page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2017/10/17

神秘的な雰囲気を放つ人気のアンコール遺跡「ベンメリア」

シェムリアップ観光の代名詞ともなっている、遺跡巡り。世界遺産の「アンコールワット」を筆頭に訪れる人の絶えないアンコール遺跡群の中から、今回は「べンメリア」をご紹介!手つかずのままの部分が多く残され、その神秘的な雰囲気に多くの人が魅了されています。遺跡巡りでメジャーなスポットからは離れたところにありますが、時間をかけて行く価値ありの遺跡です。

カテゴリ:スポット エリア:アジア  カンボジア  シェムリアプ キーワード: 世界遺産 遺跡 観光地 人気

ベンメリア、人気の理由は?

ベンメリア、人気の理由は?

11世紀から12世紀初頭にかけて建立されたベンメリア。シェムリアップ市内から東方面へ40km、車を一時間半ほど走らせたところにあります。参道を抜けると目の前に広がる森の茂みに佇んでいて、独特の世界観を生み出しています。遺跡は崩壊の度合いが激しいものの、それが逆に冒険気分を味わえると人気を呼んでいます。

森の中で生き続ける遺跡

森の中で生き続ける遺跡

文字通り「森と共存している」のが一目でわかるスポットが遺跡内にはいくつもあります。自然の力強さを思い知らされますね。

工夫して空間を切り取って

工夫して空間を切り取って

苔むした壁に木の根がはっているのが目に留まり、シャッターを切りました。圧倒される大きさの遺跡なので写真に収めるのが難しく感じられますが、印象的な場所を切り取って写真に収めるのが楽しい遺跡です。

声をひそめたくなる静けさ

声をひそめたくなる静けさ

遺跡の周りも中もとにかく緑が溢れていて、神秘的な雰囲気を放っています。観光客のいない静かな場所に出ると、思わず声をひそめたくなる厳かな空気が漂っていました。

行き方と所要時間、チケット料金

行き方と所要時間、チケット料金

私は友人とトゥクトゥクをチャーターして、40ドルほどで往復してもらいました。自分でアレンジするのが手間だと感じる方は各旅行会社のツアーで申し込むのが簡単です。パッケージツアーによっては日程にベンメリア行きが組み込まれているのものもありますよ。

チケットは5ドル(2017年9月時点)で、アンコールワットなどその他の遺跡共通パスは使用できないのでご注意を。崩れ落ちた遺跡で岩場のようになっているところが多いので、スニーカーをはいて出かけてくださいね。

写真は道中立ち寄った、おこわを売るお店です。竹筒にほんのり甘い小豆ご飯が詰まっています。遠足気分でこんなローカルな体験もしてみては?

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/10/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索