つまりアンコール遺跡群の中でも、最古と言える寺院群がここにあるのです。

遺跡群の中心寺院となる「バコン」

ここには主に3つの寺院遺跡があります。中心となるのがアンコールワットの原型とも言われる国家寺院のバコンで、その北側にプリヤ・コーとロレイという小さな2つの寺院があります。まずはバコンから見ていきましょう。東西800m、南北600mの環濠(お堀)に囲まれた東西南北の門から境内に入れますが、主門は東。参道をまっすぐ進んでいくと、ピラミッド型の基壇に乗っている中央祠堂が見えてきます。寺院は全体的に修復はされていますが、もともとの破損がひどいのか崩れかかっている印象が強いです。基壇にはライオンや象の彫刻が残っています。急な石段を登り、基壇の上に立ってみると、この寺院がぐるりと周壁に囲まれていることがわかるでしょう。

聖牛の名がついた寺院「プリヤ・コー」

このバコンの北にあるのが、プリヤ・コーです。これはハリハラーラヤで最初に建てられた寺院で、低い基壇の上に6つの祠堂が並んでいます。「プリヤ・コー」とは「聖牛」の意味で、その名の由来となった聖牛ナンディンの像があります。ナンディンはシヴァ神の乗り物ですね。この寺院は砂岩ではなくレンガ造りで、表面には白い漆喰が塗られていました。今でも漆喰に刻まれたレリーフ(浮き彫り)が残り、見応えがあります。

貯水池の中の小島にあった寺院「ロレイ」

アンコール地方は雨季と乾季がありますが、クメール王朝では雨季の間に乾季に備えて、貯水池に水を溜めていました。ロレイは、その貯水池の中の小島にあった寺院です。長い年月が経ち水は涸れてしまいましたが、4つのレンガ造りの祠堂が残り、壁面にはレリーフが残っています。

ロリュオス遺跡群への行き方

ロリュオス遺跡群へは、シェムリアップから車で約20分。3つの遺跡を見るのには、合計で所要1時間半ぐらいを見ておけばいいでしょう。他の遺跡と組み合わせて、車やトゥクトゥクをチャーターしてもいけますし、半日の現地発オプショナルツアーもポピュラーなので、利用してみるといいでしょう。